ニュース

ニューオーダー最新作、日本先行発売決定

ニュー・オーダー   2005/01/11掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 以前にお伝えした、ニューオーダーのニュー・アルバム『Waiting For The Sirens Call』がいよいよ日本でも発売決定! ステファン・ストリートやトーレ・ヨハンソンらをプロデューサーに迎えたアルバムは復活作『ゲット・レディー』以来、約4年ぶりとなる新作。日本盤(WPCR-12017 \2,520(税込))は先行発売となる3月24日を予定しており、日本盤のみボーナス・トラックが追加収録される予定です。

 なお、以前にお伝えしたように、本作からギリアン・ギルバートに代わり、Phil Cunninghamが正式メンバーとしてバンドに加わった模様。Phil Cunninghamはブリットポップ全盛期に現れたパンク〜ニューウェイヴからの影響濃いマンチェスター出身のバンド、マリオンの元ギタリストで、バーナード・サムナーとジョニー・マー(元ザ・スミス)によるユニット、エレクトロニックの3rdアルバム『トゥイステッド・テンダネス』に参加したことが縁で、復活後のニューオーダーをサポートしてきた人物です。
続報
ニューオーダー最新作のジャケットと先行シングル詳細
1:お馴染みのピーター・サヴィルが手掛けたニュー・アルバム『ウェイティンング・フォー・ザ・サイレンズ・コール』のアルバム・ジャケットが判明しました(写真)。意外なデザインですね。
2:先行シングル「Krafty」の収録予定曲が判明しました。2タイプのシングルが発売される予定です。発売は3月7日(UK)の予定。

●タイプA
(01) Krafty - Glimmers 12" Extended Mix
(02) Krafty - Phones Reality Mix
(03) Krafty - Andy Green Mix
(04) Krafty - Album Version Re-Edit.
*Krafty - Video

●タイプB
(01) Krafty (Single Edit)
(02) Krafty (Album Version)
[ 2005/02/17掲載 ]
ニューオーダー最新作、試聴&プロデューサー
1:日本での所属レコード会社“ワーナー・ミュージック・ジャパン”内のニューオーダー・ページにて、先行シングル「Krafty」の試聴がついに始まりました! 期間限定らしいので、気になる方はお早めに!
2:各曲のプロデューサーは下記のとおり

・(01)(03)(05) produced by New Order
・(02)(06)(10)(11) produced by Stephen Street
・(04)(07) produced by John Leckie
・(08)(09) produced by Stuart Price
[ 2005/01/24掲載 ]
ニューオーダー最新作、収録曲判明
収録予定曲が判明しました。
(01) Lordsy
(02) Road To Ruin
(03) Waiting For The Sirens' Call
(04) Krafty
(05) I Told You So
(06) Pop 1
(07) Minidisk 2
(08) Jet
(09) Fast Synth
(10) Turn
(11) Working Overtime
[ 2005/01/20掲載 ]
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015