ニュース

西川貴教、小室哲哉プロデュースの「FREEDOM」が『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』の主題歌に決定

西川貴教   2023/11/20 12:54掲載
はてなブックマークに追加
西川貴教、小室哲哉プロデュースの「FREEDOM」が『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』の主題歌に決定
 2024年1月26日(金)公開の劇場版『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』の主題歌が、西川貴教 with t.komuro「FREEDOM」に決定。

 『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』は、C.E.(コズミック・イラ)を舞台に、旧来の人類“ナチュラル”と遺伝子調整された新人類“コーディネイター”の間の戦いを描いた『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に続く、「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ」の最新作で、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の戦いのあと、C.E.75年の物語を描いた完全新作。

 西川貴教が歌う主題歌「FREEDOM」は『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のために書き下ろされた楽曲で、小室哲哉がプロデュースを手掛けました。果てしない奥行きを感じさせる壮大なサウンドと、“争い”“平和”“未来”“愛”といったものへの咆哮とも取れる西川の魂の歌声が見事に融合した、西川貴教の新境地を切り拓く楽曲に仕上がっています。

 「INVOKE -インヴォーク-」「Meteor -ミーティア-」「ignited -イグナイテッド-」「vestige -ヴェスティージ-」(いずれもT.M.Revolution名義)で21世紀最初のガンダム『機動戦士ガンダムSEED』とそれに続く『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の主題歌・挿入歌を担当した西川貴教と、「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」で昭和ラストガンダム『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の主題歌を担当した小室哲哉が、令和にタッグを組んで『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』に命を吹き込みます。

 なお、本日公開となった『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』第4弾PVで「FREEDOM」をいち早く聴くことができるので是非チェックしてください。

[コメント]
劇場版の発表から幾年月、特にこの20年で世界を取り巻く状況が激変したことで、正直かなり悩みました。
「どんな楽曲を創るか」よりも「どんな想いを込めて作品を送り出すべきなのか」に多くの時間を割きました。
よって、これまでの制作とは次元の異なる難しさがありました。
今回の作品は単純に『SEED』という物語の完結だけではなく、ガンダムの歴史を踏まえた座組で過去と今を紡ぎ、次の世代へ繋げることこそが僕の役目だと思っています。
皆さんがどう受け止め、皆さんにどう響くのか、素直に楽しみです。

――西川貴教

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』で楽曲を提供させていただいてから時を超えて35年が経ち、『SEED』の主題歌を作らせていただきました。
僕にとっては奇跡と言えます。
地球を危惧するあらゆる事象の中で、ガンダムは光です。
渾身の力で制作に望みました。
西川貴教くんとは初めてのタッグですが、期待通りの歌唱力に圧倒されています。
劇場公開をぜひお楽しみに!

――小室哲哉

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』終了から早20年近く。
初回のオープニングテーマとして打ち合わせしたときイメージしたオーダーは『THUNDERBIRD』のような曲でした。そして出上がったのが名曲『INVOKE -インヴォーク-』。後に『Meteor -ミーティア-』という形で作品世界をリードしてくれました。西川さんたちのガンダムへの想いが見事に結実したと感じています。それ以外にも役者として、アーティストとして様々な媒体を通して『SEED』をバックアップしてくれて、もはや盟友、現場スタッフとお呼びしても…。
今回も20年寝かせたガンダム愛を見事な曲として完成させてくれました。圧巻はやはり作品テーマを歌い上げる曲冒頭のア・カペラ熱唱。魂が震えました。今回の『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』は20年前から繋がった世界です。この曲は変わらない世界と変わってしまった現在を繋げる素晴らしいパフォーマンスで、一気に世界に引き込まれます。
20年来の待ってくださったみなさんの思いも背負った素晴らしいテーマ曲を視聴者のみなさんも是非、体験してください。

――福田己津央監督

拡大表示




『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』
2024年1月26日(金)より全国ロードショー
www.gundam-seed.net/freedom
配給: バンダイナムコフィルムワークス / 松竹
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作
[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲[インタビュー] THA BLUE HERBの映像作品が 2タイトル同時発売
[インタビュー] 田中彩子 ウィーンを拠点に活動して21年、コロラトゥーラ・ソプラノ歌手が歌うバロックから現代まで[インタビュー] Melting pot   パンク経由で鳴らす ソウル・ミュージックとグッド・メロディ
[インタビュー] Nina77 YouTube再生回数86万回以上の代表曲 「一人ぼっちの革命」を含む初CDリリース[インタビュー] ヒビキpiano 超絶ピアノで紡ぐ やさしく心安らぐ楽曲たち
[インタビュー] 橋本淳&筒美京平コンビの最後の傑作「ホテル砂漠」でデビューする新人アーティスト「夏海姉妹」[インタビュー] 山中千尋 その自由さにあこがれるウェイン・ショーターと坂本龍一に捧げられた新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015