ニュース

かまやつひろし、ソロ・アルバム『ムッシュー〜かまやつひろしの世界』を再発

かまやつひろし   2016/08/03 13:38掲載
はてなブックマークに追加
 今年4月には、KenKen山岸竜之介と結成した“踊れる”スピード・ファンク・バンド、LIFE IS GROOVEとしてアルバム『コンディション・ファンク』を発表するなど、常に刺激的な創作活動を披露している、かまやつひろし。1970年に発表したソロ・アルバム『ムッシュー〜かまやつひろしの世界』の再発盤が8月24日(水)にリリースされます。今回の再発に当たり全曲をデジタル・リマスタリングし、前回のCD化の際には含まれなかった萩原健一が作詞を手がけた「豚ごろしの歌」ほか、ボーナストラックとしてシングル「どうにかなるさ」(1970年)の2曲も収録。

 サイケやボサノヴァといった音を彷彿させる、制作当時の東京が持っていた空気感をたっぷりと焚きこんだ本作は、ザ・スパイダースの楽曲や提供曲などのリメイクを中心に収録。かまやつが作・編曲から演奏までを手がけ、多重録音を駆使して作り上げたワンマン・レコーディング・アルバム。ゲスト・ヴォーカルとして、彼の実父でジャズ・シンガーのティーブ釜萢や田辺昭知、なかにし礼安井かずみ、福沢エミらを迎え、実息のかまやつ太郎も“泣き声”で参加しています。

■2016年8月24日(水)発売
かまやつひろし
『ムッシュー〜かまやつひろしの世界』

CDSOL-1747 2,500円 + 税

[収録曲]
01. ペイパー・アシュトレー
02. 雨上がりと僕
03. 七階の窓
04. ノー・ノー・ボーイ
05. ソーロング・サチオ
06. 僕のハートはダン!ダン!
07. 二十才の頃
08. 長い道
09. ムッシュー&タロー
10. ロンリー・マン
11. 豚ごろしの歌
12. ミスター・タックス
〈BONUS TRACKS〉
13. どうにかなるさ
14. つめたい部屋のブルース

※ゲスト・ヴォーカル: 田辺昭知 / なかにし礼 / 安井かずみ / 福沢エミ / ディープ釜萢 / かまやつ太郎(泣声)
※作詞: なかにし礼 / 安井かずみ / 石坂浩二 / 加橋かつみ / 福沢エミ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
[インタビュー] 魚返明未&井上 銘、ピアニストとギタリスト、同い年で旧知の二人による和らぎのデュオ・アルバム[特集] ウエスト・サイド・ストーリー OST 名作ミュージカルをスピルバーグ監督が新たに映画化永遠の輝きを放つその音楽の魅力
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015