【AUDIO GIRL】“自給自足アイドル”BiSのiPhone4専用バッテリー内蔵ヘッドフォンアンプ体験

BiS(新生アイドル研究会)   2011/12/09掲載
はてなブックマークに追加
 唯一無二の世界観とソリッドなデジタル・ロックで活動してきた“ニューエイジロックアイコン”プー・ルイが、ふと「私がやりたかったのはアイドル・グループ!」と思い立ちソロ活動を休止、オーディションで3人のメンバーを得て結成したのがBiS(Brand-New Idol Society=新生アイドル研究会)。自給自足の活動を身上とする孤高(?)のアイドル・グループだ。今回はメンバーのなかでも音楽好きのナカヤマユキコ(通称ユケ)とヒラノノゾミ(通称のん)にベンチャークラフト社のiPhone専用バッテリーアンプGo-Dapを試聴してもらった。
ヒラノノゾミ(のん / 左) & ナカヤマユキコ(ユケ / 右)
 アイドルと言い張っているグループです(笑)
“自給自足”というアイドルには似合わない肩書きの付くBiSとはどんなグループなのだろう。
ユケ 「アイドルになりたいと思っている女の子が集まってアイドルを研究し、アイドルになろうとがんばっているグループです。でもアイドルじゃないと言われるので、アイドルと言い張っているグループです(笑)。自給自足なのでやりたいことがすべてできるのが強み。ほかのアイドルさんは制約があると思うんですが、BiSは好き放題やれて楽しいです!」
のん 「ユケはBiSの特攻隊長で、すべてのブッキングをやってくれています。私は引きこもり担当で(笑)、BiSに入る前は家でいろいろな音楽サイトをずっと見たり聴いたりしてました」
その言葉通り、BiSのPVは実に個性的で、8月に出たシングル「My Ixxx」のPVはネットで話題騒然となった。
ユケ 「PVは普通じゃないですね(笑)。“nerve”はバレットタイム(映画『マトリックス』風回り込み映像)、“BiS”は山手線の車内清掃、“パプリカ”はディープキス、“My Ixxx”では全裸! BiSは変わった女の子ばかりなので、アイディアが出ると面白がってやってしまうんです」
のん 「ユケは頼りがいがあるので、“やろう!”と言われたら、ついていけば大丈夫と思っていつもやってます(笑)。でもBiSの曲はホントにカッコいいので、いいPVになっていると思いますよ」
ユケはBiS以前にはロックバンドで活動し、のんは洋楽を中心に幅広い音楽知識を持つという音楽通。最近は研究のためアイドルの曲も聴くけれど、今いちばんよく聴く音楽はやはりBiSの「My Ixxx」ということで、iPhoneにセットして一体化するバッテリーアンプGo-Dapで体験してもらった。初めてのアンプ体験にユケものんもドキドキ!?
 今まで聴いてきた曲を全部Go-Dapで聴き直したい
ユケ 「これスゴいですね、いつも聴いてるのに音が全然違う! ものすごくクリアになっていて、いろんな音が聴こえてきます!」
「これすごい!」とGo-Dapを聴くユケとのん。
のん 「ライヴのときの大きなスピーカーでしか聴こえてこないような楽器や電子音のひとつひとつがイヤフォンでも聴こえてきました! 自分たちの曲なのに新鮮です」
ユケ 「ライヴのときと同じような音が体験できるから、イメージ・トレーニングにも使えるし、ライヴ前のモチベーションをあげるのにいいと思う」
のん 「全部の音が聴こえてくるから、リズムをとる勉強にもなりそう」
Go-DapはMP3など圧縮された音を補正する機能も付いているので、より迫力もありながらさらに繊細な音を再生してくれる。いつも聴きなれた曲の新たな音にふたりとも大はしゃぎ! このGo-DapにはiPhoneと同等のバッテリーが内蔵されているので、通常の倍の時間を再生できるのも特徴。
ユケ 「この音が出て、このサイズなら持ち運びも楽ですね。地方のライヴに行くときは移動が長いので、ずっといい音で聴きながら移動できるかも」
のん 「最初はちょっと重いかなと思ったけど、持っているうちに手に馴染んできました。これ欲しいです(笑)」
iPhone4を装着した状態の前面(左)と後面。
余分な凹凸もなくとてもすっきりと収まる。この状態でもカメラレンズはふさがないので写真撮影も行なえる。
BiSのファースト・アルバム、シングル「My Ixxx」と次々にGo-Dapで聴くふたり。驚きと感動が表情に表われる。
ユケ 「いちどGo-Dapで聴いてしまうと、今までの音はちゃんと耳に入ってきていなかったような気がしてしまいます。今まで聴いてきた音楽をこれでもう一度全部聴き直してみたくなるかも」
ヘッドフォン端子からは光デジタル出力も
出ていて、iPhone 4内の楽曲をデジタル
データのまま外部に出力可能。
のん 「これがあると音楽ライフが広がりますね。きっと聴き方も変わっちゃうと思います。いつも聴いていた音がこんなにこもっていたというのも驚きでした。私は以前にピアノを習っていてクラシックも聴くことがあるので、これでオーケストラの音を聴いたらきっと凄いんじゃないかと思います」
ユケ 「いい音で聴くと、音楽を聴く耳もよくなるよね。今日はなによりもこんないい音でBiSを聴けたことに感動しました!」
10月5日に発売されたコンピレーション・アルバム『I♥TOKYO〜FOR ANIME MUSIC LOVERS〜』でBiSは初のアニソン・カヴァー「Over The Future(絶対可憐チルドレン)Kentaro Takizawa x BiS」に挑戦。これまでのソリッドなデジタルロック・サウンドから一転、まさにアニソンな曲で新たな一面を見せてくれた。
ユケ 「BiSのなかでは異色な曲で、ピコピコしていていちばんアイドルっぽい曲でした。でも歌声を聴くとやっぱりBiSなんですけどね」
のん 「プロデューサーに遊んでもらった感じでした。これからは私の好きなロックっぽい曲やほかのアイドルさんみたいなかわいい曲など、いろんなジャンルの曲も歌ってみたいです」
ユケ 「BiSをまだ知らない方はCDを聴いてみてください。ご存じの方はライヴを見に来てください。CDとは全然違うことをやってますから! のんちゃんがデスヴォイスやったりします(笑)。これからもBiSらしく、遊びながらハチャメチャにやっていきたいと思っています! それからBiSはいい音で聴いてくださいね(笑)」
新メンバーのテラシマユフも加入し、新体制で本格的に活動を始めたBiS。アイドルらしくないけれど、めいっぱいアイドルのBiSの活動にこれからも目が離せない!


取材・文 / 竹之内 円(2011年11月)
撮影 / 高木あつ子


iPhone4専用バッテリー内蔵ヘッドフォンアンプ
ベンチャークラフト Go-Dap Unit4.0
オープン価格(3万5000円前後)
■お問い合わせ: 株式会社ベンチャークラフト ガジェット事業部
tel: 03-5204-1007
mail: support@go-dap.com
url: www.go-dap.com
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015