[PC Audio Extra]ワイヤレス再生も楽しめるハイセンスなD / Aコンバーター――ATOLL DAC200

2013/04/10掲載
はてなブックマークに追加
ワイヤレス再生も楽しめる
ハイセンスなD / Aコンバーター
ATOLL DAC200
オープン価格 200,000円前後

■デジタル入力: 光 x 3 / 同軸 x 2 / バランス x 1 / USB x 1 ■アナログ出力: 2系統(RCA / XLR) ■デジタル出力: 光 x 1 / 同軸 x 1 ■外形寸法: 440W x 60H x 280Dmm ■重量: 4kg
※お問い合わせ: ディナウディオ・ジャパン(株) www.dynaudio.jp
送信機が付属し、面倒な設定も必要ない
 フランス、ATOLL(アトール)社のオーディオ機器はシンプルで美しく、個人的にはコンポの王道をゆくメーカーのひとつと認識している。USB-DACとて例外ではなく、いわゆるフルサイズの薄型デザインは、厚いパネルやしっかりした筐体を含め、むしろ高級プリアンプを思わせるものである。姉妹機の「DAC100」の評判も上々だったが、同社のDACに関する実力を証明するのが、その後継機「DAC100se」と「DAC200」だ。今回PCオーディオの一環として取り上げるDAC200が、いかほどの音を聴かせてくれるのか、誰しも興味があることだろう。
 試聴前に簡単に機能や特徴をご説明しておくと、DAC200は、100をさらに高機能化。DACチップには定評あるバーブラウンのPCM1972を採用している。特筆されるのはその入出力端子の豊富さ。入力だけでもUSB以外に光が3系統、同軸2系統、XLRバランスが1系統あり、実際、ちょっとしたデジタルプリアンプとして使えそうだ。そして、ワイヤレス再生に対応していること。パソコン側がワイヤレス仕様でなくても、付属のUSBドングル(送信機)を挿し込めば、そちらの音楽コンテンツをDAC200本体が受信して再生できる。
USBドングル(送信機)が付属。
これをPCのUSB端子に装着するだけで、
PC内の音楽データをDAC200にワイヤレス送信できる。
 まず、MacBook Airにつないで、通常のUSB-DACとしての実力を検証してみた。Macの場合、特別なドライバーソフトは必要なくUSBにつなぐだけで認識する。サウンドコンパネに「ATOLL USB Audio 2.0」と表示されるので、それを選ぶだけ。Audirvana Plusで192kHzと96kHz/24bitのハイレゾ音源を聴いてみたが、物凄く音が厚く(重たいという意味ではない)、すべての音を出し切るような感じの密度の濃い鳴り方である。しかも、音に躍動感があるのに驚いた。DAC200では、新たにパネル前面にヘッドフォン端子が設けられた。自前のヘッドフォンで聴いてみたが、きわめてハイスピードで、かつ厚い音が飛び出してくる。これより高価なDACに、勝るとも劣らない素晴らしい音である。据え置き型のヘッドフォンアンプとしてもお薦めで、ミニジャック仕様なのも大いに歓迎されるはずだ。
 次にMacProにUSBドングルを挿し込み、ワイヤレスで再生してみた。これもサウンドコンパネに「USB Audio DAC」と表示されるので、それを選ぶだけ。ドングルはあらかじめDAC200本体とペアリング/マッチングが取れているので、煩雑な設定などはない。もし同社の他のドングルをお持ちなら、再設定する必要がある。USB経由のワイヤレス再生の場合、対応できるファイルは上限48kHzまでだ。ハイレゾはやや厳しいが(ダウンコンバートされる)、CDやiTunesなどでの圧縮音源が非常に良い音で聴けたのには参った。家庭内LANが必要ないし、AirPlayなどとはまた違った意味で、便利な機能だ。これはDYNAUDIO(ディナウディオ)の「Xeo(シオ)」などとも共通する無線の使いこなしといえる。なお、同社の他製品も操作可能な付属リモコンは、スマートで質感もよい。さすがはフランス生まれである。
試聴・文 / 大塚康一
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015