フジロックでオーディエンスを熱狂させた、コンゴの音楽家と西洋のロッカーズによるライヴ・プロジェクト

2011/08/24掲載
はてなブックマークに追加
 ワールド・ミュージック勢が大充実していた今年のフジロック。なかでも、ほとんどの人がノーマークだったにもかかわらずオレンジコートを満杯にし、ぬかるみをモノともせずに観客を踊らせたのが19人編成のコンゴトロニクスvsロッカーズだった。その名が示すとおり、コンゴの音楽家たちと西洋のロッカーズたちによるこのプロジェクト、もともとはコノノやカサイの音源を元に、各国の26組のアーティストがそれぞれにリメイク/カヴァーした2枚組アルバム『コンゴトロニクス世界選手権』から始まった。音源データをインターネットでやり取りすることで完成したアルバムに対し、その次のステップがライヴ・バンド“コンゴトロニクスvsロッカーズ”である。

 メンバーはコンゴ勢には電気親指ピアノ人力トランス楽団コノノNo.1と、木琴やエレキ・ギター、スリットドラムなどを用いた大所帯楽団カサイ・オールスターズからの精鋭。一方のロッカーズにはアルゼンチンのフアナ・モリーナ、US/日本のディアフーフ、ブルックリンのスケルトンズ、スウェーデンのワイルドバーズ&ピースドラムスらが名を連ねる。こんな一癖も二癖もある連中が全員で奏でる音はトランシーなコンゴ民俗憑依音楽あり、ミニマルなポスト・ロックあり。ことにスライ・ストーンからトーキング・ヘッズアクサク・マブールヴァンパイア・ウィークエンドに至る西洋人の実験的アフロ・ファンク・サウンドがこだましているように聴こえた。

 創業31年を迎えたベルギーの老舗レーベル“クラムド”にてコンゴトロニクス・シリーズをはじめ、数々の作品に関わってきたプロデューサーで、今回ベーシストとしてこのバンドにも参加したヴィンセント・ケニスに話を聞こう。
(C)プランクトン
――アルバムにはさまざまなジャンルの音楽家が参加していましたが、最終的にこのメンバーになった理由は?
ヴィンセント・ケニス(以下同)「コンゴの音楽家にとっては歌詞やヴォーカルが重要なので、アルバムの中のDJ的なリミックスやダビーな曲には関心が低かったのです。逆にフアナとディアフーフは同じ曲を使って、まったく違う曲を作っていました。フアナが作ったメロディとディアフーフのダイレクトなギター・サウンドはコンゴ側に好評だったので、共同作業するにはこのメンバーがよいと思いました。アルバムは西洋人ロッカーズ側からコンゴ側へのあくまで一方通行的だったのに対して、ライヴは双方向的です」
――コンゴ側とロッカーズたちの共同作業、考えただけで気が遠くなりそうですが、どのような形で進めたのですか?
「まず私がキンシャサに行ってコンゴの音楽家を選抜しました。次にキンシャサからロッカーズたちにMP3のデータを送りました。その後、彼らの音がキンシャサに返信されてきて、それをコンゴ側に聴かせて、インスピレーションが湧くか、使えるか判断してもらい、さらにそこに音を乗せてロッカーズに送る。そんなやりとりを5週間続けました。コンゴの音楽家たちが外国からの音に対してどう対応するかが重要でした。国営ラジオでは40年近くも外国の音楽が禁止されていたので、彼らにとっても外国の音楽に触れるのは大きな機会だったと思います。

 5週間のキンシャサの後、ブリュッセルで全員が合流し、最初のコンサートに向けて5日間の合宿を行ないました。正直なところ、みんな初対面、しかも大観衆が待っている。コンサートなんて本当に大丈夫なのかという危惧はありました。しかし、メンバー間で言葉が通じなかったのがポジティヴに働きました。言葉ではなく音楽で交流しなければならなかったからです。コンゴのリズムがシンプルすぎてロッカーズたちがなかなかついて行けなかったのですが、でもライヴが始まる頃にはすべてが魔法にかかったように、すべてが大きな塊のようになって進んでいきました。それは考えすぎるのを止めたからだと思います。そのきっかけとなったのはコンゴの女性歌手がリズムに合わせて身体を動かすダンスでした。ロッカーズたちは彼女のダンスを見て、リズムを受け入れ、それからは堰を切ったように進み始めました」


(C)プランクトン


――最初のコンサートの反応は?
「すごくポジティヴな結果になったと思います。これだけの人数が団結出来たし、これだけ離れた異文化同士が音楽を通じて対話が出来たのですから。観客も、私たち自身がステージ上で楽しんでいたのを感じてくれたと思います。その後、19人で再び5日間合宿して、今度はゼロから新曲を作りました。そして6月から世界ツアーをスタートさせ、フジロックまで5週間うしろを振り返る間もなく続けてきました」
――19人編成のバンド活動はフジロックにて一旦終了と聞きました。フジの観客の間では、知らずに観たコンゴトロニクスがベストの公演だったというツイートをたくさん見かけましたよ。
「本当に嬉しいことです。まだはっきり申し上げられることはないのですが、なんらかの形で続けていきたいとは思っています。“双方が同じ立場に立った異文化交流と実り豊かなコラボレーション”こそクラムド・ディスクの創業以来の哲学です。このプロジェクトはクラムドの集大成となったのと同時に、ワールド・ミュージックのあるべき見本となったと思います」
取材・文/サラーム海上(2011年8月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く
[インタビュー] 自然に感じたまま表現すればいい――荘村清志、デビュー50周年の集大成『シャコンヌ』[インタビュー] 活動11年目のTSUKEMENが“いい大人”へのスタートとなる新作『時を超える絆』をリリース
[インタビュー] 世にも美しい“切れ目の戯言”――ATOSONE(RC SLUM / Boutique Strange Motel)[インタビュー] ローカルな個性とグローバルな普遍性 FOUR HORSEMEN『FOUR HEAVENLY KINGS』
[インタビュー] リストのあらゆる側面を伝えたい――金子三勇士『リスト・リサイタル』[インタビュー] 追い求めていくことと打ち砕かれてしまうこと ドキュメンタリー映画「STANDARD」
[インタビュー] 音で聴く回想録 KERA『LANDSCAPE』[インタビュー] CUBERS 注目の5人組ボーイズ・グループ つんく♂作「メジャーボーイ」でメジャー・デビュー!
[インタビュー] Ryo Kobayakawa、NEI、COVAN――名古屋市南区発ヒップホップ・クルー“D.R.C.”を紹介する[インタビュー] 強さと美しさを追い求めて――ベッド・インが初のカヴァー・アルバム『Endless Bubble』を発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015