ニュース

ロジャー・ウォーターズ、25年ぶりのアルバム『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』を発表

ロジャー・ウォーターズ(Roger Waters)   2017/04/21 14:38掲載
はてなブックマークに追加
ロジャー・ウォーターズ、25年ぶりのアルバム『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』を発表
 ピンク・フロイドが1967年に「アーノルド・レーン」でデビューしてからちょうど半世紀にあたる今年、“ピンク・フロイドの頭脳”だったロジャー・ウォーターズ(Roger Waters)が92年の『死滅遊戯』以来実に25年ぶりのロック・アルバム『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』(SICP-5425 2,400円 + 税)を6月7日(水)にリリース。レディオヘッドの作品で注目され、ポール・マッカートニーベックU2なども手がけるナイジェル・ゴドリッチがプロデュースとミキシングを担当しています。

 第1次湾岸戦争の時代、混迷極まる90年代の世界情勢を背景にTV社会に警鐘を鳴らすコンセプト・アルバムとなっていた前作『死滅遊戯』に続き、今作でも世界情勢に対する姿勢は不変。不安感、絶望感が渦巻くこの世界の紛争、危機、差別、環境、政治などへの怒りを込め、不穏な時代への断固たる意見を表明し、“これは我々が本当に望んだ人生なのか?”と問いかける、『アニマルズ』や『ザ・ウォール』といったピンク・フロイドによる往年の名作のテーマを受け継ぐものとなっています。

 ロジャー・ウォーターズは5月26日のカンザスシティ公演から〈US + THEM〉と題した大規模ワールド・ツアーを開始。巨大LEDスクリーンを使用した壮大なスケールになると予告されているショウでは、ピンク・フロイドの『狂気』『炎〜あなたがここにいてほしい〜』『アニマルズ』『ザ・ウォール』などの名作からの楽曲と共に、新曲もプレイ。なお、5月から英国V&A(ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム)ではピンク・フロイド大回顧展〈The Pink Floyd Exhibition: Their Mortal Remains〉が開催されます。



■2017年6月7日(水)発売
Roger Waters
『Is This the Life We Really Want?』

SICP-5425 2,400円 + 税

[収録曲]
01. When We Were Young
02. Deja Vu
03. The Last Refugee
04. Picture That
05. Broken Bones
06. Is This the Life We Really Want?
07. Bird In A Gale
08. The Most Beautiful Girl
09. Smell The Roses
10. Wait For Her
11. Oceans Apart
12. Part of Me Died
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015