ニュース

サカリ・オラモとBBC交響楽団の来日記念盤が登場

サカリ・オラモ(SAKARI ORAMO)   2018/02/16 11:58掲載
はてなブックマークに追加
 3月上旬に〈東芝グランドコンサート2018〉での来日公演を控えるサカリ・オラモ(Sakari Oramo)とBBC交響楽団が、来日記念盤として『フローラン・シュミット: 交響曲第2番op.137, 《アントニーとクレオパトラ》op.69より 組曲第1番, 第2番』(RCHSA-5200 3,238円 + 税)を2月21日(水)にリリース。

 オラモは、1965年フィンランド出身の指揮者。ヴァイオリニストでもあり、かつてフィンランド放送交響楽団のコンサートマスターも務めました。2013年にBBC響の首席指揮者に就任し、近現代作品や新作の発掘・演奏に取り組んでいます。

 本作でオラモとBBC響は、近代フランスの大作曲家であるフローラン・シュミットの交響曲第2番と、このコンビがイギリス初演した『アントニーとクレオパトラ』からの組曲を録音。交響曲第2番は1957年12月、シュミットが87歳のときに完成し、自身が亡くなる2ヵ月前の58年6月にシャルル・ミュンシュ(Charles Munch)の指揮のもとストラスブールで初演が行なわれ好評を博した、最晩年の代表作です。

■2018年2月21日(水)発売
フローラン・シュミット: 交響曲第2番op.137, 《アントニーとクレオパトラ》op.69より 組曲第1番, 第2番
RCHSA-5200 3,238円 + 税

[収録曲]
フローラン・シュミット:
01. 交響曲第2番op.137
02. 『アントニーとクレオパトラ』op.69より組曲第1番
03. 『アントニーとクレオパトラ』op.69より組曲第2番

[演奏]
サカリ・オラモ指揮BBC交響楽団


東芝グランドコンサート2018
サカリ・オラモ指揮 BBC交響楽団

www.fujitv.co.jp/events/t-gc/index.html

3月1日(木)
福岡 アクロス福岡シンフォニーホール
Aプロ

3月2日(金)
広島 上野学園ホール
Bプロ

3月4日(日)
宮城 仙台 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
Bプロ

3月6日(火)
石川 金沢 石川県立音楽堂コンサートホール
Aプロ

3月7日(水)
大阪 フェスティバルホール
Cプロ

3月8日(木)
神奈川 川崎 ミューザ川崎シンフォニーホール
Aプロ

3月10日(土)
愛知 名古屋 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
Cプロ

3月11日(日)
東京 赤坂 サントリーホール
Cプロ sold out

[出演]
サカリ・オラモ指揮BBC交響楽団
アリーナ・ポゴストキーナ(vn) ※A / Bプロ
小菅 優(p) ※Cプロ

[Aプログラム]
ブリテン: 歌劇『ピーター・グライムズ』より「4つの海の間奏曲」op.33a, 「パッサカリア」op.33b
チャイコフスキー: ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.35
ブラームス: 交響曲第1番ハ短調op.68

[Bプログラム]
ブリテン: 歌劇『ピーター・グライムズ』より「4つの海の間奏曲」op.33a, 「パッサカリア」op.33b
チャイコフスキー: ヴァイオリン協奏曲ニ長調op.35
シベリウス: 交響曲第5番変ホ長調op.82

[Cプログラム]
ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番ハ短調op.18
マーラー: 交響曲第5番嬰ハ短調
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015