シンガーとしての魅力を日々更新中の17歳、秋山奈々が語るニュー・シングル「同じ星」とは?

秋山奈々   2007/09/18掲載
はてなブックマークに追加
 きらめくばかりのピュアな存在感、デビュー以来、さまざまなフィールドへと活躍の場を広げている秋山奈々。シンガーとしても鮮烈な作品を披露してきた彼女が、初の3曲入りシングル「同じ星」を9月19日に発表する。創作意欲に溢れる“チャレンジ”が詰まった本作について、語ってもらった。


 気がつけば昨日とは違った場所で、同じ笑顔で微笑んでる。そんなふうに女優として、シンガーとしての魅力を日々更新中の秋山奈々。今年4月にファースト・アルバム『光と影のパレット』を発表したばかりの彼女が、早くもニュー・シングル「同じ星」を届けてくれた。もともと星や空が大好き。学校で写真部に入っていた頃には、空の写真を撮ったりもしていたという彼女にはピッタリのタイトルだ。

「夢を追いかけて離れていってしまった親友とか、そんな大切な相手のことを遠くから想う歌なんです。私はサビの“君がいる遠い街/この場所で同じ星”っていう歌詞がすごく好きで。遠く離れていても空を見上げれば同じ星が見えて、それで繋がっていることを感じられる。そんな幸せな気持ちを思い浮かべながら歌いました」



【プレゼント】

秋山奈々 直筆サイン・メッセージ入りチェキ/5名様



 満天の星空の下、思いきり深呼吸したくなるような透き通ったメロディに、彼女のナチュラルな歌声が映えるこの曲。そこには彼女の秘かな挑戦があった。

「聴くぶんにはスッと入ってくるメロディなんですけど、いざ歌うとなると急に音程が下がったり、ファルセットになったり、かなり難しい歌なんですよ。でも春にアルバムを出して、もっとその先に行きたいっていう気持ちがあったので、曲に負けないように必死でした」

 曲を書いたのは彼女とは相性のいいソングライター、山本健太郎。今回はもう一曲「やわらかな痛み」を提供しているが、初めて曲を聴いた秋山が「この音は出ないでしょ〜!」と思わず怯んだバラードだ。

「でも、歌ったら出ちゃったんですよね(笑)。山本さんの歌って難しいんですが、私には合ってるみたいで。自分に入っていきやすい歌なのかな。歌詞も“なんで私のことがこんなにわかるんだろう?”って思うくらい気持ちが入るんです。私を子供の頃から見てたんじゃないかと思うくらい」


 そして、もう一曲。これまた彼女にとってチャレンジングなナンバーが、坂本真綾のカヴァー「走る」だ。作曲は菅野よう子。ここではギター・ポップを思わせるキラめくようなアレンジが印象的だ。

「原曲を聴いたときはポップで、音が一個一個弾むような感じが伝わってきたので、それを再現しようと思ったんです。でもアレンジが疾走感がある感じに変わったので、逆にそっちに合わせて自由に歌いました。自分なりの“走る”が歌えればなって」

 そんな“自由な気持ち”は、伸びやかな歌声となってシングル全曲から伝わってくるようだ。「3曲だけどアルバムじゃないかって思うくらい、いろんな色があるシングル」と彼女自身が感じているように、本作では変化し続ける彼女のいろんな面が味わえるはず。

「小学生の頃から声が低くて、ちょっとコンプレックスだったんです。でも歌を始めるようになってから、私のこの声って誰も持っていないんだな、って気づくようになって。それからは自分のチャームポイントだと思ってます。最近は最初の頃より、声を自由に使えるようになってきて嬉しいんですよ」

 ちなみに現在ギターを練習中らしく、「手が大きいので、結構コードを押さえられちゃうんですよ。初めて手が大きくて良かったって思いました」とニッコリ。またひとつ、彼女の新しい魅力が生まれそうだ。


取材・文/村尾 泰郎(2007年8月)



【インストア・イベント/Cafe de NANA】
・9月19日(水)19:00 石丸電気SOFT1 3F
「Cafe de NANA vol.15〜マスター続投決定の巻」

・9月22日(土)13:00 石丸電気SOFT2 8F
「Cafe de NANA vol.16〜同じ星より愛をこめて」

・9月23日(日)18:00 石丸電気SOFT1 3F
「Cafe de NANA vol.17〜今夜はバラード・ナイト」

・9月24日(月)13:00 石丸電気SOFT2 7F
「Cafe de NANA vol.18〜ライヴハウスNANA?」

※残りの日程については後日発表。
※入場方法その他、詳しくは石丸電気まで。
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015