ニュース

ディーヴォ、20年ぶりのニュー・アルバムを6月リリース

ディーヴォ(Devo)   2010/05/06掲載(Last Update:10/05/31 14:06)
はてなブックマークに追加
ディーヴォ、20年ぶりのニュー・アルバムを6月リリース
 ファン待望の新作がついに! ディーヴォ(Devo)のニュー・アルバムがいよいよ発売に。バンドの公式サイト(http://www.clubdevo.com/)によれば、アルバム・タイトルは『Something for Everybody』(写真)で、6月15日に米国発売されます。日本盤(WPCR-13844 税込2,580円)は6月23日発売。

 本作は、前作『Smooth Noodle Maps(邦題:ディーヴォのくいしん坊・万歳)』(1990年)から20年ぶりとなる新作。アルバムは全12曲入りで、まだ詳細は未定なものの、先日に行なわれた収録曲のファン投票をもとに選ばれる模様。なお、今回よりバンドのトレードマークである段々帽“エナジー・ドーム”の色が青に変更。アルバム・アートワークほかに登場しています。
続報
ディーヴォの最新作、日本盤発売日変更&ボートラ判明
日本盤の発売日が7月7日に変更されました。また日本盤のみのボーナス・トラックとして「ウォッチ・アス・ワーク・イット」が収録されることも判明しました。
[ 2010/05/31掲載 ]
ディーヴォの最新作、詳細判明!
未定であった収録曲が判明!下記に再掲載いたしました。なお、アルバムの制作には、ザ・バード&ザ・ビーのグレッグ・カースティンをはじめ、ダスト・ブラザーズのジョン・キング、スウェーデンのエレクトロ・グループ、テディーベアーズ、Santigoldらが参加しています。
[ 2010/05/14掲載 ]


『Something for Everybody』

[収録曲]
1. Fresh
2. What We Do
3. Please Baby Please
4. Don't Shoot (I'm A Man)
5. Mind Games
6. Human Rocket
7. Sumthin'
8. Step Up
9. Cameo
10. Later Is Now
11. No place Like Home
12. March On

【日本盤ボーナス・トラック】
13. ウォッチ・アス・ワーク・イット
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル
[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015