ニュース

西山 瞳のヘヴィメタル・カヴァー・プロジェクトNHORHMが3部作完結編を発表 デーモン閣下よりコメントも

NHORHM   2018/08/16 12:24掲載
はてなブックマークに追加
西山 瞳のヘヴィメタル・カヴァー・プロジェクトNHORHMが3部作完結編を発表 デーモン閣下よりコメントも
 ジャズ・ピアニストの西山 瞳が影響を受けたヘヴィメタルを、織原良次(fletless-b)、橋本 学(dr)と組むトリオでカヴァーするプロジェクト“NHORHM”が、『New Heritage Of Real Heavy Metal』(2015年)、『New Heritage OfReal Heavy Metal II』(2016年)に続いて3部作完結編となる3rdアルバム『NHORHMIII』を10月17日(水)にリリース。

 2015年に始動したNHORHM。作品発表後には、高崎 晃LOUDNESS)、マーティ・フリードマン大村孝佳C4 / dCprG)、キコ・ルーレイロANGRA / メガデス)といったギター・ヒーローから賛辞を受け、メタル復権を掲げる音楽誌「ヘドバン」vol.8号では10ページに亘るロング・インタビューが掲載されるなどメタル・シーンでも大きな反響を呼びました。近年、西山は音楽サイト「Mikiki」でメタルについての連載を持つなど、メタル・ファンの間でも広く認知される存在となっています。

 前作よりおよそ2年ぶりにリリースされる第3弾は、メタリカアンスラックススリップノットなど、これまで取り上げていなかったバンドをカヴァー。ゲスト・ミュージシャンには、EXILE ATSUSHIスガシカオのコーラス、映画やCMソングなど幅広い活動を行なうシンガーのマヤ・ハッチが参加し、ディオの名曲「Holy Diver」を歌っています。もう一人のゲストには、ガールズ・メタルバンドMARY'S BLOODからギタリストのSAKIが参加。西山のオリジナル楽曲「Top of the Babylon」でラウドかつテクニカルなギター・プレイを披露しています。

 アルバム最後は聖飢魔IIの名曲「EL.DORADO」をカヴァーし、3部作有終の美を飾っています。本作についてデーモン閣下は「ブヒャヒャヒャヒャ〜、デーモンである。聖飢魔IIの代表作〈EL.DORADO〉が瞳嬢の瞳や耳、四肢を通してJAZZ化されたぞ! 何だかエッライ嬉しいんだな。同業異種の人から己の作品が評価されている感じが。そしてエッライ洒落ているんだな、その音が。早くももうヘヴィローテーションだ。酒と氷を手許で揺るがしながら、夜通し聴いていたい感じだ」とコメント。さらに「1曲だけではなくあと数曲カヴァーしてくれないかな〜、我らが作品。なに、3部作の完結編じゃと!? じゃあ“あと数曲”はないじゃん!! だった…ら〜、正式な録音発表作品ではなく〜、あと数曲プライベ―トで〜、我らの曲をカヴァーしてほしいな〜〜。何かおごるから。曲の数に比例して何回かおごるから。ぜひ前向きにご検討をされたし〜〜。グッハハ、ハハハハ〜!」とシリーズ完結に名残を惜しむ姿勢を見せています。

■2018年10月17日(水)発売
NHORHM
『NHORHMIII』

APLS-1812 2,500円 + 税

[収録曲]( )内はオリジナルアーティスト
01. Madhouse(Anthrax)
02. What Do You Do For Money Honey(AC/DC)
03. Duality(Slipknot)
04. Holy Diver(Dio)
05. Welcome Home (Sanitarium) (Metallica)
06. Sarah(Thin Lizzy)
07. The Sails Of Charon(Scorpions)
08. Rock You To The Ground(Michael Schenker Group)
09. Top of the Babylon(西山 瞳)
10. EL.DORADO(聖飢魔II)


NHORHM LIVE SCHEDULE

2018年10月16日(火)
神奈川 横浜 Dolphy

2018年11月27日(火)
東京 新宿 Pit inn

2018年11月29日(木)
愛知 名古屋 Star Eyes

2018年11月30日(金)
大阪 梅田 Mr.Kelly's

2018年12月1日(土)
大阪 枚方 メセナ枚方会館多目的ホール
〈HIRAKATA LOVE JAZZ 2018〉

2018年12月2日(日)
岡山 サウダーヂな夜
 
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015