ニュース

かまやつひろし、ソロ・アルバム『ムッシュー〜かまやつひろしの世界』を再発

かまやつひろし   2016/08/03 13:38掲載
はてなブックマークに追加
 今年4月には、KenKen山岸竜之介と結成した“踊れる”スピード・ファンク・バンド、LIFE IS GROOVEとしてアルバム『コンディション・ファンク』を発表するなど、常に刺激的な創作活動を披露している、かまやつひろし。1970年に発表したソロ・アルバム『ムッシュー〜かまやつひろしの世界』の再発盤が8月24日(水)にリリースされます。今回の再発に当たり全曲をデジタル・リマスタリングし、前回のCD化の際には含まれなかった萩原健一が作詞を手がけた「豚ごろしの歌」ほか、ボーナストラックとしてシングル「どうにかなるさ」(1970年)の2曲も収録。

 サイケやボサノヴァといった音を彷彿させる、制作当時の東京が持っていた空気感をたっぷりと焚きこんだ本作は、ザ・スパイダースの楽曲や提供曲などのリメイクを中心に収録。かまやつが作・編曲から演奏までを手がけ、多重録音を駆使して作り上げたワンマン・レコーディング・アルバム。ゲスト・ヴォーカルとして、彼の実父でジャズ・シンガーのティーブ釜萢や田辺昭知、なかにし礼安井かずみ、福沢エミらを迎え、実息のかまやつ太郎も“泣き声”で参加しています。

■2016年8月24日(水)発売
かまやつひろし
『ムッシュー〜かまやつひろしの世界』

CDSOL-1747 2,500円 + 税

[収録曲]
01. ペイパー・アシュトレー
02. 雨上がりと僕
03. 七階の窓
04. ノー・ノー・ボーイ
05. ソーロング・サチオ
06. 僕のハートはダン!ダン!
07. 二十才の頃
08. 長い道
09. ムッシュー&タロー
10. ロンリー・マン
11. 豚ごろしの歌
12. ミスター・タックス
〈BONUS TRACKS〉
13. どうにかなるさ
14. つめたい部屋のブルース

※ゲスト・ヴォーカル: 田辺昭知 / なかにし礼 / 安井かずみ / 福沢エミ / ディープ釜萢 / かまやつ太郎(泣声)
※作詞: なかにし礼 / 安井かずみ / 石坂浩二 / 加橋かつみ / 福沢エミ
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015