ニュース

女性ジャズ・ベーシスト&ヴォーカリスト、エスペランサ、グラミー受賞後初のライヴを東京で開催中!

エスペランサ(JAZZ)   2011/02/18 17:29掲載
はてなブックマークに追加
女性ジャズ・ベーシスト&ヴォーカリスト、エスペランサ、グラミー受賞後初のライヴを東京で開催中!
 2月13日(現地時間)に開催された第53回グラミー賞にて見事“最優秀新人賞”を受賞し、一躍世界中の注目を集めている女性ジャズ・ベーシスト&ヴォーカリストのエスペランサ(Esperanza Spalding)が、グラミー受賞直後に来日。現在、南青山のブルーノート東京で来日公演を開催中(2月16日〜19日)。

 
 エスペランサは、オレゴン州ポートランド出身の26歳。名門バークリー音楽大学を卒業し、現在同大学の最年少講師も務める才媛。その魅力は、小柄でキュートなルックスと大きなアフロ・ヘアで、ウッドベースを弾きながら歌うインパクト抜群のパフォーマンス。オバマ大統領もエスペランサのファンとして知られ、これまで大統領の招きでホワイトハウスで演奏したり、2009年12月にノルウェーのオスロで開催されたノーベル賞授賞式とノーベル平和賞コンサートでもパフォーマンスを行なっています。2010年9月のジャズ・フェスティヴァル<東京ジャズ>出演以来、今回が3度目の来日となる。

 
 グラミー受賞の影響を受け、連日ブルーノート東京は立ち見が出るほどの満員大盛況。昨日の1stショウでは、ヴァイオリンやチェロなどの弦楽器を含む自身のバンドを従えて、最新アルバム『チェンバー・ミュージック・ソサイエティ』から、「リトル・フライ」「善悪の知識」「ウィンター・サン」など9曲を披露。観客からは「グラミー受賞おめでとう!」との声援が上がるなど、大いに盛り上がりました。また、アメリカの有名テレビ局からもカメラ・クルーが取材に来るなど、注目度の高さがうかがえました。今回の来日公演に関してエスペランサは、「名誉あるグラミー受賞の直後に、大好きな日本でライヴができてとても嬉しいです。観客の皆さんが楽しんでくれることを心から期待しています」と語っています。

 
 ブルーノート東京公演は明日19日(土)まで開催。その後はアメリカに戻り、25日(木)の故郷オレゴン州ポートランド公演を皮切りに、短期間のアメリカ・ツアーを行なう予定です。


Photo:GreatTheKabukicho
 
【アルバム情報】
『チェンバー・ミュージック・ソサイエティ』
発売中
(UCCT-1224 税込2,800円)
 
【セットリスト】
2月17日(木) 南青山・ブルーノート東京
 
1st show
01. リトル・フライ
02. 善悪の知識
03. チャカレーラ
04. ワイルド・イズ・ザ・ウィンド
05. アズ・ア・スプロウト
06. 無意味な風景
07. ホワット・ア・フレンド
08. ウィンター・サン
 
エスペランサ(ベース、ヴォーカル)
レオ・ジェノベーゼ(ピアノ)
テリ・リン・キャリントン(ドラムス)
サラ・キャスウェル(ヴァイオリン)
ジョディ・レッドヘイジ(チェロ)
ロイス・マーティン(ヴィオラ)
リーラ・サイル(バック・ヴォーカル)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く
[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章
[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015