生々しい感情がスパークした阿部真央の3rdアルバム『素。』が完成!

阿部真央   2011/06/02掲載
はてなブックマークに追加
 阿部真央の3rdアルバム『素。』(す)が完成した。自らの“素”である、痛みや苦しみといった感情を激情ほとばしるままに歌い上げた今作。とはいえ、この手の作品にありがちな、作り物のような感情吐露や自己憐憫めいた感覚は一切皆無。作品全編にわたり彼女の生々しい感情がスパークしていて、ひとつひとつの音と言葉がゴツゴツと礫のように激しく心を打ちつけてくる。自らの内面をディープに掘り下げた今作について阿部真央に話を訊いた。


――3rdアルバム『素。』が完成しました。直球この上ないタイトルが作品の内容を如実に物語っていますね。
 阿部真央(以下同) 「そのまんまですね(笑)。今回は1枚目とか2枚目のアルバムに比べて、自分が抱えてる苦しみとか葛藤がストレートに表れてるような曲が多くて。収録されてる曲はデビュー後1〜2年の間に書いた曲ばかりなんですよ。中には高校時代に書いた曲もあったり。最近書いた曲は、最後に収録されている<光>だけです」
――ある意味、蔵出し的なアルバムというか。あえて、お蔵入りさせていた曲をこのタイミングで発表しようと思ったのは。
 「痛みや苦しみを書いた曲をデビュー早々出しても聴いてくれる人に伝わらないと思ったんです。阿部真央という存在に興味がない人にとっては本当にどうでもいいことだし(笑)。1枚目、2枚目のアルバムは、私の唄をより多くの人に聴いてもらうための名刺代わりみたいなイメージだったんで。……あとは全国ツアーをやったりして、新しい曲を書く余裕がなかったっていうのもあるんですけど」
――そういう理由も(笑)。
 「はい(笑)。でも2枚のアルバムを出すことで、阿部真央という歌手の存在をいろんな人に知ってもらった今のタイミングで、今回みたいなディープなアルバムを作るのもいいのかなと思って。正直、作る前はボロクソ言われるんじゃないかと思ってたんですよ。でも意外にみんなボロクソ言わないんだなーって」
――いやいや(笑)、むしろ阿部さんの表現者としての核の部分がハッキリ伝わってきて、今までの作品に比べても、グッとくるポイントが多かったような気がしますけど。
 「本当ですか? ありがとうございます」
――たとえば5曲目の「なめとんか」の歌詞の<都合いいのね… …なめとんか?>って箇所とか、あと、6曲目の「ヤだ」の<好きになれないよ… むしろヤだ…>って箇所とか、すごくツボで。<… …なめとんか?>とか、<… むしろヤだ…>って言葉をダメ押し的に入れてるところがすごくいいと思ったんですよ。あえて、言わなくてもいいような言葉を(笑)。
 「ははははは。確かにそういうところありますね! 最後の最後にトドメを刺す感じ(笑)。これは、もう性格でしょうね。普段からそうなんです。喧嘩して、うわーって言い合いしたときも、最後の最後に“アンタなんかいらない!”とか、言わなくてもいいことを言っちゃって(笑)。言われてみれば、そういうところに、私っぽさが出てるのかもしれませんね。それは新しい視点かも。おもしろい(笑)」
――歌詞として成立させようとしてるんだけど、ぎりぎりブレーキが間に合わないで壁に激突しちゃってる感じというか(笑)。そういう部分にグッときました。
 「自分の中で、“素直でありたい”っていう気持ちが常にあるんですよね。だから、歌詞を書くときも、自然に湧き上がってくるエグみみたいなものを、どうしても入れたくなって。そこをちゃんと言わないと、聴いてくれる人にメッセージが届かないような気がするんです」
――曲を書くときは、ネガティヴな体験がモチーフになったりすることが多いんですか?
 「圧倒的に多いですね。でも、最近はちょっと変わってきたかな。ハッピーなことだったり、ただただ楽しい瞬間を曲にしたいという気持ちも出てきて。たぶん去年、全国ツアーをやったり夏フェスに出たことが大きかったんだと思います。ライヴで直接お客さんの反応を目の当たりにしたことで、愛されてるんだなという実感が沸いて。みんなが“阿部真央が考えていること”を待っていてくれているのが分かったんです。それまでは、“私が、私が”みたいな感じで、一方的に共感を求めているような感じだったんですけど、今はハッピーな時はハッピーなことを歌ってもいいんじゃないかって思えるようになって。少しだけ肩の力が抜けた気がします」
――ちなみに今回のアルバムでディープな“素”の部分を出したことで、すっきりした気持ちはありますか?
 「すっきりはしてないです(笑)。たぶん、心の奥にあるモヤモヤした気持ちってこれからもずっと続いていくと思うし、それって現状に満足できないっていう気持ちにも繋がっていると思うんですよ。ただ最近は、本当に悩んでいた時期を乗り越えたからこそ、今の自分があるとも思えるようになったんです。そういう意味では、これからの自分にとって、すごく大事なアルバムになるんじゃないかと思うんですね」
取材・文/望月哲(2011年5月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マイアミ・ソウルの秘宝クラレンス・リード TKプロダクション期をコンパイル [対談]黒田大介×the Shark[インタビュー] kiki vivi lily 豪華メンバーが集結した待望のニューEP
[インタビュー] 今、最も目が離せない!ガールズ・バンドの急先鋒、THE LET[インタビュー] “沖縄の音楽”を今の視点でアーカイヴ化。5枚組ボックス・セット『沖縄の音楽 記憶と記録』
[インタビュー] 浅利史花  気鋭のジャズ・ギタリストが、伝説のギタリスト、エミリー・レムラーに捧げる新作を発表[インタビュー] 紫 日本のロックの礎を築いた沖縄のバンドが、Char、BOWWOW G2とともに伝説のライヴを再現
[インタビュー] 走り続けるtha BOSS、2作目のソロ・アルバム完成[インタビュー] KERA、還暦記念ライブ直前インタビュー(よりぬき版)
[インタビュー] illiomote 新たなモードのサウンドを詰め込んだEP[インタビュー] ピアノYouTuberみやけん 待望の3rdアルバム!
[インタビュー] 加古 蓮/袈福新映像を追加した〈NHKスペシャル「映像の世紀コンサート」〉の聴きどころ見どころ[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015