ゆら帝・坂本のリミックスも収録。さらなるクリエイティヴィティが発揮されたStoned Green Applesの2ndミニ・アルバム

2009/04/23掲載
はてなブックマークに追加
ゆら帝・坂本のリミックスも収録。さらなるクリエイティヴィティが発揮されたStoned Green Applesの2ndミニ・アルバム
 ギター&ヴォーカルのAyaと、ドラム&ヴォーカルのCassによるレディース・デュオStoned Green Apples。2008年4月にリリースしたデビュー・ミニ・アルバム『A red strange fruit was crushed with a little plosive sound, then it left me a green one. i bite it once in a while when it rains.』で天真爛漫なハードコア・サウンドを披露し、各方面で話題を呼んだ彼女たちが約1年ぶりとなる新作『Will You Marry Me?』を発表する。坂本慎太郎(ゆらゆら帝国)によるリミックスを含む今作について、ふたりに話を訊いた。
 
 AyaとCassによるレディース・デュオStoned Green Apples(以下、SGA)の新作『Will You Marry Me?』には、彼女たちなりの楽しみ方の過程だったというデビュー以来の活動の成果が充ち満ちている。
 「最初のレコーディングのときはいろんなことを参考にしたり、具体的にこんな風にという準備をしたんですけれど、今回のレコーディングに関してはもっと自然にやって、自然にこうなったって感じがしますよね。とりあえずある曲を今のテンションでやってみたら、こういう曲になった」(Aya)
 「最初はあんまり作りこまないで、というのがあったのでシンプルな感じを目指してやったところもあったし。今回のアルバムは、そこまでレコーディングのときに意識していなかった。もともとあったアイディアをふたりでスタジオに持ち寄るという作り方は変わっていない気がします。まとまるのはここ(クルーエル・レコードのスタジオ)なんじゃないかな」(Cass)





 「よくわからない部分を作りたかった。曇っている空みたいなものが入っていると詞とよく合うんじゃないかと思って」(Cass)「この曲に関してはパワフルだけれど丸みのある音は出ているような気がする」(Aya)と、録音されたピース・ミュージック(※ゆらゆら帝国らが録音を行なっている東京郊外のレコーディング・スタジオ)のアンビエンスを活かしたかったと語るカオティックでイマジネイティヴな「CAI」、クルーエル・レコードのコンピレーション『The Future is Yours』に収録されていたエイコンfeat.スヌープ・ドッグのカヴァーのニュー・ミックス「I Wanna Fuck You(2009 Mix)」、原曲のサイケデリアをあっけらかんと暴きだす、ゾンビーズのカヴァー「ふたりのシーズン」、アメリカの学園映画をイメージしたという「Lipstick」など、サウンドの広がりとともに、さらに伸び伸びとクリエイティヴィティが発揮されている。そしてふたりが敬愛し、オファーのアイディアを出したゆらゆら帝国によるリミックス「Sugar K(Yura Yura Teikoku Remix)」は、かねてからガール・ポップに潜むマッドなテイストを愛してきた坂本慎太郎による、このところのディスコ・モードが全開になった、実にらしい仕上がりだ。
 「ドラムとギターだけだから、このコードで、と合わせる必要がないじゃないですか。だからより立体的に作れる。ライヴをするのも曲になるし、レコーディングするのも曲になるんですけれど、レコーディングは思っていることを文章に書くみたいな、“あ、こういうことを考えていたんだ”みたいなことが分かる感じがする」(Aya)
 ニューヨーク、ブルックリン界隈のローファイ/シューゲイズ・リバイバルの流れ、DFAがリミックスするインディ・バンドのアシッド感、レフト・フィールドなディスコ/ハウスの新たなフェーズ……SGAのサウンドとたたずまいはそうした、さまざまなリンクを想起させるけれど、クリエイターたちにとってのアイディアの触媒装置としてのガーリー感とはいささか異なるような気がする。「〈Girl's Don't Marry〉はインディペンデントを目指す女性へのSGAからの表明ですか?」という質問を笑って否定するが、ガレージーなサウンドに〈Girls〉〈Don't〉〈Marry〉という単語連呼する、そのカンペキな音のフォルムをふたりは、たしかに皮膚感覚として持っているのだろう。『Will You Marry Me?』には結果として、ダイナミックなガレージネスが、なんらかの枠組みにもたれかかったりすることのない音と存在感として、ごくナチュラルに浮かび上がってくる。


取材・文/駒井憲嗣(2009年4月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015