ニュース

山下洋輔ほか豪華面々が参加!鷺巣詩郎プロデュースの「エヴァンゲリオン」ピアノ・コンセプト・アルバムが登場

鷺巣詩郎   2013/09/18 16:24掲載
はてなブックマークに追加
 初代TVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』から目下最新作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』まで、シリーズ全般の音楽を担当するコンポーザー / アレンジャー、鷺巣詩郎。同氏が完全監修した初の“エヴァンゲリオン”ピアノ・コンセプト・アルバム『EVANGELION Piano Forte Forte 〜エヴァンゲリオン ピアノフォルテ〜』(KICA-3216 税込3,000円)が登場! 10月23日(水)発売です。

 エヴァンゲリオン・シリーズ劇中で使用されたピアノ楽曲はもちろん、オリジナル・スコアのピアノ・アレンジ・ヴァージョンも収録された本作。エヴァンゲリオン・ファンにはおなじみの北るみこ、クリヤマコト島 健中西康晴宮城純子に加え、笹路正徳塩谷 哲松本和将山下洋輔といった名匠たちもプレイヤーとして参加した豪華作品となっています。

 カヴァー・アートでは、エヴァンゲリオン・シリーズで作画監督を務めるスタジオカラー・本田 雄による描き下ろし「シンジ&カヲル」イラストと、デンマークのデザイナー / 建築家・ポール・ヘニングセンが手がけた「PH Grand Piano」がコラボレート!イラストでシンジとカヲルが携えている楽譜は、本作収録曲のスコアとして近日発売予定とのこと。こちらもお楽しみに!

[鷺巣詩郎 コメント]
頼もしいピアニストたち、そして、80年前から来た「時空を超えた」ピアノ
ピアニストは特別だ。
ピアニストは万能だ。
ピアニストは、すべてを達観している。
あらゆる楽器の特徴、音域すべてを兼ね備え、指一本で、それらを呼び覚ますことができるから。
指が十本だから10音しか鳴らせないのではない。一本の指で何音も鳴らせる。
さらに、左右の手を交互に繰り出せば、同時に響かせられる音数は、なんと無限大。
そう、無限の響きを手中にできるのは、この世で唯一、ピアニストだけ。
言い尽くされているが、まさにピアノはオーケストラそのもの、
いや、それを凌ぐことさえある。
レコーディングを生業にして35年間、名ピアニストたちとの出会いこそ、作曲家冥利につきる。
これほどの喜び、発見は他にない。
自分のスコアを客観的に聴きたいゆえ、弾き手にゆだね、自分は聴き手に徹する。
これまで仕事を共にしたピアニストは、世界各地に数えきれないほど居るが、
ここに集結したのは、それら強者(つわもの)中、エヴァにとって、もっとも頼れるピアニストたちだ。
ピアノ、ストリングス、ギターが「エヴァ三種の神器」であることは、ファンも良く知るところ。
そのオフィシャル・ピアノ・アルバム「初お目見え」とあらば、万端整えるしかない。
近い将来「オフィシャル・ピアノ楽譜集」も発表しようじゃないか。
エヴァではおなじみの、宮城純子、クリヤマコト、北るみこ、島健、中西康晴にくわえ、
今作は、山下洋輔、笹路正徳、塩谷哲、松本和将という、げに恐ろしき面子までもゲストにむかえた。
ここからは書くだけ野暮というもの。
強力、かつ、ひたすら美しいパフォーマンスを、どうか存分にお聴きいただきたい!!
さて、数あるプロフェッショナル中、めずらしく自分の楽器を持ち歩かないのもピアニストだ。
それだけに、たまさか素晴らしい「ピアノとの出会い」がある。
このピアノと出会ったのは数年前、PianoForteのレコーディングは、すでに大半が過ぎていた。
すでに1931年にデザインされ、存在していたという「時空を超えた未来形」に、わが目を疑い、
現在も製作されているという事実に、さらに驚愕した。
どうしても現物を確かめたく、パリから2時間を幸いに、足繁くコペンハーゲンにかよい、
実物に出会い、手に入れるまでに至ったのは、つい最近のこと。
それまで、PianoForte発売を待たせてしまったのは、たいへん申し訳ないが、
頼もしいピアニストたちと共に、この時空を超えたピアノを、ぜひ紹介したかった所以である。
2013年夏 鷺巣詩郎


■2013年10月23日(水)発売
鷺巣詩郎
『EVANGELION Piano Forte Forte 〜エヴァンゲリオン ピアノフォルテ〜』

KICA-3216 税込3,000円
※本田雄描き下ろし「シンジ&カヲル」スリーブジャケット仕様(初回製造分のみ)

[収録曲]
01. E01_matsumoto
02. B20_kuriya
03. B01_miyagi
04. E13_kita
05. M10_nakanishi_arianne
06. EM21_matsumoto
07. KK_A09_miyagi0
08. KK_A08_miyagi
09. KK_A09_alterna_kuriya
10. E16_shima
11. Quatre Mains_miyagi_kita
12. E05_yamashita
13. M11_shionoya_arianne
14. A01_yamashita_take1
15. Quatre Mains_tribute to Rachmaninov_kita
16. E05_sasaji
17. A01_clone_miyagi
18. F02_miyagi

[参加ピアニスト]
北るみこ / クリヤマコト / 笹路正徳 / 塩谷 哲 / 島 健 / 中西康晴 / 松本和将 / 宮城純子 / 山下洋輔
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015