ニュース

新体制への移行を発表したアップアップガールズ(仮)、リリイベ・レポート 佐保明梨のDJプレイが火を吹く

アップアップガールズ(仮)   2020/10/26 13:41掲載
はてなブックマークに追加
新体制への移行を発表したアップアップガールズ(仮)、リリイベ・レポート 佐保明梨のDJプレイが火を吹く
 10月23日に、古川小夏森 咲樹佐保明梨新井愛瞳の卒業を発表し、新体制に移行することが発表されたアップアップガールズ(仮)が10月25日(日)に東京・Zher the ZOO YOYOGIで行なったライヴ・イベント〈アップアップガールズ(仮)meets DJ KURO-OBI 6thアルバム(仮)リリースライブ〉のオフィシャル・レポートが届きました。

 なお、アプガは現5人体制でのラスト・アルバム『6thアルバム(仮)』(CD TPRC-0267 3,000円 + 税)が11月10日(火)に発売、12月17日(木)には5人体制ラスト・ライヴ〈アップアップガールズ(仮) FIVE SOUL FOREVER〉を東京・Zepp Tokyoで開催予定です。

[オフィシャル・レポート]
10月25日(日)東京・Zher the ZOO YOYOGI
『アップアップガールズ(仮)meets DJ KURO-OBI 6thアルバム(仮)リリースライブ』

 アップアップガールズ(仮)が、10月25日(日)に東京・Zher the ZOO YOYOGIでライヴイベント『アップアップガールズ(仮)meets DJ KURO-OBI 6thアルバム(仮)リリースライブ』を開催した。

 先日、古川小夏、森咲樹、佐保明梨、新井愛瞳の卒業を発表したアプガ(仮)。本公演は、11月10日に発売される5人体制最後のアルバム『6thアルバム(仮)』のリリースを記念した公演となる。メンバーの佐保明梨がDJ KURO-OBIとなってDJプレイし、メンバー5人でのパフォーマンス中も佐保がDJブースからトラックを流すというスペシャルなライヴが繰り広げられた。

 本公演は新型コロナウイルス感染症拡大防止に配慮した形で行われ、会場のファンは拍手でメンバーを応援した。

 ライヴ前にはメンバーがステージに並び、4人のメンバーの卒業発表について改めてファンの前でコメントした。今後も新体制アプガを牽引していく関根は「先日、古川小夏、森咲樹、佐保明梨、新井愛瞳の卒業発表がありました。この決断は、新体制に向けてとても大きな決断です。私たちメンバーの歩む道が、未来のアップアップガールズ(仮)へ大きな架け橋になれるように、また今日ここから、ひとりひとりが前を向き、一歩一歩力強く前に進んでいけるようにがんばっていきます。これからもよろしくお願いします」としっかりとした口調で語り観客から拍手が湧き起こった。そして、古川が「やっぱりアプガとアプガファミリーの間には、ハッピーな思い出だけを残しましょう!今日も1日楽しんでいきましょう!」と元気に声を上げ、ファンもその気持ちに呼応するように大きな拍手で応えた。

 DJ KURO-OBIこと佐保明梨がブースに立つと、「アッパーカット!」「Going my ↑」などのアプガ楽曲をショートレンジでつないでいくDJタイムが始まった。『ファーストアルバム(仮)』からアルバムを順に追う形で、曲をかけながらホーンやメンバーのセリフをサンプラーで鳴らし、トラックにフィルターやディレイなどのエフェクトを細く施すDJプレイで観客を盛り上げていく。その流れのままステージにメンバー5人が揃うと、「I LIVE YOU」でアプガのライヴがスタート。彼女たちは、ライヴへの熱い気持ちを歌に乗せて観客のテンションを一気にアップさせた。

 自己紹介を挟んで、パーティチューン「HAPPY NAKED!!」、歌メロとラップが交差する「未来=ダイアモンド」、ハードかつダンサブルな「BIG BANG」を立て続けに披露。そして、佐保が「リスペクトーキョー」「最高シャイガール」などをDJプレイすると、メンバーはダンスパフォーマンスでステージを彩る。メンバー5人スタイルに戻ると、クールなダンスチューン「Crazy Sparky」を歌唱して観客をヒートアップさせた。

 佐保は、終始DJブースとパフォーマンスのエリアを行き来し、他のメンバーとともに歌もダンスもしっかりと魅せていく。斬新なライヴスタイルは、かなり目を引くものがあった。さらに佐保は、この日のためにマッシュアップトラックを制作。メンバー5人で「It's Up To You/キミロス」を歌唱した。

 別れとこれからの気持ちを歌うミッドチューン「Light it up」で現在のアプガの思いを伝えると、ここからはソロコーナーに突入。佐保がDJブースで「Abyssal Drop」を歌唱し、関根がブースの横で「キミイロスカイ」を歌う。古川が「ダーリンはロストチャイルド」を披露すると、関根も一緒にダンス。新井が「ショートカットに片想い」を歌うと、メンバーもわちゃわちゃ絡み出す。そして森の「メガモリッ!ma vie!!」では、森がDJブースに来た隙に佐保がセンターポジションに立ちノリノリで森の曲を歌唱するという想定外の展開が発生。臨機応変、ノリ優先のアプガらしさが全開の楽しい場面だった。

 アプガは、メンバー5人の自己紹介ソング「5 to the 5th Power」、情熱のラテンチューン「ヒートビートアイランド」で会場の熱量をアップさせる。ライヴ後半戦に入ると、キャッチーなダンスチューン「Da Dan Dance!!!!!」「晴レ☆HALation」「阿破乱舞」を続々と披露。「愛愛ファイヤー!!」「ソラハレルヤッ!!」「アッパーレー」でライヴのテンションはますます上昇し、「アゲノミクス!!」では佐保がトラックのBPMをグングン上げるという暴挙に出た。曲が終わってのMCタイムで、4人のメンバーが佐保に「そりゃないよ〜」「BPM上げないで〜」「スパルタだ〜」と汗だくで訴えるほどのハードな試練。だが結果的に、どんなに曲が高速になろうと必死でパフォーマンスを貫徹するアプガの凄味が感じられるシーンが見られたわけだ。

 ここで、新井から今後のアプガの予定が告げられた。11月10日に『6thアルバム(仮)』が発売され、12月17日にはZepp Tokyoでの5人最後の単独ライヴが開催されるという。新井は「Zepp Tokyoの5人最後の単独ライヴ、間違いなく現体制アプガの晴れ舞台にしたいと思っております。最後の最後にお祭り騒ぎをして、この5人での単独ライヴを締めくくりたいと思います。ぜひみなさん遊びに来てください!」と、Zepp Tokyoでのライヴの意気込みを語った。

 そして、ライヴの最後に歌われたのは「私達(with friend)」。何度でも立ち上がって戦い続ける思いを力いっぱい歌唱し、観客と心をひとつにしてこの日のライヴを明るく締めくくった。

 ニューアルバム『6thアルバム(仮)』に収録された全曲を披露し、なおかつDJ KURO-OBIのDJプレイが火を吹くという、まさにスペシャルなワンナイト。アプガの底知れぬ実力と魅力がたっぷり伝わるライヴとなった。残りわずかとなった現体制アプガはもちろん、このクレイジーで最高なアプガ魂を継承する新体制アプガの展開にもぜひとも注目してほしい。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


■2020年11月10日(火)発売
アップアップガールズ(仮)
6thアルバム(仮)

CD TPRC-0267 3,000円 + 税
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』
[特集] 半美子、今こそ“心のふるさと”に帰ろう、半美子初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム
[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表
[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス
[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015