ニュース

ブルース・スプリングスティーン『闇に吠える街〜』ボックスが、2010年最も最速で売れたボックス・セットに!

ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)   2010/11/30 15:29掲載
はてなブックマークに追加
ブルース・スプリングスティーン『闇に吠える街〜』ボックスが、2010年最も最速で売れたボックス・セットに!
 史上最高峰のパッケージとも言われるブルース・スプリングスティーン『闇に吠える街〜The Promise:The Darkness On The Edge Of Town Story』(CD3枚+DVD3枚)のボックス・セット。本国アメリカでは11月24日にリリースされた本作が、2010年にリリースされたボックス・セットの中で、1週間で最も売れたボックス・セットになったことが発表されました。また6ディスク・セットとしては異例のビルボード・チャート初登場27位を記録! 同時発売の2CD『ザ・プロミス〜The Lost Sessions』も初登場16位に。また、ドイツ、スウェーデン、ノルウェイ、スペインでは1位を獲得! アイルランド、オランダでは4位 、デンマーク、オーストリアでは5位、UKでは初登場7位と、この手の復刻アイテムとしては異例のチャートインとなっています!

 本作『闇に吠える街〜The Promise:The Darkness On The Edge Of Town Story』に収められるのは、名盤『闇に吠える街』のデジタル・リマスター盤、未発表曲集の2CD『ザ・プロミス〜The Lost Sessions』、未発表のスタジオ&ライヴ・フッテージ、そしてメイキングなどを収めた3DVD『THE PROMISE: THE MAKING OF 'DARKNESS ON THE EDGE OF TOWN'』。

 
 『ザ・プロミス〜The Lost Sessions』は、『闇に吠える街』のレコーディング・セッション時に録音された未発表音源集で、ブルース自身は“『明日なき暴走(Born To Run)』と『闇に吠える街』の間にリリースできた&するべきはずだった曲たち”と語っています。ハイライトは名バラードの「Racing in the Street」のロック・ヴァージョン、「Because the Night」のオリジナル・レコーディング・ヴァージョン。ほか21曲の未発表曲が収められます。

 
 DVDのディスク1にはトム・ジムニー監督による90分のドキュメンタリー『The Promise: The Making of 'Darkness on the Edge of Town'』を収録。Eストリート・バンドとの1976年から78年までの未発表映像(自宅でのリハーサル、スタジオ・セッションなど)、そしてブルース本人やバンド・メンバーなどへのインタビューによって、アルバム制作話が語られていきます。

 DVDの残り2枚には4時間におよぶライヴ・コンサートやさまざまなフッテージを収録。“HOUSTON '78 BOOTLEG: HOUSE CUT”として1978年のHouston公演、また2009年に『闇に吠える街』全曲演奏を行なったアズベリー・パークでのライヴの模様が収められ、さらに“THRILL HILL VAULT”として1976から78年にかけてのさまざまなパフォーマンスも収録。

 
 そして、ファンとってたまらないのが、当時のオリジナル・ノート・ブックから複写した、レコーディング資料や歌詞(別バージョンの歌詞)、曲のアイデアやレコーディングの詳細などを書き留めた80ページのノートブック! スプリングスティーンによる新規エッセイや、当時の未発表写真なども多数掲載された、まさに“お宝”といえる仕様になっています。

 日本盤は満を持して12月8日発売! オフィシャル・サイト(http://www.sonymusic.co.jp/BOSS)では、「Save My Love」ビデオ・クリップやトレイラーが視聴できますので、待ちきれない方はさっそく訪れてみましょう!


※12月8日発売
ブルース・スプリングスティーン『闇に吠える街〜The Promise:The Darkness On The Edge Of Town Story』
(SICP-2971〜6 税込14,700円)

[収録曲]
[1]〈REMASTERD`DARKNESS ON THE EDGE OF TOWN'〉
(1)バッドランド
(2)アダムとケイン
(3)サムシング・イン・ザ・ナイト
(4)キャンディーズ・ルーム
(5)レーシング・イン・ザ・ストリート
(6)プロミスト・ランド
(7)ファクトリー
(8)ストリーツ・オブ・ファイヤー
(9)暗闇へ突走れ
(10)闇に吠える街

[2]〈THE PROMISE(DISC1)〉
(1)レーシング・イン・ザ・ストリート('78)
(2)ガッタ・ゲット・ザット・フィーリング
(3)アウトサイド・ルッキング・イン
(4)サムディ(ウィール・ビー・トゥゲザー)
(5)ワン・ウェイ・ストリート
(6)ビコーズ・ザ・ナイト
(7)ロング・サイド・オブ・ザ・ストリート
(8)ザ・ブロークンハーテッド
(9)ランデヴー
(10)キャンディーズ・ボーイ

[3]〈THE PROMISE(DISC2)〉
(1)セイヴ・マイ・ラヴ
(2)エイント・グッド・イナフ・フォー・ユー
(3)ファイア
(4)スパニッシュ・アイズ
(5)イッツ・ア・シェイム
(6)カム・オン(レッツ・ゴー・トゥナイト)
(7)トーク・トゥ・ミー
(8)ザ・リトル・シングス(マイ・ベイビー・ダズ)
(9)ブレイクアウェイ
(10)ザ・プロミス
(11)シティ・オブ・ナイト

[4]〈DVD〉〈THE PROMISE:THE MAKING OF`DARKNESS ON THE EDGE OF TOWN'〉ドキュメンタリー

[5]〈DVD〉〈DARKNESS ON THE EDGE OF TOWN(PARAMOUNT THEATER,ASBURY PARK,NJ,2009)〉
(1)バッドランド
(2)アダムとケイン
(3)サムシング・イン・ザ・ナイト
(4)キャンディーズ・ルーム
(5)レーシング・イン・ザ・ストリート
(6)プロミスト・ランド
(7)ファクトリー
(8)ストリーツ・オブ・ファイヤー
(9)暗闇へ突走れ
(10)闇に吠える街〈THRILL HILL VAULT(1976-1978)〉
(11)セイヴ・マイ・ラヴ
(12)キャンディーズ・ボーイ
(13)サムシング・イン・ザ・ナイト
(14)ドント・ルック・バック
(15)エイント・グッド・イナフ・フォー・ユー
(16)ザ・プロミス
(17)キャンディーズ・ルーム・デモ
(18)バッドランド
(19)プロミスト・ランド
(20)暗闇へ突走れ
(21)明日なき暴走
(22)ロザリータ

[6]〈DVD〉〈HOUSTON'78 BOOTLEG:HOUSE CUT〉
(1)バッドランド
(2)ストリーツ・オブ・ファイア
(3)都会で聖者になるのはたいへんだ
(4)闇に吠える街
(5)夜の精
(6)独立の日
(7)プロミス・ランド
(8)暗闇へ突走れ
(9)レーシング・イン・ザ・ストリート
(10)涙のサンダー・ロード
(11)ジャングルランド
(12)ザ・タイズ・ザット・バインド
(13)サンタが街にやってくる
(14)ザ・フィーヴァー
(15)ファイア
(16)キャンディーズ・ルーム
(17)ビコーズ・ザ・ナイト
(18)ポイント・ブランク
(19)彼女でなけりゃ
(20)裏通り
(21)ロザリータ
(22)明日なき暴走
(23)デトロイト・メドレー
(24)凍てついた十番街
(25)ユー・キャント・シット・ダウン
(26)クォーター・トゥ・スリー
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015