“ポップ・ミュージックであること”にこだわった、 Kitsuneが送り出す5人組ロック・バンド、シチズンズ!のデビュー作

CITIZENS!   2012/05/09掲載
はてなブックマークに追加
“ポップ・ミュージックであること”にこだわった、 Kitsuneが送り出す5人組ロック・バンド、シチズンズ!のデビュー作
 これまでクラクソンズシミアン・モバイル・ディスコ等、数多くの人気インディ・ロック・アーティストを発掘してきた仏Kitsuneレーベルの大型新人、シチズンズ!(Citizens!)が、デビュー作『ヒア・ウィ・アー(Here We Are)』をリリースする。注目はフランツ・フェルディナンドのアレックス・カプラノス(vo、g)が自らプロデュースを買って出たことで、フレッシュでキャッチーなポップ・ソング満載のアルバムを聴けば、アレックスが惚れ込んだ理由も分かろうというものだ。英ロック・シーンにひさびさに登場した真にクリエイティヴなポップ・ソングを書ける噂のバンドのフロントマン、トムに話を訊いた。




――ロンドン出身ですが、いつ頃、どのような経緯でバンドを結成したんですか?
トム(以下同) 「きっかけはある友人のハウス・パーティでメンバーのマイクとローレンスに出会ったことからなんだ。その夜、ガールハントに失敗した3人が部屋の隅のステレオの前に集まって、タイプの違ういろいろな曲をかけてどれだけみんなを踊り続けさせることができるか、ちょっとした賭けをしたんだ。マイケル・ジャクソンスーサイドフレーミング・リップスとかね。その中で3人の音楽趣味が近いことが分かってきて、そう言えば今、ビーチ・ボーイズスーパー・ファーリー・アニマルズみたいないろいろな音楽要素を取り込んだポップ・ミュージックをやるバンドが少ないよねって話になったんだ。で、だったら僕らでやってみようかということになってね」
――ほかの2人にも声を掛けたわけですね?
 「うん、心当たりのある仲間がいたんで、やりたい音楽の話をしたら二つ返事で引き受けてくれてね。そこからは半年間で100曲くらい曲を作って、僕らでそういうポップ・ミュージックが作れるか試してみたんだ」
――どの曲もポップで明るくキャッチーで、ドリーミーなメロディの曲が多いと思います。こういうポップ・ソングを作るのは、実は一番難しいんじゃないかと思うんですが。
 「そうなんだよ。キャッチーであることは大前提なんだけど、シンプルで新鮮なポップ・メロディを作るのはたしかに簡単なことではないよね。だから反復するメロディで耳に残るものを心掛けているんだ。それとポップ・ミュージックが存在する意味は、どれだけ曲のアイディアが大衆に受け入れられるかどうかだと思うから、たとえ難解なコンセプトの曲であっても受け入れやすいものにすることが重要であって、そこは自分たちでもかなり意識して作ってるんだ」
――そういえば「ストップ・メイキング・センス」という曲がありますが、これはトーキング・ヘッズに対するオマージュ的な要素もあるんですか?
 「もちろんだよ。彼らのことは大好きだし、彼らのアルバム・タイトルをヒントにこの曲が生まれたことを嬉しく思ってるんだ」




――ちなみに、トムさんが子供の頃に最も影響を受けたバンドや、憧れのアーティストがいたら教えてもらえますか?
 「幼い頃はマイケル・ジャクソンとクイーンが大好きだったんだ。もちろん今でもその影響は残っているわけだけど、一番は彼らの音楽が持っている祝福感のようなもの、その感覚を僕らの音楽も持っていると思いたいね。もちろんその対極にあるようなスーサイド、
ジョイ・ディヴィジョンレディオヘッドのようなダークな音楽もそのあとで聴いて好きになって影響されたわけだけど、そこを通過した上で今の音楽があるんだ」
――ところで、どんな経緯からフランツ・フェルディナンドのアレックス・カプラノスがプロデュースすることになったんですか?
 「共通の友人がいて、彼からアレックスにデモテープが渡ってたんだ。そのあとで一緒に飲みに行く機会があって話をしたら意気投合してね。というのも、それまでに何人かのプロデューサーと会っていたんだけど、あまりに方向性が違うというか、話が合わなくてね。僕はPCで作られたようなポップ・ミュージックが氾濫している中、もっと血の通った人間的でオーガニックな音楽を作りたいってところで共感し合えてね。そしたらアレックスから、僕がプロデュースするよって思いがけない展開になったんだ(笑)。もちろんこのアルバムには、僕ら全員大満足してるし、アレックスと一緒にやれたことを誇りに思うよ」
取材・文/保科好宏(2012年3月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
[インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー![インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム
[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015