ニュース

Uru、2ndアルバムの詳細発表 カヴァー盤にはヒゲダン「Pretender」、King Gnu「白日」も収録

Uru(Singer)   2020/02/03 13:13掲載
はてなブックマークに追加
Uru、2ndアルバムの詳細発表 カヴァー盤にはヒゲダン「Pretender」、King Gnu「白日」も収録
 女性シンガー・ソングライター、Uruが、3月18日(水)にリリースする2ndアルバム『オリオンブルー』(初回生産映像盤 CD + Blu-ray AICL-3840〜1 4,546円 + 税 / 初回生産カヴァー盤 2CD AICL-3842〜3 3,637円 + 税 / 通常盤 CD AICL-3844 2,728円 + 税)の収録内容の詳細を発表。あわせて、アートワークも公開しています。

 2018年12月にリリースした1stアルバム『モノクローム』から約2年3ヵ月ぶりとなる2ndアルバムには、Ura自身最大のヒット曲となったTBS系火曜ドラマ「中学聖日記」の主題歌「プロローグ」や、TBS系日曜劇場「テセウスの船」主題歌「あなたがいることで」などが収録されることが既に発表されていましたが、今回、新録曲としてUruがデビューから数回しか披露されていなかった幻の楽曲「今 逢いに行く」、Kan Sanoがアレンジを手掛けたトラックの心地よさが際立つ「space in the space」、Shingo Suzukiがアレンジを手掛けたウェディング・ソング「marry」、渡辺シュンスケがアレンジを手掛けたアップ・ナンバー「Don't be afraid」など新境地の楽曲ほか、既発の楽曲「いい男」と対をなす楽曲「いい女」など、ソングライターとしての制作面の充実を物語る全13曲が収録されます。

 さらに通常版には、澤野弘之のヴォーカル・プロジェクト、SawanoHiroyuki[nZk]に参加したSawanoHiroyuki[nZk]:Uru名義の「Binary Star」がスペシャル・トラックとして収録。初回生産カバー盤には、3月9日(レミオロメン)、カムフラージュ(竹内まりや)、白日(King Gnu)、このまま君だけを奪い去りたい(DEEN)、Funny Bunny(the pillows)、Pretender(Official髭男dism)、
若者のすべて(フジファブリック)、雪の華(中島美嘉)の世代を越えた8曲の名曲がピアノアレンジを施したカヴァー・ソングとして収録されます。

 本作は、Uruのこれまで積み重ねてきた活動の集大成のような内容で、1stアルバムを経て自身の色を手に入れたUruが作り上げた待望の2ndアルバムとなっています。

 また、公開されたアートワークは、繊細な色味やタイポグラフィが幾重にも折り重なった幻想的なジャケットに仕上がっており、映像盤、カヴァー盤の初回盤はそれぞれ縁取りされたカラーが違う三方背BOX仕様となっています。

拡大表示


拡大表示

©TBS

■2020年2月9日(日)配信開始
Uru
「あなたがいることで」

uru-official.com/feature/anataga_irukotode

ドラマ「テセウスの船」
2020年1月19日(日)よりTBS系にてスタート
毎週日曜21:00〜21:54
www.tbs.co.jp/theseusnofune
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015