ニュース

SALU、BACHLOGICと再びタッグを組んだ新曲「ZERO」をサプライズ・リリース

SALU   2020/05/07 12:51掲載
はてなブックマークに追加
SALU、BACHLOGICと再びタッグを組んだ新曲「ZERO」をサプライズ・リリース
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月より全国9ヵ所を回るツアー〈ZERO TOUR〉の全公演が中止となっていたSALUが、2020年5月7日(木)に突如、新曲「ZERO」をデジタル・リリースしました。

 「ZERO」は、SALUを語るうえで欠かすことのできない「The Girl on a Board」、「Stand Hard」、「To Come Into This World」、「In My Life」など、名曲の数々を生み出してきたBACHLOGICを久しぶりにプロデューサーに迎えた作品。“STAY HOME”“Social Distancing”が叫ばれる今の社会情勢の中、SALUが自分の心の声と向き合いながら導き出した“想い”を書き上げた、エモーショナルな一曲となっています。

 また、SALUは、同曲の発表に伴い以下のような声明を自身のインスタグラムに投稿しています。

[SALU コメント]
204でSay Hello to the Rap Gameをレコーディングした日からちょうど12年が経ちました。
僕は今、ゼロの上に立っています。二月末の六本木でのライブ以降、数える程の外出しかしなくなりました。それからというもの、僕はずっと心の声と向き合ってきました。自分のこれまでの生き方、価値観についてとことん押問答を繰り返した結果、最終的に僕の心はこう言いました。
次の世界にいこう、と。
そして書き上げたのがこのZEROです。
この12年でたくさんの人に出会い、たくさんのことを感じ、学びました。
そしてやっと、僕はもう充分持っているということに気付けました。
愛する家族、信頼出来るチーム、僕の音楽を楽しみに待ってくれる人たち。
善いも悪いもない、好きも嫌いもない。ただ必要かどうか。今はこう思えます。
誰が何をしたっていい。みんな祝福されこの星に降り立った人の子。
誰のことも批判するつもりはありません。
自ら命を絶った母のことでさえ今はただそこにある事実として受け止められます。
いつも変えられるのは世界や人ではなく自分。
これからは心からやっていることしか一切通用しない時代になっていくと思います。
だからそこへ向けてひとつひとつ手放していく。残ったものが本当に必要なもの。
僕は今日でSNSを卒業しようと思います。
これからは混じり気のないピュアな音楽を培ってみようと思っています。
それを収穫して皆さんに届けたい。
僕の新しい挑戦、新しい生き方、そして新しい旅です。
これがそのためのポジティブな決断であることをご理解いただけると幸いです。
今までインスタグラムを楽しみにしてくれていた方、いいね、コメント、DMを下さった方、本当にどうもありがとう。たくさんの力をいただきました。
自分を応援してくれる人はこんなにいるんだと思えて本当に本当に嬉しかったです。

またゼロから出発です。
今度の12年は痛みではなく愛の音楽をつくっていきます。
僕のこの一見時代錯誤な小さな決断が、新しい時代を生きる皆様の何かになることを信じて。
皆さんのこれからの人生が愛に溢れたものでありますように。
令和は愛と平和の素晴らしい時代。
It's a new world and it's time to say goodbye to the system.
fly up to the sky, Nipponia nippon!

アツギより愛をこめて🍊
卒業生代表 SALU

P.S. このアカウントは2013年にスタッフアカウントをそのまま自分のアカウントにしてもらったので、またスタッフアカウントにお返しします。それではCLUB36、それから耳元でまたお会いしましょう!


拡大表示


■2020年5月7日(木)配信開始
SALU
「ZERO」

linkco.re/vZt3CGte

SALU Official Instagram
www.instagram.com/salu_info/
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015