ハードなロック・サウンドに乗せて、恋に揺れる乙女ゴコロを歌い上げたチャットモンチーのニュー・シングル

チャットモンチー   2008/06/19掲載
はてなブックマークに追加
 日本武道館2daysを見事大成功に収めるなど怒涛の快進撃を続けるチャットモンチー。そんな彼女たちから待望のニュー・シングル「風吹けば恋」が到着! ハードなロック・サウンドに乗せて、恋に揺れる乙女ゴコロを歌い上げた表題曲をはじめ、インパクト抜群の3曲が収録された今作についてメンバー3人に話を訊いた。


 この夏もフェスやイベントにひっぱりだこのチャットモンチーから、シングル「風吹けば恋」が到着! この曲は、ハードなサウンドを潜り抜けてサビで疾走するメロディが実に爽やかなロック・チューン。掘北真希が出演する資生堂「SEA BREEZE」CMソングに起用されているが、まさに彼女が走っている映像を観て作り上げていったという。
 「この曲の歌詞はもともとあって、CMの世界観にぴったりだなと思い、えっちゃん(橋本絵莉子/g、vo)に曲を付けてもらいました。歌詞はある映画を観たあとに書き上げたんですけど、その主人公の女の人がコンプレックスを抱えてたんですよ。自分のことが嫌いで恋愛も上手にできなくて。だけどある人を好きになったことで、今までの自分を変えるくらい前に突っ走っていくようなストーリーに共感して。恋愛だけに限らず、友達や家族や、私だったらメンバーと一緒にいたら自分自身が変わっていくところも絶対あるし。影響を受けて、いいように変わっていく経験ってみんなあると思うから、いろんな人にわかってもらえるんじゃないかなと思いました」 (高橋久美子/ds、cho)





 “君”へと向かう背中を後押しするようにかき鳴らされるギター・サウンドや、よく聴くと複雑に絡み合うリズムなども新境地。彼女たち自身も、手応えを感じているようだ。
 「今、制作中の3rdアルバムには、前回のシングル〈ヒラヒラヒラク秘密ノ扉〉以降の曲が入ると思うので、アルバムの全体像も見ながらサウンドもワンランク・アップしたものにしていこうという思いがありました。だから“風吹けば恋”はサウンド面でも、いろんなことに挑戦しています。今は何をやってもチャットモンチーらしくなる自信もありますし、だけどそこに留まったらいかんなとも思ってて。いつも新しいことをやることが、自分たちらしさやなって思います」 (福岡晃子/b、cho)

 一方、カップリングの「推進力」は橋本の作詞・作曲によるもの。インストから発展させていったというこの曲は、足踏みと手拍子から始まるキュートなミディアム・ナンバー。どこかほんわかした雰囲気ながら、歌詞は日常からスタートし、世界へと飛び、最後にはタイムスリップまでしてしまうスケール感が面白い。
 「私は普段、身近にある感じの歌詞を書くんですけど、サビが〈hello!〉から始まったことで英語だからどこにでも行けるってことになって、どんどん広がっていきました。でもタイトルは〈推進力〉って最初に決まってたから、〈持ち前の推進力でラッタッタ〉って歌詞を後から入れたんです。だから最初は結構無理矢理だったんですけど(笑)、それがなんかいいまとめになったというか“あ、推進力で飛び回って行けるんだ!”っていうことになりました。国もたくさん出てくるし昔の人も未来の人も出てくるから、いろんな人が聴いても大丈夫!って感じがします」 (橋本)

 さらに3曲目の「three sheep」はデビュー前の自主制作盤に収録されていた楽曲で、初のセルフ・プロデュースで仕上げたスロウ・バラード。3曲ともにリアルタイムなチャットモンチーの想いと挑戦が詰まった一枚である。



取材・文/上野三樹(2008年5月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015