ニュース

クイーンとフレディ・マーキュリーの栄光と苦悩を描く映画「ボヘミアン・ラプソディ」の日本公開が決定

クイーン(QUEEN)   2018/05/24 12:43掲載
はてなブックマークに追加
クイーンとフレディ・マーキュリーの栄光と苦悩を描く映画「ボヘミアン・ラプソディ」の日本公開が決定
 「ボヘミアン・ラプソディ」「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」などのヒット曲で知られる伝説のバンド、クイーン(QUEEN)のフロントマンで1991年に惜しくも亡くなったフレディ・マーキュリーの姿を描く伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」が11月に日本で公開されることが決定しました。監督は『X-MEN』シリーズのブライアン・シンガー。また、クイーンのメンバーだったブライアン・メイロジャー・テイラーを音楽総指揮に迎えています。

 フレディ・マーキュリーは、どうやって世間の常識や既成概念に逆らい、従来の音楽を打ち破り、地上で最も愛されるエンターテイナーになったのか。なぜ、愛と孤独、プレッシャーに引き裂かれたのか。 そして崩壊寸前に陥ったバンドを立て直し、永遠のレガシーを確立したのか。世界的な成功を収めた華やかな活躍とともに、その裏のストーリーを描きます。

 フレディ・マーキュリーを演じたのは、『Mr.Robot / ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。解禁された予告編では、70年代を象徴する数々のファッショナブルな衣装に身を包んだラミが、まるでフレディ・マーキュリー自身が憑依したかのような圧巻のステージパフォーマンスを披露しています。

 完成した映画を観て、ワクワクしている。これは伝記映画ではなく、硬い岩から掘り出されたような、純粋なアートだ。家族や人間関係、希望に夢、悲嘆や失望、そして最後には勝利と達成感が、誰にでも共感できるような物語として描かれている。

 決して楽な旅ではなかったが、価値のある旅というのは、すべてそういうものだ!

 ラミとルーシー、それに若者たちがとてつもない演技を見せてくれ、実物よりもずっと立派だ!!

――グブライアン・メイ / 音楽プロデューサー、クイーンのリード・ギター

 これはクイーンの音楽と、史上最高のリード・ヴォーカルの一人であるフレディ・マーキュリーを称える映画だ。完成するまでに8年の歳月を費やしたが、それだけの価値があったと確信しているし、私たちがやり遂げたことをとても誇りに思っている。

 フレディは、既成概念や周囲の予想を打ち破り、自身と自らの音楽を信じて、すべてを変えた。その結果、フレディはバンドとともに並外れた成功をおさめ、地上もっとも人気を博したエンターテイナーの一人となり、今日に至るまで続いているレガシーを確立した。

 クイーンの曲は、数え切れないほどの映画やコマーシャルに使われ、今も世界中のスタジアムや、バーとパブで鳴り響いている。彼らの音楽は、アウトサイダーや夢を追う人、音楽ファンたちをインスパイアしてきた。ごく少数のパフォーマーにしかできない形で、人々と繋がりを持ったフレディだからこそ生み出せた音楽だ。私はこの仕事について以来、幸運にも偉大な役者たちとコラボレーションしてきた。たとえば、レオナルド・ディカプリオやダニエル・デイ・ルイスだ。だが、フレディ役のラミ・マレックの演技は、これまで私が観たことのないようなレベルに達している

――グレアム・キング / 映画の製作者



「ボヘミアン・ラプソディ」
2018年11月から全国で公開

© 2018 Twentieth Century Fox
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015