Kaede 深夜のつぶやき つぶやき3 幸せな幸せなライブのはなし

2019/12/24掲載
はてなブックマークに追加

つぶやき3 幸せな幸せなライブのはなし

 今年も「私をネギーに連れてって」が無事に終わった。これはNegiccoが毎年冬に苗場プリンスホテルで開催している単独イベントで、今年で4年目になる。2日間の開催で、ライブだけでなく、ナイトパーティーや、朝のイベントもある。
 1日目はライブから。サポートメンバーのホーン隊3人(こーせー、ようち、前っち)と、ピアノのsugarbeansさんと一緒に、7人で楽しく幕を開けた。お客さんも幸せそうな表情で、楽しんでいるのが伝わってきて嬉しかった。
 ライブ後はスタッフも含めた全員で夜ご飯。苗場で楽しみにしている時間は実はここでもある。お米が美味しいとか、味噌汁がこんなに美味しいのはなぜなのかとか、みんなで色々話しながら食べる時間はあったかくて好きだ。
 ナイトパーティーはMeguとconnieさんのDJイベントで、Nao☆と私は一曲ずつゲストで歌い(Nao☆のサンタ姿可愛かった)、その他にもMeguの要望で「PERFECT HUMAN」を3人で踊ることになっていた。食事の後、Meguが突然サポートメンバーにも参加してほしいと提案したので、急遽私が振りを教えることに。時間のない中、4人は楽譜まで書いて踊る部分を把握したり(さすが音楽の人だと思った)、出番直前にはNao☆が全員に化粧をしてくれたりして、7人で「PERFECT HUMAN」を踊ってその日は終了した。
 次の日の朝は、Nao☆のオリジナル面白即興ラジオ体操があったり、Meguの指導で「私をネギーに連れてって」という曲を踊ったり、私の企画で、かえるの歌を全員で輪唱したり。こんなゆるい企画でもちゃんと付いてきてくれて、ファンの人は優しいなあと思った。
 最後のライブでは、時々客席に降りて一人ひとりの顔を見ながら歌えたのが楽しかった。なにより、Meguの指導の甲斐あって「私をネギーに連れてって」の振り付けを完璧に踊る光景が見られたことが感動的だった。
 帰りの車中で目を覚ますことはなかった。家に着いて、来年は何をしようと考えながら、ネギを焼いて小腹を満たしてからすぐに眠った。
Kaede
Kaede
Kaede
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』[特集] 半美子、今こそ“心のふるさと”に帰ろう、半美子初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015