ニュース

GAKU-MCが東日本大震災の被災地にメッセージを届ける〈アカリトライブ〉に桜井和寿らが出演

GAKU-MC   2017/04/13 18:48掲載
はてなブックマークに追加
GAKU-MCが東日本大震災の被災地にメッセージを届ける〈アカリトライブ〉に桜井和寿らが出演
 FMラジオ局「J-WAVE」(FM 81.3MHz)が、4月10日に東京国際フォーラム ホールCにて〈J-WAVE アカリトライブ2017 supported by niko and ...〉を開催。“アカリトライブ”は、キャンドルの“灯(あかり)”でライヴを行い、東日本大震災の被災地のために何かできることを考え被災地にメッセージを届けるGAKU-MCが2011年から継続中のプロジェクト。

 今回のホール公演では、プロジェクト発起人のGAKU-MCと共に、桜井和寿Mr.Children)とGAKU-MCのユニット“ウカスカジー”と、シンガー・ソングライターのCaravanが会場を盛り上げました。また、東日本大震災被災地へのプレゼントを目的に、多くの来場者がキャンドルホルダーに“がんばれに変わる言葉”を執筆。メッセージは後日、被災地へ届けられます。

[オフィシャル・レポート]
 
 キャンドルが並べられたステージ上に、最初に登場したのはGAKU-MC。アコースティックギター一本というシンプルな編成で登場すると、軽快なリズムから「自己ベスト」を披露。 続けざまにギターのフレーズが鳴り響く中でリズムソムリエズのメンバーが登場し、バンド編成に様変わり!会場はすべて指定席になりますが、曲中は会場全体が終始立ち上がりっぱなしの状態。手拍子を重ねながら、GAKU-MCの「Say hoo!」の掛け声に合わせて会場全体が「hoo!」と返すと、早くも会場に一体感が生まれていました。最後には「幕の内弁当的な、僕の曲のサビだけをつなげたような……そんな曲がありますので」というMCから「もしもラッパーじゃなかったなら」を演奏。早々とCaravanにバトンを託しました。

拡大表示拡大表示拡大表示

 続くCaravanが登場すると、GAKU-MCはリズムソムリエズの一員となり、全曲にアコースティックギターやラップで参加。世界10カ国、家族との旅行中には、各国の音楽よりもCaravanの曲を一番聴いていたのでは?というほどに思い入れが強いそう。さらに、震災後に日本各地のイベントで顔を合わせるようになったというCaravanとGAKU-MC。そんな縁もあってか今回のライブが実現したそうです。2人のコラボはもちろん、「Trippin’life」でのCaravanのブルースハープのソロプレイや「Soul Music」でGAKU-MCが披露したCaravanの曲タイトルを引用したラップなど、見どころ聞きどころ満載の熱いステージでした!

拡大表示拡大表示拡大表示

 3組目に登場したのは、ウカスカジー。GAKU-MCと桜井和寿(Mr.Children)の豪華なユニットに、登場前から会場の期待感の高まりが伝わってきます。プライベートではサッカーの良きチームメイトでライバルだという2人。この日が、ウカスカジーとしての2017年初ライブということもあり、GAKU-MCも気合いが入っているようです。「我らが日本に誇るロックスター!」というGAKU-MCの掛け声と共に、桜井が登場すると、ウカスカジーのライブがスタート。のっけから「勝利の笑みを 君と」「縁 JOY AMIGO」とたたみかけ、会場のテンションは最高潮の状態に。特に「勝利の笑みを 君と」では、観客1人1人も手を上げジャンプをすると、会場全体でリズムを刻むように大きく躍動していました。会場は終始、「桜井さんー!」「GAKUくんー!」の掛け声が飛び交うなか、全6曲を披露したウカスカジー。桜井が「My Home」を熱唱すると、GAKU-MCはウクレレを披露するなど、会場全体が一体となる大盛り上がりのライブとなりました。

拡大表示拡大表示拡大表示

 最後には再び、GAKU-MCがリズムソムリエズとともに、ソロ曲を演奏しました。ウカスカジーのステージの熱も冷めやらぬまま、「アカリトライブのきっかけとなった曲」と紹介したのは「take it slow」。曲中、「ストップ!」の歌詞に合わせて、ステージが暗転。暗闇の中でキャンドルが煌々と光を灯します。「take it slow」演奏前のMCでは、「それぞれの役目があって、それぞれできることで動く、それが仲間ってもんじゃないのかな」と語ったGAKU-MC。「アカリトライブ」を通して、同じ想いを持って集まった人々はすでに仲間。その人々を笑顔にしていきたいとGAKU-MCは言います。

 暗かったステージは徐々に明るくなり、サビに合わせて、ゆったりと横に揺れる会場は、暖かな雰囲気に包まれていました。続けて、「ついてない1日の終わりに」「LIFE IS A JOURNEY」を披露。さらにアンコールでは、出演メンバー全員で「アカリトライブ」のテーマソング「希望のアカリ」を熱唱。大盛況のなか幕を閉じました!


拡大表示拡大表示拡大表示


J-WAVE アカリトライブ 2017 supported by niko and ...
2017年4月10日(月)
東京国際フォーラム ホールC
出演: GAKU-MC、ウカスカジー、Caravan
主催: J-WAVE
企画・制作: アカリトライブ実行委員会
協賛: niko and ...
協力: MIFA / DISK GARAGE
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015