ニュース

矢野顕子オリジナル・アルバム5作品のアナログLP&ハイレゾ化プロジェクトがスタート

矢野顕子   2015/05/11 15:15掲載
はてなブックマークに追加
 矢野顕子のオリジナル・アルバム5作品が、アナログLP盤&ハイレゾ配信で7月と11月に連続リリースされる事が決定。第1弾として、『はじめてのやのあきこ』『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』の2タイトルが7月29日(水)に発売されます。

 2006年3月に発売の『はじめてのやのあきこ』は、当時30周年の節目を迎えた矢野顕子の記念碑として企画されたアルバム。同作のために井上陽水との共作で書き下ろされた「架空の星座」のほか、小田和正槇原敬之YUKI上原ひろみ忌野清志郎といった超豪華ゲストを迎えて制作された全7曲を収録、“30周年を迎えた矢野顕子”が見事に表現されたセルフ・カヴァー・アルバムとなっています。楽曲から歌詞まで各ゲストの特徴に合わせて加えられた矢野顕子流アレンジに注目です。

 『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』は、2009年に惜しまれながらこの世を去ったロック・ミュージシャン、忌野清志郎の楽曲を矢野顕子自ら選曲・レコーディングしたカヴァー・アルバム。全10曲の収録曲中、8曲は『Home Girl Journey』なども制作された米NY郊外のプライベート・スタジオ「PUMPKIN STUDIO(パンプキンスタジオ)」にて弾き語り録音。伝説のエンジニア吉野金次氏の手により仕上げられています。カヴァー作品でありながら矢野顕子オリジナル作品のように聴き手を魅了する内容は、忌野清志郎と彼をこよなく愛した矢野顕子の時空を越えたコラボレーションです。

 全5作品のアナログLP&ハイレゾ音源化では、録音時に込められた繊細なピアノのタッチ、楽曲や歌のダイナミズム、そしてアーティストたちの躍動感が再現され、CDでは感じる事の出来なかった“息吹”を感じる事が出来る内容に。特にアナログLPでは、アナログ・カッティングの第一人者である小鐵 徹氏のカッティングにより“マスターの再現に注力した復刻”ならではの音を愉しめること必至です。

 11月には、コンサートホールで収録された矢野顕子の真骨頂とも言える弾き語りアルバム『音楽堂』、DSDフォーマットで制作され、SA-CDとしてもリリースされている『ホントのきもち』、グラミー賞受賞プロデューサー、T・ボーン・バーネットによるプロデュースで制作された名盤『akiko』の3作品がアナログLP盤&ハイレゾ配信で発売予定となっています。



■2015年7月29日(水)発売
矢野顕子
『はじめてのやのあきこ<数量限定アナログLP盤>』


[アナログLP盤]
YCJW-10002 3,000円 + 税
www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=798&artist_id=61

[収録曲]
01. 自転車でおいで(槇原敬之との共演)
02. 中央線(小田和正との共演)
03. PRESTO(Acoustic Version)
04. ごはんができたよ(YUKIとの共演)
05. 架空の星座(井上陽水との共作・共演)
06. ひとつだけ(忌野清志郎との共演)
07. そこのアイロンに告ぐ(上原ひろみとの共演)

[ハイレゾ配信]
YCCI-10227 2,778円 + 税
単曲価格: 463円 + 税(「ごはんができたよ」を除く)
www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=800&artist_id=61

[収録曲]
01. 自転車でおいで(槇原敬之との共演)
02. 中央線(小田和正との共演)
03. PRESTO(Acoustic Version)
04. ごはんができたよ(YUKIとの共演) *
05. 架空の星座(井上陽水との共作・共演)
06. ひとつだけ(忌野清志郎との共演)
07. そこのアイロンに告ぐ(上原ひろみとの共演)
* アルバムバンドル配信のみ

■2015年7月29日(水)発売
矢野顕子
『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』


[数量限定アナログLP盤]
YCJW-10003 3,000円 + 税
www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=799&artist_id=61

[収録曲]
01. 500マイル
02. 毎日がブランニューデイ
03. デイ・ドリーム・ビリーバー
04. 誇り高く生きよう
05. 雑踏
06. 多摩蘭坂
07. 胸が張り裂けそう
08. 約束
09. 恩赦
10. セラピー
11. ひとつだけ(矢野顕子 with 忌野清志郎)

[ハイレゾ配信]
YCCI-10228 2,778円 + 税
単曲価格: 463円 + 税
www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=801&artist_id=61

[収録曲]
01. 500マイル
02. 毎日がブランニューデイ
03. デイ・ドリーム・ビリーバー
04. 誇り高く生きよう
05. 雑踏
06. 多摩蘭坂
07. 胸が張り裂けそう
08. 約束
09. 恩赦
10. セラピー
11. ひとつだけ(矢野顕子 with 忌野清志郎)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作
[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表
[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015