“考えるな、感じろ!”、クレイジーケンバンドの『SOUL電波』!?

クレイジーケンバンド   2007/08/10掲載
はてなブックマークに追加
“考えるな、感じろ!”、クレイジーケンバンドの『SOUL電波』!?
“考えるな、感じろ!”という言葉を掲げ、クレイジーケンバンドが8月8日に9枚目のアルバム『SOUL電波』を発表! フィーリング重視の“歌謡曲”的魅力が満載の本作、横山剣にその魅力を語ってもらった。


 前作『ギャラクシー』で一つ突き抜けたという印象だったクレイジーケンバンド。新作は、そこで感じられた多彩さ、ワガママさがさらに推し進められ、とりわけ、まろやかさのようなものも加わって、より成熟した感がある。キーワードとなった“考えるな、感じろ!”は「中学1年の時、横浜の映画館で1日に何回も観てた」と言う『燃えよドラゴン』の中でのブルース・リーの言葉だという。
「もともと考える力が弱く、何事もフィーリングで解決してきた自分にとって、いつも救いになる言葉だったんです」
 当然、アルバム・コンセプトのようなものはなかったわけだが、しかし今回は最初から『Soul電波』というタイトルだけは決めていたという。
「たくさん作った曲の中から、そのタイトルに合致する曲だけを選んだ。何が合致するのか、説明は難しいんだけど、まあ、フィーリングというか電波性というか、電波信号のIDが合うかどうか、ビリビリくるかどうか、この2007年の現在にくるかこないか、勃起するかしないか。うーん、何も考えてないんですよ、やっぱり(笑)」
 しかし、計21曲の中には、いくつかの際立った特徴というか切り口も散見される。一つは“タイ”だ。「バンコクの休日」や「TIKI TIKI TROPICAL KINGDOM」、「ヒルトップ・モーテル」といったタイ(的南国)の情景が描写された曲とか、モーラム(タイ東北部イサーン地方の民謡)のビートを大胆に導入した「路面電車」とか。
「じつはレコーディング前にタイに遊びに行きまして。そこで感受したものが、日本に戻ってから開花した感じですね。タイではとくに、チンタラー・プンラープという女性歌手(タイ演歌の大スター)が大好きになってね。イーサン地方の田舎な感じに、日本のお盆とか、昭和40年代の風景を思い出してしまった」
 タイと並ぶ本作の切り口である“昭和”(もっともこれは、今作に限ったことじゃないが)が、かくして鮮やかに浮上する。あと、ラストの「RESPECT ! OTOSAN」に象徴される、お父さんとかオヤジとか、普段虐げられている日本の中年男たちに対する温かい視線が全体に漂っていることも重要なポイントか。横山剣の作る歌の世界には、世間一般的にはけっしてカッコよくない、ごく普通で平凡なものに対する憧れみたいなものが以前から漂っていたが、今作ではそれを真正面から打ち出した感もある。
「サラリーマンのお父さんたちには、ちゃんと現実に向き合っている者の強さがある。アウトローってのは、現実に向き合ってないから、偉そうにしてられるんですよね。自分もサラリーマンやってそれがわかった。バンドマンだから、なんて言い訳してたら堕落していくだけだなって」
 モータウン風、ソウル、ダブ、ロカビリー、中華歌謡、インド風味のシャンソン……。あれもこれもの玉手箱。この逞しい雑食性こそが、剣さんの“歌謡曲”の醍醐味。
「いろんな音楽を聴き漁って研究するのではなく、知らず知らずに脳内サンプルされた音がいいかげんに残っている。そのサンプラーの性能の悪さによって、自分のオリジナルができている感じ。中国の北京石景山游来園みたいなもの。こんなドラえもんいないよ、みたいな。

 でも、どんな曲にも共通していることは、頭の中で鳴ったからやる、ということ。人に言われたからではなく。いつも音楽が鳴っており、出さずにはいられないんです」
 やはり、生まれついての電波系。深い業を背負った男である。


取材・文/松山晋也
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015