ニュース

モーニング娘。’23、秋のコンサート・ツアー特別公演を横浜アリーナで開催 安倍なつみ・道重さゆみらOGも登場

モーニング娘。   2023/11/29掲載(Last Update:23/11/30 23:30)
はてなブックマークに追加
モーニング娘。’23、秋のコンサート・ツアー特別公演を横浜アリーナで開催 安倍なつみ・道重さゆみらOGも登場
 モーニング娘。’23が、11月28日に神奈川・横浜アリーナで単独公演〈モーニング娘。'23 コンサートツアー秋「Neverending Shine Show」SPECIAL〉を開催しました。

 9月の神奈川公演を皮切りに、全国13都市27公演を経て迎えた2日間にわたる特別公演の初日は、OGの安倍なつみ道重さゆみ、海外留学から帰国した森戸知沙希ら、10人のメンバーもパフォーマンス。約1万2,000人を動員し、翌29日(水)の公演でグループ及びハロー!プロジェクトを卒業するリーダーの譜久村聖がメンバーとともに歌い上げたダブルアンコール曲「HEY!未来」を含む、32曲を披露しました。

[ライヴ・レポート]
 現役メンバー14人がステージに登場し、「Wake-up Call〜目覚めるとき〜」「HEAVY GATE」に続くメンバー紹介VTRでは、1人ずつスポットライトを浴びたメンバーがソロダンスを披露。5曲続けてのパフォーマンス中、「気まぐれプリンセス(23 Ver.)」では大歓声が轟き、「恋愛Destiny〜本音を論じたい〜」では、客席間の通路を練り歩きファンとの距離を縮めた。

 MCでは、14人全員で声を揃えて挨拶。横浜アリーナ、台湾と香港を含む映画館で行われたライブビューイング会場で見守るファンに、愛嬌をふりまいた。

 ステージ中盤は、OGをまじえてのパフォーマンスを展開した。トップバッターの安倍がステージに立ったのは、約5年8ヶ月ぶり。現役メンバーの北川莉央、岡村ほまれ、山崎愛生(崎は正式には「たつさき」)、櫻井梨央の4人をバックダンサーに従えて披露した自身のソロ曲「トウモロコシと空と風」では、安倍の愛称「なっち」コールが響き、保田圭、矢口真里、石川梨華、辻󠄀希美、高橋愛、道重、田中れいなの7人は「シャボン玉」で力強く躍動した。

 MCで、譜久村にステージの感想を聞かれた安倍は、横浜アリーナが「25年前にグループのデビューシングル『モーニングコーヒー』の握手会イベントを開催した場所」と話し、手売りでCDを完売したために満員かと思いきや「半分ぐらい埋まってるか埋まってないか」程度しか観客が集まらず、当時のマネージャーに「厳しいお言葉をいただき、私たちも悔しくて悔しくて、いっぱい泣いた」と明かした。

 当時は、メンバー同士で「いつか、横浜アリーナの会場をいっぱいにできるぐらいのアーティストになろうねって誓い合った」と回想。「25年経った今、こんなたくさんのファンのみなさんに、モーニング娘。がいまだに愛してもらえるアーティストになっていることに、すごく胸が熱くなる」と感謝した。

 パフォーマンスへ戻り、OGと現役メンバーが力を合わせて、モーニング娘。さくら組の「晴れ 雨 のち スキ ♡」、モーニング娘。おとめ組の「愛の園〜Touch My Heart!〜」、「そうだ!We're ALIVE」を3曲続けて披露した。

 メンバーが感想を伝え、佐藤優樹と森戸は現役メンバーと共に「青春Night」「Teenage Solution」で躍動。道重と譜久村の2人による「好きだな君が」では歴代リーダー同士のコンビネーションを見せ、現役メンバーと高橋、田中ら5人のOGによる「彼と一緒にお店がしたい!」では、メンバーが客席を温かく見つめた。

 MCでは、帰国したばかりの森戸を譜久村が「ちぃ、おかえりなさ〜い!」とねぎらい、ステージの感想を聞かれた森戸は、留学の成果を生かして「So exciting!」と英語で一言。OGと現役メンバーによるパフォーマンスのラスト「LOVEマシーン」では、参加メンバー総勢24人で客席間の通路を練り歩き、曲に合わせて揺れ動くファンとの一体感を高めた。

 現役メンバーがOGを明るく見送り、本編は後半戦へ。「未来の太陽」「Say Yeah!-もっとミラクルナイト-」、「Happy大作戦」などの7曲を続けて披露し、多彩な表情でファンを魅了した。

 MCではメンバーが感想を伝え、5月に新加入した17期メンバーの1人である弓桁朱琴は今回のツアーを振り返り「目に見える成長もあった」と吐露。30日からの新サブリーダー就任を発表している小田さくらは、歓迎するファンに向けて「一緒に頑張っていけたらと思います」と意気込み、譜久村は「みなさんと楽しい空間を作れてすごくうれしかったですし、ここを『ホーム』と言えるような、ハロー!プロジェクトとモーニング娘。でありたい」とメッセージを伝えた。

 本編も残りわずかとなり「すっごいFEVER!」や「わがまま 気のまま 愛のジョーク(23 Ver.) 」、「I surrender 愛されど愛」に続く本編ラスト「涙ッチ」の終盤では、メンバーが客席にマイクを向け、会場にファンの歌声が響いた。

 熱意ある声援を受けたアンコールでは、「Neverending Shine」「Help me!!(updated)」を続けて披露。譜久村が「最後はこの曲で盛り上がっていきましょう!」と威勢よく叫びスタートした「まじですかスカ!」で、パワフルに躍動した。

 アンコール終了後にはなおも場内に歓声が響き、ダブルアンコールへ。翌日にグループ卒業を控える譜久村が、メンバーカラー“ホットピンク”を連想させる可憐なドレス姿で登場し、卒業前夜を「締めくくるのにふさわしい」として自身で選曲した「HEY!未来」を披露。曲中ではメンバーと目を合わせ、肩を寄せ合った。

 自身のラストステージを控える中、思いを歌に込めた譜久村はメンバーと共にファンに感謝。微笑みながら、ステージをあとにした。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


〈モーニング娘。'23 コンサートツアー秋「Neverending Shine Show」SPECIAL〉
2023年11月28日(火)
神奈川 横浜アリーナ

[セットリスト]
01. Wake-up Call〜目覚めるとき〜
02. HEAVY GATE
03. セクシーキャットの演説
04. 気まぐれプリンセス(23 Ver.)
05. What is LOVE?(23 Ver.)
06. 恋愛Destiny〜本音を論じたい〜
07. 今すぐ飛び込む勇気
08. トウモロコシと空と風 / 安倍
09. シャボン玉 / 保田、矢口、石川・辻󠄀・高橋・道重・田中
10. 晴れ 雨 のち スキ ♡(モーニング娘。さくら組) / 安倍・保田・矢口・高橋+譜久村・羽賀
11. 愛の園〜Touch My Heart!〜(モーニング娘。おとめ組) / 石川・辻󠄀・道重・田中+牧野・横山
12. そうだ!We're ALIVE / 安倍・保田・矢口・石川・辻󠄀・高橋・道重・田中+生田・石田・小田・野中
13. 青春Night / 佐藤・森戸+譜久村・生田・石田・小田・野中・牧野・羽賀・横山
14. Teenage Solution / 佐藤・森戸+譜久村・生田・石田・小田・野中・牧野・羽賀・横山・北川・岡村・山・櫻井
15. 好きだな君が / 道重+譜久村
16. 彼と一緒にお店がしたい! / 高橋・道重・田中・佐藤・森戸+モーニング娘。’23
17. LOVEマシーン / 安倍・保田・矢口・石川・辻・高橋・道重・田中・佐藤・森戸+モーニング娘。’23
18. 未来の太陽
19. ワクテカ Take a chance(updated)
20. Say Yeah!-もっとミラクルナイト-
21. What's Up? 愛はどうなのよ〜
22. いきまっしょい!
23. OK YEAH!
24. Happy大作戦
25. すっごいFEVER!
26. わがまま 気のまま 愛のジョーク(23 Ver.)
27. I surrender 愛されど愛
28. 涙ッチ
29. Neverending Shine(モーニング娘。’23 feat. 譜久村聖)
30. Help me!!(updated)
31. まじですかスカ!
32. HEY!未来 / 譜久村
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
[インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー![インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム
[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015