ニュース

ピーター・ゴールウェイ、幻の東京セッションが20年の時を経てCD化!

ピーター・ゴールウェイ(Peter Gallway)   2010/01/06 15:09掲載
はてなブックマークに追加
ピーター・ゴールウェイ、幻の東京セッションが20年の時を経てCD化!
 山下達郎も敬愛する元フィフス・アヴェニュー・バンドのシンガー・ソングライター、ピーター・ゴールウェイ(PETER GALLWAY)。彼がマレイ・ウェインストックを率いて1989年に来日した際、FM東京(現TOKYO-FM)のレコーディング・スタジオにおいて行なわれた幻のセッションが20年の歳月を経てCD化! 『ピーター・ゴールウェイ・トーキョー・セッションズ 1989』(RATCD-4280 税込3,990円)と題し1月20日にリリースされます。

 バックを務めるのは、佐橋佳幸(g)、湯川トーベン(b)、野口明彦(ds)、中山努(key)、鈴木祥子(cho)、田島貴男(cho)、ブレッド&バター(cho)ら豪華な面々。『フィフス・アヴェニュー・バンド』『オハイオ・ノックス』『ピーター・ゴールウェイ』『オン・ザ・バンド・スタンド』といった名盤からの楽曲を中心に、のちに『スモール・グッド・シング』で発表される新曲を含むゴールウェイ作品を演奏。

 DVDにはピーター・ゴールウェイ、マレイ・ウェインストック、アズテック・トゥー・ステップによる名古屋ボトムラインでの貴重なライヴ映像が収められており、まさにSSW系ファン必携の一作となっています。


※1月20日発売

『ピーター・ゴールウェイ・トーキョー・セッションズ 1989』(RATCD-4280 税込3,990円)

[収録曲]
●CD(PETER GALLWAY TOKYO SESSIONS,JULY 11,1989)
01.On the Band Stand
02.Shorty Is A Bad Boy
03.The Last Goodbye
04.Taking It Easy
05.Sunday Basketball
06.Decidedly Fun
07.Boston Is Burning
08.Runaway Train
09.Land Of Music
10.Good Lady Of Toronto
11.Jake and the Five Plaids
12.LIKE A ROLLING STONE(Live at Shibuya CLUB QUATTRO) (bonus track)
 
●DVD(PETER GALLWAY LIVE IN JAPAN 1989)
01.Sunday Basketball
02.Taking It Easy
03.Decidedly Fun
04.Shorty Is A Bad Boy
05.Country Time Rhymes
06.Good Lady Of Toronto
07.Watch Yourself
08.My Sweetheart Was My Friend
09.Liz
10.Runaway Train
11.Nothing To Do With The Weather
12.The Last Goodbye
13.Come On In
14.Jake And The Five Plaids
15.A Small, Good Thing
16.In Hollywood
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015