ニュース

アップアップガールズ(仮)、富士山山頂ライヴを8月某日に決行!

アップアップガールズ(仮)   2014/07/03 15:02掲載
はてなブックマークに追加
アップアップガールズ(仮)、富士山山頂ライヴを8月某日に決行!
 アップアップガールズ(仮)が、7月2日、東京・タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIOで、ニュー・シングル「全力!Pump Up!! / このメロディを君と」のリリースイベントを行なった。

 7月1日に発売されオリコンデイリーチャート2位を獲得と、幸先の良い滑り出しを見せ、ますます勢いに乗るアプガ。そのイベント中に、富士山山頂ライヴ『アップアップガールズ(仮)富士山山頂決戦(仮)』の内容がサプライズ発表された。

 タワーレコードの吉野氏が突然ステージに登場。慌てふためくメンバーに、吉野氏の口から〈アップアップガールズ(仮)富士山山頂決戦(仮)〉の詳細が告げられる。

アップアップガールズ(仮)

 登山日は安全面を考慮し8月某日と詳しい日にちを公開せず、後日、その模様はアプガの公式YouTubeチャンネルで公開されるという。富士登山に向けての前哨戦を行ない、そして富士山山頂ライヴは、東安の河原付近で、この夏のライヴの成功と今後の飛躍を願い「全力!Pump Up!!」を全力でパフォーマンスすることとなった。

 メンバーからは、「アイドルで富士山山頂ライヴは初めてじゃない?」「ギネスブックに載ろう!」「絶対に生きて帰ろう!」「頂上で、絶対にたまねぎの下でライヴできますようにって願掛けしよう」といった声が上がる。さらには古川小夏が「みんなの力がないと登れないと思うから、円陣組もう!」と語り、メンバーとファンが一体となって気合い入れを敢行した。

 アプガは、この夏、前日に発表された夏のツアー〈アップアップガールズ(仮)2014 Summer Live Tour Hot! Hot! Hot!〉や、様々な夏フェス、イベントなど、約40本のライヴを行なう。そして前代未聞の、ノーピプル富士山山頂ライヴに挑むアプガ。富士山を制すれば、アプガがこの先さらにパワーアップすることは間違いないだろう!

(文・撮影 / 土屋恵介)

アップアップガールズ(仮)


アップアップガールズ(仮)富士山山頂決戦(仮)
2014年8月某日 富士山山頂 東安の河原付近

アップアップガールズ(仮)2014 Summer Live Tour Hot! Hot! Hot!
2014年8月11日(月)山梨県 甲府Conviction
2014年8月12日(火)栃木県 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
2014年8月18日(月)神奈川県 Thunder Snake ATSUGI
2014年8月20日(水)千葉県 KASHIWA PALOOZA
2014年8月22日(金)岐阜県 岐阜club-G
2014年8月28日(木)東京都 下北沢GARDEN
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015