ニュース

Ovall、セルフ・タイトルとなるニュー・アルバムをリリース

Ovall   2019/10/16 13:01掲載
はてなブックマークに追加
Ovall、セルフ・タイトルとなるニュー・アルバムをリリース
 2017年に再結成後まもなく、〈FUJI ROCK FESTIVAL〉をはじめ数々の大型フェスへ出演、また台湾・中国など海外でのライヴも成功を収めたOvallが、セルフ・タイトルとなるニュー・アルバム『Ovall』(限定盤 2CD OPCA-1043 3,000円 + 税 / 通常盤 OPCA-1042 2,500円 + 税)を12月4日(水)に発表。先行シングル「Slow Motion Town」が公開されています。

 Shingo SuzukiはPanasonic、資生堂、adidasなど数多くのCMや映画音楽への楽曲を制作しながら、ベーシストとして七尾旅人など様々なアーティストと共演を果たし、活動の幅を広げています。mabanuaはソロ・アルバム『Blurred』を発表、ツアーを行ない、Knxwledgeとのコラボ曲を発表。またアニメ『メガロボクス』の劇伴を手がけるなど多岐にわたるプロデュースを行なう一方、ソロ名義でフランスでライヴを敢行するなど、さらに世界をまたにかけ活躍。関口シンゴあいみょん藤原さくらなどのプロデュースを手がける傍ら、ウーター・ヘメルの来日公演にギタリストとして参加し、さらに「ギター・マガジン」の“R&Bギター特集”でトム・ミッシュFKJと並ぶギタリストとして掲載されるなど、それぞれがソロとして活躍しているOvall。

 そんな3人が持ち寄った新たなエッセンスをちりばめながら、本来の軸はぶらさず、絶妙なバランスで作り上げた全9曲を収録した本作は、バンド・サウンドならではの“アンサンブル”と、全員がトラックメイカーだからこそのアプローチが感じられる、まさにOvall印の音像になっています。

 アートワークは、近年ではTHA BLUE HERBPUFFY笹久保 伸への作品提供、また国際芸術祭〈あいちトリエンナーレ2019〉に出品作家 / デザイナーとして参加し、ジャンルやフィールドを超えて多くの作品を生み出し続ける鷲尾友公が担当。Ovallとは「Stargazer」のMV以来のコラボレーションとなります。

 また、限定盤付属のDisc2にはKan SanoMichael Kaneko、Nenashi、そしてWONKからHIKARU ARATA & KENTO NAGATSUKAのリミックスを収録。

 なお、11月23日(土・祝)には大阪・梅田Banana HallでOvall × mabanuaのツーマン・ライヴが行なわれます。

拡大表示


■2019年12月4日(水)発売
Ovall
『Ovall』

限定盤 2CD OPCA-1043 3,000円 + 税
通常盤 OPCA-1042 2,500円 + 税

[収録曲]
01. Stargazer
02. Transcend feat. Armi (Up Dharma Down)
03. Dark Gold
04. Come Together
05. Slow Motion Town
06. Triangular Pyramid
07. Paranoia
08. Rush Current
09. Desert Flower

[限定盤 Disc2]
曲順・曲名未定
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015