ニュース

最期までこぶし魂! こぶしファクトリーのラスト・ライヴ「こぶしは永久に不滅です!」

こぶしファクトリー   2020/03/31 20:09掲載
はてなブックマークに追加
最期までこぶし魂! こぶしファクトリーのラスト・ライヴ「こぶしは永久に不滅です!」
 ハロー!プロジェクトに所属する5人組グループ、こぶしファクトリーが3月30日(月)に解散ライヴを開催、5年4ヵ月にわたるグループ活動を終えました。

 東京・TOKYO DOME CITY HALLで開催予定だった本公演、残念ながら新型コロナウイルスの影響で無観客ライヴとして行なわれました。

 辛夷の花のように“優美さ”と“力強さ”を兼ね備えた、Berryz工房のスピリットを受け継ぐグループとして発足、紆余曲折さまざまな波を乗り越え、ハロプロの実力派として高い評価を得ていたこぶしファクトリーですが、メンバーそれぞれが新たな道に進みたいという理由などから解散を決めました。

 1曲目「Yes!We are family〜こぶしver.〜」からアンコール・ラストの「シャララ!やれるはずさ」までメドレーを含めて全34曲。彼女たちらしいパワフルで華麗なパフォーマンスで最期まで楽しませてくれました。

[オフィシャル・レポート]
 こぶしファクトリーが3月30日(月)にラスト・ライヴ〈こぶしファクトリー ライブ2020〜The Final Ring!〜〉を開催し、この公演をもって約5年4ヵ月にわたるグループ活動を終了した。

 本公演は当初から東京・TOKYO DOME CITY HALLにて予定されていたが新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、無観客での実施に。ライヴの模様はCS テレ朝チャンネル1で生中継されたほか、全国でのライヴビューイングも実施され、映像を通して全国のファンに見守られる形でのライヴとなった。

 こぶしファクトリーは辛夷(こぶし)の花がグループ名の元になっているが、歌い回しの“コブシ”にも力を入れた、重低音ビートから衝き上げていく歌唱パフォーマンスにおいても抜きん出た底力を持っている。オープニングでは紗幕の向こうからロック・アンセム「Yes!We are family〜こぶしver.〜」で力強く拳を突き上げ、「念には念(念入りVer.)」で会場の熱を上げたあと現体制初のシングル曲「これからだ!」でステージを煌めかせた。広瀬彩海が観客へ向け「もっと〜!」と煽りを届ける。ピアノも交えたジャジーなメロディに、パワフルな歌唱力で聴かせる「Come with me」、スピーディなEDMに切ない感情をのせた「好きかもしれない」と披露した後には、MCでリーダーの広瀬彩海が「無観客ライヴになってしまったことがすごく残念ですし、皆さんに会いたい気持ちでいっぱいなんですが、全国にこぶし魂を見せつけてやりたいと思います! 皆さん一緒に伝説を作りましょう」と呼びかけた。浜浦彩乃は会場の第一印象を「“日本武道館じゃん”と思った」と語り「自分の脳内でみんなを映し出さないと」と心構えをコメント。周りも「満員以上の人がきてくれたよー!」と声をあげて盛り上げていく。

 MC開けには、最初で最後の挑戦となるア・カペラ・メドレーを披露。井上玲音のヴォイスパーカッションにあわせ他4人がヴォーカルとコーラスを重ね合わせるメドレーはノンストップで7分近くに及んだ。ア・カペラの高度さに緊張感が漂うが、5人はそれさえも楽しんでいるような表情だ。さらに「開き直っちゃえ!」では画面の向こうの視聴者へ向けクラップし、手をふって一体感を生み出した。また、中盤ではハッシュタグ“#こぶし330”“#こぶし伝説”を用いてSNSからの視聴者コメントを拾いながらトークする場面も。ライヴ中にはハッシュタグがTwitter トレンド1位を達成し、メンバーもファンからの反応コメントに全員はしゃいだ喜びの声をあげていた。続く「Oh No 懊悩」でもお茶の間やライヴビューイング会場を巻き込んだ“Oh Noジャンピング”に気合をこめる。「青春の花」では思い出の映像をバックに、5人が歩んできた道のりを春の歌にのせてしっかりと届ける。感動的なVTRから流れるように5人がラーメン屋へと入っていく映像で突入したのはデビュー・シングル曲「ラーメン大好き小泉さんの歌」。ライヴ後半戦は持ち曲の中でもコミカルな楽曲を詰め込んだメドレーを披露し、「ドスコイ!ケンキョにダイタン」からファンへエールを送る7曲を一気に駆け抜けた。パワフルな「押忍!こぶし魂」、コールアンドレスポンスの熱さが売りながら、この日ばかりは各メンバーからのコールに胸が熱くなる「懸命ブルース」、マイクスタンドを用いての「明日テンキになあれ」、野村みな美が「ラストスパートです。燃え尽きますよー!」と煽りを入れての「亀になれ!」、いぶし銀の活躍でひたむきに歌い続けてきた彼女たちだからこそ、その鍛え上げられたパフォーマンスから繰り出されるパワーには説得力がある。本編ラストにはラスト・シングル曲「スタートライン」が華を添えた。

 アンコールではメンバー5人が白いドレスに身を包んでステージへと登場。ライヴ・タオルを掲げながら「明日の私は今日より綺麗」を歌い上げ、一人ひとりが感謝のメッセージを残した。ハロー!プロジェクトに残ることを決めた井上玲音は「こぶしをいつ再結成してもいいように私が居場所を作りたいと思ってます。今日が新たなスタートラインなんで、まだまだ私の成長は止まらないよって宣言します。これからも5人をよろしくお願いします」とコメント。芸能界を引退する和田桜子は「皆にとっても感謝しています。グループとしては雨降って地固まれて、(磨いた泥団子のように)ピカピカ感を出せました。これからは“一般人(こぶしファクトリー)”として生きていきます。ありがとうございました」と伝えた。これから女優・モデルとしてソロで活動していく浜浦彩乃は「こぶしのライヴが一番好きでした。本当に楽しくて、ライヴに対しての思いが一つなんです。こぶし組の皆さんの思いが伝わってたからかな。これから、いろんなことに挑戦して新たな自分の可能性をつなげていきたいと思います」。海外留学を決めた野村みな美は、手紙を読み上げた。「開演前に強気な言葉を言い聞かせるこぶしが好きでした。私は一人でもやるぞ!という人間ですが、みんながそう言ってくれることで無敵になった気がしました。これまでマイペースすぎる私を支えてくださった皆さん、ありがとうございました」。そして事務所を離れ、しばらくフリーになることを決めているリーダーの広瀬彩海はマイクを握って泣きながらも感謝の想いを伝えた。「寂しくて寂しくて仕方ないです。でも、いつか皆に会えるように頑張らなきゃいけないと思っています。これからは前を向いて、こぶしファクトリーらしく歩いていきます。5年間本当に幸せでした。幸せな時間をどうもありがとうございました」。

 これまでの想いを歌にのせて届けてきたこぶしファクトリーが、グループにとって象徴的なナンバーである「辛夷の花」を歌い上げる。最後は全員で円陣を組み、こぶしファクトリーらしく“笑って、歌って、踊って、跳んで、元気になれる”前向きなナンバー「シャララ!やれるはずさ」で幕引き。メドレー含む全34曲を完走し、5人は高らかに「こぶしは永久に不滅です!」と声をあげステージを降りた。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


2020年3月30日(月)〈こぶしファクトリー ライブ2020〜The Final Ring!〜〉
セットリスト
01. Yes!We are family〜こぶし ver.〜
02. 念には念(念入り Ver.)
03. これからだ!
04. Come with me
05. 好きかもしれない
06. アカペラメドレー
・LOVE マシーン(アカペラ Ver.)
・チョット愚直に!猪突猛進(アカペラ Ver.)
・念には念(アカペラ Ver.)
・GO TO THE TOP!!(アカペラ Ver.)
・サンバ!こぶしジャネイロ 2019(アカペラ Ver.)
・桜ナイトフィーバー(アカペラ Ver.)
07. 開き直っちゃえ!
08. 消せやしないキモチ
09. Oh No 懊悩
10. アンラッキーの事情
11. ハルウララ
12. 青春の花
13. ラーメン大好き小泉さんの唄
14. メドレーブロック
・バッチ来い青春!
・エエジャナイカ ニンジャナイカ
・サバイバー
・オラはにんきもの
・ピッチピチトモダッチ
・闇に抜け駆け
15. ドスコイ!ケンキョにダイタン
16. 押忍!こぶし魂
17. 懸命ブルース
18. TEKI
19. 明日テンキになあれ
20. 亀になれ!
21. スタートライン
EN1. 明日の私は今日より綺麗
EN2. 辛夷の花
EN3. シャララ!やれるはずさ
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015