『一年間』を彷彿させるストリングスが美しい、ゾンビーズのシンガー、コリン・ブランストーン11年ぶりの新作!

コリン・ブランストーン   2009/04/24掲載
はてなブックマークに追加
『一年間』を彷彿させるストリングスが美しい、ゾンビーズのシンガー、コリン・ブランストーン11年ぶりの新作!
 1968年、『オデッセイ・アンド・オラクル』とその収録曲「ふたりのシーズン」という大ヒットを世に送り込んだイギリスのポップ・バンド、ゾンビーズ。そのリード・シンガーであるコリン・ブランストーンが、ソロ・アーティストとして約11年ぶりとなるアルバム『ザ・ゴースト・オブ・ユー・アンド・ミー』を発表した。彼のソロ作の中でも名盤の誉れ高い『一年間』と同じくクリス・ガニングが手掛けたストリングス・アレンジが美しいこのアルバムについて、話を訊いた。





 やはり歴史は繰り返し、時は再び巡ってくるということだろう。かつてゾンビーズが革新作『オデッセイ・アンド・オラクル』を出して解散した後、内省の名作『一年間』でソロとしての門出を飾ったコリン・ブランストーン。そして今、『オデッセイ・アンド・オラクル』40周年を記念する作品群や再結成ライヴを経て新作『ザ・ゴースト・オブ・ユー・アンド・ミー』を発表する。しかも、そのどちらのソロ作もバンド・サウンドとストリングス・アンサンブルというユニークな二重構造なのだから。
 「このアルバムを聴いてくれた人の多くは『一年間』を思い出すことと思う。とくに両方とも弦のアレンジはクリス・ガニングだからね。でも、それはいいことだと思うんだ。また一緒にやることで、このアルバムに引き継がれる大切なものが必ずあるはずだから。そして、そういったことが続いていくのを望んでいるよ。だから、オスカーに輝いた映画『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』の音楽担当でもあるクリスとの再会が、今回のターニング・ポイントだったんだ」





 ソロ・アルバムとしては11年ぶりとなる本作。この長いインターバルは、盟友ロッド・アージェントと始めたデュオ・バンドが発展した再編ゾンビーズの活動に時間を取られたからだという。
 「ただ、そもそもゾンビーズとしてのつもりはまったくなかったんだよ。純粋にロッドとの新しいバンドとして始めたんだけど、日本を含めて各地をツアーしてまわると、みんながゾンビーズの曲をすごく聴きたがっているのが分かった。それからレパートリーに加えていったというわけさ。とくに去年はスペシャルな年だったね。『オデッセイ・アンド・オラクル』40周年を祝ってアルバムを丸々一枚、全曲演奏したのは初めてだったから。大盛況に終わったそのコンサートの模様はCDに続いてDVDもリリースされるからお楽しみに」


 ともあれ、何よりもまず魅了されるのはそのヴェルヴェット&スモーキー・ヴォイス。英国的翳りと品を湛えた相変わらずの瑞々しさで、フレッシュな熟成を遂げつつある。ところで、弦楽五重奏の6曲が自作なのに対し、バンド・サウンド楽曲は米国ソングライター(ジョン・リンド、リチャード・ペイジ、ビリー・スタインバーグ、ティム・ムーア、etc.)のものがほとんどというのは?
 「僕はシンガーとして世の中に認知されていると思うけど、一番楽しいのは自分が書いた曲を歌うことなんだ。なぜなら、その曲が生まれた瞬間に立ちあっているってことだからね。それを小編成のストリングス・アンサンブルに乗せて、歌いながら育んでいくというのは得がたい魅力的な体験でもあるし。でも、自他問わずいい曲と出会えたなら、それはそれで歌っていきたい。今回バンド楽曲に米国ソングライターの作品が固まっているけれど、意識したわけじゃなくてたまたま気に入った曲を取り上げたまでのことさ」
 何ともフランクなスタンスと気負いのなさ。そんな人となりがまた、歌に温かみを施しているのだろう。



取材・文/除川哲朗(2009年4月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015