ニュース

「デヴィッド・リンチ: アートライフ」公開記念の過去作特集上映が決定 Tシャツがもらえるスタンプラリーも実施

デヴィッド・リンチ(David Lynch)   2017/12/28 12:39掲載
はてなブックマークに追加
「デヴィッド・リンチ: アートライフ」公開記念の過去作特集上映が決定 Tシャツがもらえるスタンプラリーも実施
 鬼才デヴィッド・リンチ監督が、長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976)の公開に至るまでの若き日々を自ら語るドキュメンタリー「デヴィッド・リンチ: アートライフ」が2018年1月27日(土)より東京・新宿シネマカリテアップリンク渋谷立川シネマシティにてロードショー。これを記念して立川シネマシティとアップリンク渋谷では、過去のリンチ作品を一挙上映する特集上映〈デヴィッド・リンチの映画〉の開催が決定。

 立川シネマシティでは、2018年1月13日(土)から26日(金)まで『イレイザーヘッド』(1977 / 4Kデジタル復元版)、『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』(1992 / 4Kデジタル復元版)、『ロスト・ハイウェイ』(1997 / デジタル復元版)、『マルホランド・ドライブ』(2001 / デジタル復元版)の4作品をベテラン音響家による調整で高音質“極上音響上映”。アップリンク渋谷では2月17日(土)から3月2日(金)まで上記4タイトルに『エレファント・マン』(1980 / デジタル復元版)、『インランド・エンパイア』(2006)を加えた6作品が上映されます。

拡大表示拡大表示拡大表示
拡大表示拡大表示拡大表示

 また、特集上映では「デヴィッド・リンチ: アートライフ」と連動したスタンプラリー企画も実施。アップリンク渋谷、立川シネマシティにて配布されるスタンプカードに「デヴィッド・リンチ: アートライフ」を含むスタンプを4つの集めると、非売品の「デヴィッド・リンチ: アートライフ」限定オリジナル“リンチ”Tシャツをプレゼント。アップリンク渋谷、立川シネマシティ以外での鑑賞者も、半券の提示でスタンプの押印が可能です。詳しくは「デヴィッド・リンチ: アートライフ」オフィシャル・サイトにてご確認ください。

拡大表示拡大表示


映画「デヴィッド・リンチ: アートライフ」公開記念
「デヴィッド・リンチの映画」特集上映


[2018年1月13日(土)〜26日(金)]
東京 立川シネマシティ シネマ・ツー
※極上音響上映
〒190-0012 東京都立川市曙町2-42-26
042-525-1251


[2018年2月17日(土)〜3月2日(金)]
東京 アップリンク渋谷
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル
03-6825-5503


[上映作品]
『イレイザーヘッド』4Kデジタル復元版
『ロスト・ハイウェイ』デジタル復元版
『エレファント・マン』デジタル復元版
『マルホランド・ドライブ』デジタル復元版
『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』4Kデジタル復元版
『インランド・エンパイア』

※上映作品は劇場によって異なります。

「デヴィッド・リンチ: アートライフ」
2018年1月27日(土)より東京・新宿シネマカリテ / アップリンク渋谷ほか
全国順次公開
www.uplink.co.jp/artlife

リンチが紡ぐ「悪夢」はどこから生まれるのか?
『ツイン・ピークス The Return』で再び世界を騒がせる、
映画界で最も得体の知れない監督――その「謎」が「謎」でなくなる、かもしれない。
映像作品のみならず、絵画、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチ。「その頃の僕の世界はとても小さく、近所の数ブロックに全てがあった」
ハリウッドにある自宅兼アトリエで語られる過去。
「恐怖が垂れ込める意地の悪い街」フィラデルフィアでの日常。
その中に潜む「恐怖」「苦悩」は、まるでリンチ作品の登場人物のような姿で私たちの前に現れては消えていく。
アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、アーティストとしての人生に憧れながらも溢れ出る創造性を持て余した学生時代の退屈と憂鬱。
後の『マルホランド・ドライブ』(2001年)美術監督である親友ジャック・フィスクとの友情。
生活の為に働きながら、助成金の知らせを待った日々。
そして、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作『イレイザーヘッド』(1976年)に至るまでを奇才デヴィッド・リンチ自らが語りつくす。


2016年 / アメリカ・デンマーク / 88分 / 英語 / DCP 1.85:1 / 原題 David Lynch: The Art Life

監督: ジョン・グエン / リック・バーンズ / オリヴィア・ネールガード=ホルム(『ヴィクトリア』脚本)
出演: デヴィッド・リンチ

配給・宣伝:アップリンク

[全国共通特別鑑賞券]
2017年11月11日(土)発売
税込1,500円
※当日一般料金税込1,800円のところ

[公開劇場窓口&オンライン限定特典]
イレイザーヘッド付きオリジナル鉛筆 / 1本
※在庫がなくなり次第終了となります。

[販売場所]
オンライン通販「メイジャー」 / 劇場窓口(新宿シネマカリテ / アップリンク渋谷 / ディノスシネマズ札幌劇場 / シネマ・ジャック&ベティ / テアトル梅田 / 元町映画館) / 各種プレイガイド


©Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る
[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”
[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集[インタビュー] ビッグバンドは一生もの!――守屋純子がジャズ100周年を祝う「The 100th Anniversary of Jazz: Legends of Yesterday and Today」
[インタビュー] 新しい風が吹いている――吉田ヨウヘイgroupが『ar』で目指したバンド・サウンド[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015