より深く、より衝動的に──ロック・バンドとしてさらなる進化を遂げた、凛として時雨の3rdアルバム『just A moment』

2009/05/08掲載
はてなブックマークに追加
より深く、より衝動的に──ロック・バンドとしてさらなる進化を遂げた、凛として時雨の3rdアルバム『just A moment』
 3ピース・バンドとは思えない重厚なバンド・アンサンブルと、心に渦巻く混沌とした激情をひんやりとしたタッチで描きだす独自の詞世界、そして観るものを圧倒してやまないアグレッシヴなライヴ・パフォーマンスで多くのロック・ファンから支持を集めている凛として時雨。彼らが1年9ヵ月ぶりとなるニュー・アルバム『just A moment』を完成させた。アコースティック・ギターを大胆に導入した感じられる今作について3人に話を訊いた。


 現在のギター・ロック・シーンにおいて彼らほどその異端ぶりとポピュラリティを同居させるバンドはいないかもしれない。攻撃的なライヴ・パフォーマンスと、完成度の高い楽曲、そして醸し出される陰陽を兼ね備えた世界観で、凛として時雨は状況を、そして聴くものの意識を切り裂いていく。全1曲にして16分にも及ぶシングル「moment A rhythm」に続くニュー・アルバム『just A moment』は、飢餓感にも似たリスナーの期待と想像を越える作品となった。


 「音の質感や曲の感触は、前作のほうが粗い印象はあるかもしれない。でも実は今回の方が意外と衝動的に、駆け抜けるように録音していったんです。今までとはまた違った独特の冷たさを感じますね」 (TK/vo、g)
 「今回は声を張らないで歌う曲がけっこうあって。他にもアコギの曲だったり、〈a 7days wonder〉とか、挑戦といえばそのくらいですね」 (345/b、vo)
 「僕はそこまで意識してチャレンジしようというのはなかったんですけれど、以前の作品と比べて、よりサウンドがシンプルになってるのかなとは思います」 (ピエール中野/dr)
 すでにライヴでプレイされているアコースティック・ギターを大胆に導入し、バンドの持つ疾走感をさらにダイナミックにおしひろげた「Tremolo+A」をはじめ、J-POPへのクレイジーなアンサー・ソング「JPOP Xfile」など、カットアップ的とも変態的とも形容される変則的な構成と超絶かつ鬼気迫るアンサンブルはキャパシティを拡張。他にも複雑に絡み合う楽器の鳴りから、これまでなかったのが意外なほどのインスト「a over die」については、「ギターを重ねることなく、1本でどうやって聴かせるかというのを考えていて、それでしかできない、音の物足りなさというのがすごくこの曲に関してはいいと思っていて。かなり生に近い状態ですけど、それでも時雨らしさというのはあるんだなって」 (TK)と語る。その“時雨らしさ”とは、レコーディングやミックスに至るまでを手がけるTKを中心にこの3人が音を鳴らすときの衝動、音が立体化していく過程のスリルに他ならない。彼らがしばしばモチーフとするハカイ=破壊というイメージは、痛みを伴った妄想や悲しみに満ちた情景をフレームに収めながら、ポップ・ミュージックとしての態度を忘れない時雨の最たる魅力である。
 「言葉ひとつにしても、明確なイメージを持っているときとそうでないときがあるんです。100パーセント明確な意図がなくても、そこにその言葉がある理由が必ずあって。時雨の歌詞には、真っ暗なところで何かが鳴っていて、そこに一瞬光が差し込むような感じを持っているんです。それがどういう意味かは完全に汲み取ることができないと思うけれど、聴いている人それぞれが描いてもらってぜんぜん構わない。でも、突き放すだけじゃない歌詞ではあるのかな、と自分では思っているんです」(TK)


取材・文/駒井憲嗣(2009年4月)



〈凛として時雨 TOUR 2009 last A moment〉


●5月21日(木)
●東京・渋谷AX
●開場18:00/開演19:00
●料金:前売り/\3,500 (ドリンク別) 
●問い合わせ:ホットスタッフ 03-5720-9999

●5月23日(土)
●新潟LOTS
●開場17:00/開演18:00
●料金:前売り/\3,500 (ドリンク別) 
●問い合わせ:キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100

●5月24日(日)
●金沢EIGHT HALL
開場17:00/開演18:00
●料金:前売り/\3,500 (ドリンク別) 
●問い合わせ:スマッシュイースト 011-261-5569

●5月29日(金)
●北海道・札幌PENNY LANE24
●開場18:00/開演19:00
●料金:前売り/\3,500 (ドリンク別) 
●問い合わせ:ホットスタッフ 03-5720-9999

●5月31日(日)
●宮城・仙台JUNK BOX
●開場17:00/開演18:00
●料金:前売り/\3,500 (ドリンク別) 
●問い合わせ:ノースロード 022-256-1000

●6月3日(水)
●香川・高松オリーブホール
●開場18:00/開演19:00
●料金:前売り/\3,500 (ドリンク別) 
●問い合わせ:デューク高松 087-822-2520

●6月5日(金)
●広島CLUB QUATTRO
●開場18:00/開演19:00
●料金:前売り/\3,500 (ドリンク別) 
●問い合わせ:キャンディープロモーション広島 082-249-8334

●6月6日(土)
●福岡DRUM LOGOS
●開場17:00/開演18:00
●料金:前売り/\3,500 (ドリンク別) 
●問い合わせ:キョードー西日本 092-714-0159

●6月13日(土)
●大阪・なんばHatch
●開場18:00/開演19:00
●料金:前売り/\3,500 (ドリンク別) 
●問い合わせ:清水音泉 06-6357-3666

●6月14日(日)
●愛知・名古屋ダイアモンドホール
●開場17:00/開演18:00
●料金:前売り/\3,500 (ドリンク別) 
●問い合わせ:ジェイルハウス 052-936-6041

●6月21日(日)
●東京・Zepp Tokyo
●開場17:00/開演18:00
●料金:前売り/\3,500 (ドリンク別) 
●問い合わせ:ホットスタッフ 03-5720-9999
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015