ニュース

パット・メセニー、2019年1月に来日公演が決定 ワールド・プレミアの最新プロジェクトも

パット・メセニー(Pat Metheny)   2018/10/11 12:35掲載
はてなブックマークに追加
パット・メセニー、2019年1月に来日公演が決定 ワールド・プレミアの最新プロジェクトも
 20度の〈グラミー賞〉受賞歴を誇る世界最高峰ギタリスト、パット・メセニー(Pat Metheny)の来日公演が2019年1月に決定。1月9日(水)から10日(木)、愛知・名古屋 BLUE NOTE、1月11日(金)から14日(月)までの4日間、東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて〈A NIGHT OF DUOS & TRIOS〉と題したトリオ編成による公演と、1月16日(水)から20日(日)までの5日間、BLUE NOTE TOKYOにてワールド・プレミアとなる最新プロジェクト〈SIDE EYE〉の2つのプログラムを披露します。

 〈A NIGHT OF DUOS & TRIOS〉は、マレーシアとオーストラリアの血を引く女性ベーシスト、リンダ・メイ・ハン・オウと、英国生まれのピアニスト、グウィリム・シムコックとの共演。2016年からスタートした3者のコラボレーションは時代やジャンルを超越した音の対話というべきプログラムです。

 また、本公演がワールド・プレミアとなる〈SIDE EYE〉は、メセニーが高く評価する気鋭を招いて、過去の楽曲の新解釈や新メンバーのための創作を演奏するというプロジェクト。今回はブルーノート・レーベルからデビュー・アルバム『Flight』を発表する新星キーボード奏者ジェイムズ・フランシーズ、ホセ・ジェイムズデイヴ・ホランドとの共演でも知られるドラマーのネイト・スミスが参加。この新プロジェクト始動についてメセニーは、「故郷カンザスシティで演奏していた頃から、数々の先輩に活躍の場を与えられてきた。今度は私がプラットフォームを提供する番なんだ」とコメントしています。公演の詳細はBLUE NOTE TOKYOのオフィシャル・サイトでご確認ください。

パット・メセニー“A NIGHT OF DUOS & TRIOS”
with リンダ・メイ・ハン・オウ&グウィリム・シムコック


2019年1月9日(水) / 10日(木)
愛知 名古屋 BLUE NOTE
www.nagoya-bluenote.com/index.html

2019年1月11日(金)〜14日(月)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
www.bluenote.co.jp/jp/artists/pat-metheny-a-night-of-duos-trios

[メンバー]
パット・メセニー(g)
リンダ・メイ・ハン・オウ(b)
グウィリム・シムコック(p,key)


パット・メセニー“SIDE EYE”
with ジェイムズ・フランシーズ&ネイト・スミス

www.bluenote.co.jp/jp/artists/pat-metheny-side-eye

2019年1月16日(水)〜20日(日)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO

[メンバー]
パット・メセニー(g)
ジェイムズ・フランシーズ(p, key, syn)
ネイト・スミス(ds)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015