ニュース

日本語ラップの作り方に初めてメスを入れた画期的な書籍『ラップのことば』が発売

ANARCHY   2010/03/10 15:55掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
日本語ラップの作り方に初めてメスを入れた画期的な書籍『ラップのことば』が発売
 日本語ラップに衝撃を与えたエキスパートたちによる、歌詞=言葉にまつわる15編のロング・インタビューを収めた書籍『ラップのことば』が4月2日に発売されます。参加アーティストはANARCHYいとうせいこう□□□)、宇多丸RHYMESTER)、K DUB SHINECOMA-CHI、サイプレス上野(サイプレス上野とロベルト吉野)、SEEDASEAMOZeebraDABO童子-T般若、PES(RIP SLYME)、BOSEスチャダラパー)、Mummy-D(RHYMESTER)という錚々たる面々。音楽的なルーツや作詞のルール、曲に込めた想いなど、日本語ラップの作り方に初めてメスを入れた画期的な一冊に仕上がっています。


※4月2日発売
『ラップのことば』猪又孝(DO THE MONKEY)編
(税込2,500円)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015