ニュース

クリスチャン・マクブライド、クインテットで出演したヴィレッジ・ヴァンガードでの音源がライヴ・アルバムに

クリスチャン・マクブライド   2021/10/20 13:53掲載
はてなブックマークに追加
クリスチャン・マクブライド、クインテットで出演したヴィレッジ・ヴァンガードでの音源がライヴ・アルバムに
 チック・コリアダイアナ・クラールらとの活動でも知られるベーシストのクリスチャン・マクブライドが、2014年末にみずからのクインテット“Inside Straight”で米ニューヨークの老舗ジャズ・クラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードに出演した際の音源を収録するライヴ・アルバム『ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』を11月末に発表します。

 クリスチャン・マクブライドは2009年から毎年年末にヴィレッジ・ヴァンガードで2週間のレジデント・ギグを開催しており、2014年の年末にクリスチャン・サンズ(p)とユリシス・オーエンス(ds)とのトリオで出演した際の模様を収めるアルバム『Live at the Village Vanguard』は、2016年にグラミー賞を受賞。今回発売されるクインテットの『ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』は、グラミー受賞作と同時期に同じ会場で録音されたものです。

 Inside Straightは、マクブライドが旧友のカール・アレン(ds)、エリック・リード(p)、スティーヴ・ウィルソン(as, ss)に、マクブライドの主宰するジャズ・キャンプで見出した若手のウォーレン・ウルフ(vib)を抜擢して、2007年に結成。2009年にデビュー作『Kind of Brown』、その後ピアニストがピーター・マーティンに替わり、2013年に2ndアルバム『People Music』を発表しました。

 『ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』では2枚のアルバムからの楽曲のほか、オープニングでウォーレン・ウルフのオリジナル「Sweet Bread」を披露しています。

キングインターナショナル
kinginternational.co.jp

mack avenue
mackavenue.com/store/mac1192
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015