ニュース

<LIVE福島 風とロックSUPER野馬追>in 郡山!

箭内道彦   2011/09/20 15:34掲載
はてなブックマークに追加
<LIVE福島 風とロックSUPER野馬追>in 郡山!
 福島県の復興支援を目的としたフェス<LIVE福島 風とロックSUPER野馬追(のまおい)>4日目が、9月17日(土)に郡山「風とロックSUPER野馬追メインスタジアム」(郡山市・磐梯熱海スポーツパーク)で開催!

 ステージには、震災のために仙台でのライヴが中止となり“東北で歌いたい”という想いがあったRIP SLYMEがトップバッターで登場。また、13年ぶりとなる福島でのライヴが実現した福山雅治が登場するや、会場のテンションは最高潮に! 新曲「家族になろうよ」はもちろん、福島県三春町の滝桜(日本三大桜のひとつ)を来年も見られるようにと「桜坂」を披露しました。

 地元・郡山出身の西田敏行は「もしもピアノが弾けたなら」を熱唱(西田のファンだったという高橋 優がバックをつとめる)。西田は「俳優“西田敏行”を育んでくれた福島を3月11日以前よりも力を合わせて素晴らしい福島へ」と語り、本邦初公開となる新曲も! 福島県出身のメンバーを擁するTHE BACK HORNサンボマスターTOKYO No.1 SOUL SET、猪苗代湖ズも熱いパフォーマンスで観客をグッと惹きつける。

 EGO-WRAPPIN'AND THE GOSSIP OF JAXXBEGIN、“福島に行きたい”という強い想いからトーク・セッションに参加した(歌声も披露!)長澤まさみ、名古屋のコンサート会場から中継で参加したユニコーン、さらにサプライズ・ゲストして、1974年に郡山で開催された<ワンステップフェスティバル>に出演した内田裕也も登場するなど、豪華な参加アーティストによるパフォーマンスは続き、フィナーレは、全員で「I love you & I need you ふくしま」。福山雅治がアドリブでエレキギターを演奏し観客と共に大きな歌声が会場へ響き渡りました。

 特設フードコート「福島復興ロックンロール食堂」では、ご当地名産のとろろかつ丼、福島産エゴマ豚の串焼きなど福島産の素材を使ったメニューが並び、磐梯熱海温泉旅館組合からは足湯のサービスも。強いメッセージと熱いステージ、そしてフェスならではの楽しみもたっぷりに、<LIVE福島 風とロックSUPER野馬追>4日目は幕を下ろしました。


LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島

LIVE福島
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015