ニュース

滝沢朋恵、約5年ぶりの新作アルバム『AMBIGRAM』リリース決定&詳細発表

滝沢朋恵   2023/12/01掲載(Last Update:23/12/02 02:56)
はてなブックマークに追加
滝沢朋恵、約5年ぶりの新作アルバム『AMBIGRAM』リリース決定&詳細発表
 2018年12月発売の3rdアルバム『amphora』の発売後、活動拠点を東京から地元・北海道に移した、シンガー・ソングライターの滝沢朋恵の約5年ぶりとなる新作アルバム『AMBIGRAM』が、12月27日(水)にリリースされることが決定しました。

 9月に八丁堀の七針で開催されたPot-pourri [SNR] とのツーマン・イベントが予約時点で満員となり、最新のライヴ・パフォーマンスも好評を博した滝沢朋恵。テンテンコ柴田聡子とのデュオ、角銅真実網守将平のアルバムへの参加など、年々注目度が高まっていたにも拘らず、近年の活動はコロナの影響もあり、ほぼ休止状態となっていましたが、2022年後半より着々とアルバム制作の準備を始め、2023年の夏頃より本格的に制作が開始。11月16日には、先行シングルとして「ラッコの貝(single version)」がリリースされています。

 アルバムのアートワークは話題のアーティスト、佐貫絢郁が担当し、滝沢のバンド・ライヴではおなじみのイトケンがドラム&パーカッション、NRQ吉田悠樹が二胡、元吉田ヨウヘイgroup、現THE RATELのメンバーで、スピッツのレコーディングから現代音楽 / 実験音楽まで幅広く活動する池田若菜がフルート、NEWFOLK発の話題のバンド、山二つのフロントマン、鈴木健太(滝沢の前々作『a b c b』には朗読で参加、前作『amphora』ではCDジャケットのデザインを担当)がヴォーカルで参加。アルバムの録音、ミックス、マスタリングは、映画音楽やTVドラマの音楽でも手腕を振るい、あかるいくらい』の録音・ミックス・マスタリングや、フリーボの1stアルバム『すきまから』のアナログ盤用のリマスタリングを手掛けている宇波拓HOSE,ホンタテドリ,かえる目)が手掛けています。

 宇波は、エンジニアリングだけでなく、楽曲の追加のプロダクションも担当。滝沢のオリジナリティあふれる楽曲やアレンジを、新たなサウンドに仕上げました。滝沢のデモのアレンジをベースに、滝沢の音楽リスナーとしての好奇心旺盛さを反映してか、挑戦的かつ遊び心があり、突飛なアイディアを依頼し、宇波がそれに十二分に応え、滝沢のイメージをアップグレード、もしくは刷新するようなサウンド・プロダクションで具現化。滝沢朋恵史上最もポップな印象のアルバムでありながら、これまで以上にシンガー・ソングライター然とした歌とメロディが際立った作品に仕上げています。

 また、「ラッコの貝(single version)」のリリースにあわせ、 12月6日(水)に、今年6月1日に営業10年目を迎えた、滝沢とも馴染み深い会場、東京・神保町 試聴室にて〈滝沢朋恵 new album『AMBIGRAM』発売前ソロ演奏 + 試聴会〉が開催。アルバムの解説は、滝沢とのユニット“あたらしい遊び”で活動をともにする田中真琴が務めます。チケットの予約など詳細は試聴室のHPをご確認ください。

 なお、滝沢は今週末12月2日(土)に、北海道・札幌「SOUND CRUE」にて開催されるパラダイス・ガラージ豊田道倫のアナログ・ベスト発売記念ライヴ〈まわる人生のステージを、レコードの針から眺めて、綺麗ね〉にも出演します。こちらの詳細は「SOUND CRUE」のHPをご確認ください。

[コメント]
金延幸子『み空』(1972)から半世紀、
浜田真理子『mariko』(1998)から四半世紀、
2023年暮れ、滝沢朋恵『AMBIGRAM』が登場する。
震える声、儚く美しいメロディ、歌心に満ちたギター、イマジナティヴなサウンド。
一枚のアルバムが、音楽の歴史に刻まれる。

――佐々木敦

拡大表示


■2023年12月27日(水)発売
滝沢朋恵
『AMBIGRAM』

WEATHER 83 / HEADZ 260 CD 2,420円(税込)
faderbyheadz.com/release/headz260.html
[収録曲]
1. 春風
2. 交信
3. sirar
4. グッドバイ
5. 雪灯
6. リンドウ
7. duda
8. まほう
9. 数え歌
10. しんきろう
11. ラッコの貝
12. 白い花


〈滝沢朋恵 new album『AMBIGRAM』発売前ソロ演奏 + 試聴会〉
日時: 2023年12月6日(水)開場 19:30 / 開演 20:00
会場: 東京 神保町 試聴室
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-5 ビル西神田1階
shicho.org/1_231206
料金: 予約 2,300円 / 当日 2,500円
※いずれも要別途1オーダー代
解説: 田中真琴(あたらしい遊び)


パラダイス・ガラージ&豊田道倫
アナログベスト発売記念ライブ in 札幌

日時:12月2日(土)開場:18:30 / 開演:19:00
会場:札幌 SOUND CRUE
soundcrue.com/top1.html

act:
豊田道倫
滝沢朋恵
マシュウ早坂
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 文坂なの [インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル
[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ![インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー!
[インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音
[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来
[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作
[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015