ニュース

メキシコのネオクラスト・バンド、ハバク初の国内流通盤が「3LA」からリリース

Habak   2024/02/22 22:33掲載
はてなブックマークに追加
メキシコのネオクラスト・バンド、ハバク初の国内流通盤が「3LA」からリリース
 メキシコ国内外で多くの支持を獲得しているネオクラスト・バンド、ハバク(Habak)が2020年にドイツの名門「Alerta Antifascista Records」より発表したフル・レングス『Ningún Muro Consiguió Jamás Contener la Primavera』が、日本のレーベル「3LA -LongLegsLongArms-」より3月22日(水)に初の国内流通盤としてリリースされます。

 犯罪率の高い都市としても悪名高きメキシコ・ティフアナにて結成されたハバクは、スパニッシュ・エモクラストの文脈を継ぎ足す現在進行形バンドの中でも最も注目すべき存在。2000年代に深い痕跡を残したスペインのEkkaia、Madame Germen、Das Plagueといったバンド達に代表されるエモーショナルな演奏と寂寥感のあるメロディ、キラーリフを踏襲し、長尺の楽曲の中でもドラマティックかつ緊張感を保つ表現力の高さは、2014年に「3LA」から再発プロジェクトが組まれ『Complete Discography』が発表されたスパニッシュ・ネオクラストの代表格・Ictusにも通じる魅力も。なお、「3LA -LongLegsLongArms-」ホームページに掲載されている特集「ネオクラストとは何だったのか」をあわせて読むと、Habakの音楽的背景がより伝わります。

 先人達の意志を受け継ぎながらも、ハバクの表現の核にあるのは現代に生きる彼らが直面する悲しみ、絶望感、怒り。しかし渦巻く感情はネガティヴに絡みとられることなく芸術として昇華され、クラシカルな美しさとハードコアパンクの激しさが混じり合い音に体現されています。緩やかなパートも多く、エモ / スクリーモにも共鳴する部分もありますが、それは音だけではなく、内省的な世界観、歌詞、そしてAlex CFによるアートワークにも表現されており、花や虫、有機的な生態系システムを人間が作り出す資本主義的システムと対に置かれている点にも深い見解を感じさせます。深層にある表現には今の日本に住む我々としても無関係ではいられない問題意識があり、彼らの作品が国内盤としてリリースされる意義ともいえるでしょう。

 バンドは2010年代中盤から活動を続けており、2020年代に入ってからはメキシコ国外にもその名が知られる存在となっているものの日本国内で流通するのは今回の作品が初。日本語対訳付となります。








■2024年3月22日(金)発売
Habak
『Ningún Muro Consiguió Jamás Contener la Primavera』

CD 3LA-067 1,980円
longlegslongarms.jp/music/products/detail.php?product_id=2926

[tracklist]
1. La no violencia es un privilegio / 非暴力は特権
2. No crecen flores aquí solo podagrarias / イワミツバのほかに、ここに花は咲かない
3. No aceptaremos con pasividad el exterminio al que nos han condenado / 私たちに宣告された絶滅を、進んで受け入れはしないだろう
4. Interludio I. En la búsqueda de mis nostalgias / 間奏I. ノスタルジーを求めて
5. Encierro a cielo abierto / 開かれた空への幽閉
6. Hasta que vivir valga la pena / 生きることに価値があるまで
7. Interludio II. Manifiesto contra la productividad / 間奏 II. 生産性への声明
8. En defensa del ocio creativo / 創造的な余暇を守るために
9. Ningún muro consiguió jamás contener la primavera / どんな壁も春を閉じこめることはできなかった
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
[インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー![インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム
[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015