MIC JACK PRODUCTIONを支えるDJ PERRO a.k.a. DOGG、初のソロ名義作『MY WORD IS BOND!』を発表!

DJ DOGG(MIC JACK PRODUCTION)   2008/10/17掲載
はてなブックマークに追加
 間違いなく2008年を代表するリリースとなったB.I.G JOE 『COME CLEAN』に続き、北の雄MIC JACK PRODUCTIONから生み出されるセカンド・インパクト。グループの支柱ともいえるDJ DOGGが“DJ PERRO”として、初のソロ・アルバム『MY WORD IS BOND!』を発表する。MPC2000を2台用い、至高のオリジナル・インストゥルメンタルを全篇ノンストップ・ミックス。プロデューサー、トラックメイカー、そしてDJとしての彼の美学とスキルで彩られた、リアルなビート・ストーリーがここに生まれた。




――この『MY WORD IS BOND!』にて本格的なソロ活動をスタートさせるとのことですが、DOGGさんにとって“ソロ”という活動形態は、どのような表現の場になると考えていますか。MIC JACK PRODUCTIONでの活動との違いも含めて教えてください。
 「MIC JACK PRODUCTIONでのビートメイクの場合は、コンセプトがしっかりしていて。ヴァースのサイズや、曲のはじまり方、タイトルなどがRAP MUSICという前提です。ソロの場合は、総合という形態を意識できるような気がします(RAPPERに提供する可能性も含め)」


――お名前の“DOGG”と“PERRO”、どちらも“犬”ですよね。どのように使い分けているのでしょう。また、その由来はありますか。
 「DOGGというと、国によっていろいろなニュアンスで使われていると思います。B.I.G JOEが僕のことを“DOGG”と呼び、LA MANO FRIAは僕のことを“PERRO”と呼ぶんです。それだけです。使い分けるという意味では、まだリリースはしていませんが、別の名義を用意しています」


――『MY WORD IS BOND!』は、純然たる新作というよりも、これまでのDOGGさんの活動を総括する、いわばヒストリーを綴った作品としての意味合いが強く感じられるのですが、制作へ動き出すきっかけは何でしたか。
 「ここ数年DJをするときは、自分のビートをクラブでミックスするということが増え、毎回少しずつビートを変化させていました。その流れで、DJセットを一度形にしようと思いました」


――なぜインスト・アルバムではなく、MIX CDとしての体裁でリリースしたのでしょうか。
 「回答の続きになりますが、福岡で、OIL WORKSと飲んでいたときに、自分が欲しいものを作れよ、って話になって……。札幌に帰ってから無意識にミックスをはじめていました。もともとはインスト・アルバムを作ろうとしていたんですが……」


――今作では、ターンテーブルではなく、MPC2000で制作されていますが、MPCを使った理由について教えてください。また、機材へのこだわりはありますか。
 「二台目(MPC2000)が手に入ってから、作り方が若干変わりました。僕はもともとがDJなので、真ん中にMIXERがあると……。ミックスしてしまうはずです……(笑)。機材のこだわりはたくさんあります。ひとつ挙げるならKORGさんのKAOSSの機能ですね。KAOSS MIXERは新旧どちらも使っていますし、さらにKAOSS PAD3も通しているので、いろいろな面で助かっています」


――MIC JACK PRODUCTIONで使用しているものなど、既発のトラックも、シーケンスなどだいぶ変更されていると思います。それはやはりインストであるということを意識してでしょうか。
 「MCとやるときもインストを作るときも意識はしていません。毎回同じです。サイズは気にしますが。今回の作品も誰かにラップを乗っけて送ってきてもらいたいとも思っています。だから、少なからずいつもRAPPERを意識しているんだと思います」


――サンプルをアブストラクトに用いながらも、背骨となるキックとスネア、ハイハットの輪郭が埋もれることはありませんね。このあたりはこだわりなのでしょうか。
 「こだわりというよりも、これしか出来なかったんだと思います(笑)」


――どことなくハウスからの影響が窺える気がするのですが、いかがでしょう。
 「それは意外ですね。ただ、以前に僕のトラックがトランスだと言われたことがありますし、皆さんそれぞれいろいろな受け止め方をしてくれていると感じています。そもそも今回はTRIP HOPとしてリリースしましたし」


――track10「PERRO OIL」は、OLIVE OILさんとの共作でしょうか? とても仲が良いと思うのですが、彼との出会い、間柄について聞かせてください。
 「これは僕のビーツですが、ここではまだ言えません(笑)。OIL WORKS。彼らは僕にとっては特別な存在です。OLIVE OILからは人間的なヴァイブスを受け、POPY OILからは、音楽的なヴァイブスを受けています」


――トラック制作にあたり、影響を受けたアーティストなどいれば教えてください。
 「OIL WORKS。そして、昭和53年組」


――“Word Is Bond”は、“武士の一言”や“かっこいい”など、さまざまな意味のあるスラングですよね。このタイトルに込められた意味はなんでしょうか。
 「スラングはだいたい当てはまっていると思います。ただ、タイトルに込めた意味については、実際は直訳が一番近いです」


――プロデューサー/トラックメイカーとして活動されてきた以上、大抵の場合、誰かと相対する形でDOGGさんのトラックは発表されてきたと思うのですが、こうしてアルバム一枚をご自身の音源だけで網羅した作品をリリースしたことでの達成感はありますか。またアルバムを作ったことで生まれた、先への展望などありましたら教えてください。
 「NEXT LEVELな手法を取り入れる前に今までやっていたことをまとめてしまおうと思いました。達成感はまだありません。ストレスのほうが多いです(笑)」


――今後共演したいアーティスト、もしくはプロデュースを手掛けたいアーティストはいらっしゃいますか?
 「ここでは言えません(笑)。。。」



取材・文/星隆行(2008年10月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015