ニュース

かまやつひろし、ソロ・アルバム『ムッシュー〜かまやつひろしの世界』を再発

かまやつひろし   2016/08/03 13:38掲載
はてなブックマークに追加
 今年4月には、KenKen山岸竜之介と結成した“踊れる”スピード・ファンク・バンド、LIFE IS GROOVEとしてアルバム『コンディション・ファンク』を発表するなど、常に刺激的な創作活動を披露している、かまやつひろし。1970年に発表したソロ・アルバム『ムッシュー〜かまやつひろしの世界』の再発盤が8月24日(水)にリリースされます。今回の再発に当たり全曲をデジタル・リマスタリングし、前回のCD化の際には含まれなかった萩原健一が作詞を手がけた「豚ごろしの歌」ほか、ボーナストラックとしてシングル「どうにかなるさ」(1970年)の2曲も収録。

 サイケやボサノヴァといった音を彷彿させる、制作当時の東京が持っていた空気感をたっぷりと焚きこんだ本作は、ザ・スパイダースの楽曲や提供曲などのリメイクを中心に収録。かまやつが作・編曲から演奏までを手がけ、多重録音を駆使して作り上げたワンマン・レコーディング・アルバム。ゲスト・ヴォーカルとして、彼の実父でジャズ・シンガーのティーブ釜萢や田辺昭知、なかにし礼安井かずみ、福沢エミらを迎え、実息のかまやつ太郎も“泣き声”で参加しています。

■2016年8月24日(水)発売
かまやつひろし
『ムッシュー〜かまやつひろしの世界』

CDSOL-1747 2,500円 + 税

[収録曲]
01. ペイパー・アシュトレー
02. 雨上がりと僕
03. 七階の窓
04. ノー・ノー・ボーイ
05. ソーロング・サチオ
06. 僕のハートはダン!ダン!
07. 二十才の頃
08. 長い道
09. ムッシュー&タロー
10. ロンリー・マン
11. 豚ごろしの歌
12. ミスター・タックス
〈BONUS TRACKS〉
13. どうにかなるさ
14. つめたい部屋のブルース

※ゲスト・ヴォーカル: 田辺昭知 / なかにし礼 / 安井かずみ / 福沢エミ / ディープ釜萢 / かまやつ太郎(泣声)
※作詞: なかにし礼 / 安井かずみ / 石坂浩二 / 加橋かつみ / 福沢エミ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015