ニュース

日本語ラップの作り方に初めてメスを入れた画期的な書籍『ラップのことば』が発売

ANARCHY   2010/03/10 15:55掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
日本語ラップの作り方に初めてメスを入れた画期的な書籍『ラップのことば』が発売
 日本語ラップに衝撃を与えたエキスパートたちによる、歌詞=言葉にまつわる15編のロング・インタビューを収めた書籍『ラップのことば』が4月2日に発売されます。参加アーティストはANARCHYいとうせいこう□□□)、宇多丸RHYMESTER)、K DUB SHINECOMA-CHI、サイプレス上野(サイプレス上野とロベルト吉野)、SEEDASEAMOZeebraDABO童子-T般若、PES(RIP SLYME)、BOSEスチャダラパー)、Mummy-D(RHYMESTER)という錚々たる面々。音楽的なルーツや作詞のルール、曲に込めた想いなど、日本語ラップの作り方に初めてメスを入れた画期的な一冊に仕上がっています。


※4月2日発売
『ラップのことば』猪又孝(DO THE MONKEY)編
(税込2,500円)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』
[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』
[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)
[インタビュー] 誰かの音楽と繋がることを恐れない――誰にも似ていないギタリスト、ヤコブ・ブロの謎に迫る[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015