【デイヴィッド・ギャレット】 ロックのリスナーをクラシックに呼び込みたい。新作『ロック・シンフォニー』をリリース

デヴィッド・ギャレット   2012/03/13掲載
はてなブックマークに追加
 取材場所に現れた青年は、屈託なく、快活。ひとことで言えば、ナイス・ガイ。そして、やはり格好いい。そんな彼のことを知らない人がデイヴィッド・ギャレットを一目見たなら、誰もクラシック・ヴァイオリン奏者とは思わないのではないか。彼は1980年ドイツ生まれ、少年期から神童の名をほしいままにし、現在はクラシカル・クロスオーヴァーのフィールドで活動している。エアロスミスレッド・ツェッペリンほかのロック曲、バッハアルベニスらのクラシック曲、そして自作曲をオーケストラとともに紐解いたアルバム『ロック・シンフォニー』のプロモーションのため来日した彼に話を聞いた。
――現在はNYに住んでいるのですか?
デイヴィッド・ギャレット(以下、同)「うん、もう10年間住んでいるよ」
――クラシックとロックのクロスオーヴァー路線を志向していますが、子供のころからロックにも親しんでいたのでしょうか。
 「じつは、ロックを聴くようになったのはかなり遅い。NYで大学(ジュリアード音楽院)に行くようになってから。でも、ロックに触れたとき、ヴァイオリンの可能性をもう一つ広げるのにロックという道があると思ったんだ」
――では、ロックに着目した奥には、ヴァイオリニストとしての可能性を探りたい、という野心があったわけですね。
 「そのとおり。つねに、根本にはヴァイオリンがあった。でも、自分のことを“ヴァイオリニスト”とは思ってなくて、“ミュージシャン”だと思っている。僕はクラシックでいろんな人たちに出会えたけど、ロックを聴くことでまた別の素晴らしい出会いがあったと思うしね」
――2000年代に入って、クラシックの世界ではポップ・ミュージックの要素を取り入れたクロスオーヴァーというジャンルがすっかり定着したわけですが、そこでいよいよオレの時代が来たという所感を得たのでしょうか?
 「まったくね。ただし、クロスオーヴァーをやる意義というのを忘れないのだったら、だけど。僕の場合、それをやる意義というのは、ロックを聴く若い世代をクラシックの方に呼び込みたいということだ」
――それで、『ロック・シンフォニー』ですが、仕上がりには相当満足しているようですね。
 「もし満足していなかったら、出していないよ(笑)」
――チェコとブルガリアのオーケストラを使っていますが、どうして彼らを起用したのでしょう?
 「とにかくアレンジを凝らしているので、それをちゃんと弾きこなせるオーケストラを求めたってこと。彼らとは、いいタイミングで出会ったと思っている」
――オーケストレーションもご自分でなさっているわけですよね?
 「ハイドンという友人と一緒にやっている。ジュリアードでは作曲も習っていたので、その経験が活きていると思う。アレンジはとても大変ではあったんだけど、やっていて楽しかった。いろんな可能性を追求できたと思うしね」
――ロック曲もクラシック曲も混在していますが、それらが違和感なく、耳をひくメロディ、インパクトのあるサウンドとして、同列に伝わってきます。
 「それを成就させるために、かなり気を使ったんだ。オーケストレーションにおいて、すごく聴きやすくするのか、難しくいくのか、そこらへんのバランスを見るのに苦労したし、そのさじ加減をオーケストラにも指示した」
――そして、肝心のヴァイオリンの演奏ですが、クロスオーヴァーものと純粋なクラシック演奏とでは、弾き方を変えたりするんですか。
 「それってよく聞かれる質問だけど、自分のなかでは区別はない。なにをやろうと同じテンションでヴァイオリンと向かっているし、優しく弾くときも同じように柔らかく弾く。どの音楽でも、最終的にいい音というのは一つだと思う」
――レコーディングでは、愛器である5億円のストラディヴァリウスを弾いているわけですか。
 「そうだよ。絶対に、エレクトリック・ヴァイオリンは使わない。好みだとは思うが、ヴァイオリンは電気楽器ではなく、ヴァイオリンのままのほうが可能性があると僕は思っている。ヴァイオリンに電気を通すなんて、まるで自分の声を電気処理してしまうものだと思うな」
――次回の来日ではコンサートもぜひやってください。楽しみにしています。
取材・文:佐藤英輔(2012年2月)


最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015