DJ OZMA   2008/12/25掲載
はてなブックマークに追加




 2006年3月「アゲ♂アゲ♂EVERY★騎士」を引っさげ、颯爽と音楽シーンに登場したDJ OZMA。約3年間、数々の話題を提供してくれた彼だったが、突然の年内引退を発表し、この日が最後のステージとなった。だからといって、日本中をハッピーにすることをモットーにしていたOZMAに切ない別れは似合わない。ど派手なステージセットに、OZMA、夜王“KING”純一、PANCHOが現れると、1曲目の「シリョン」から楽しさ&勢い全開で歌とダンスを披露していく。3曲目で早くも「アゲ♂アゲ ♂EVERY★騎士」が飛び出すと、超満員の観客全員がおなじみの横揺れダンスで応える。ハンパない一体感は、巨大クラブ状態、もしくは結婚式の2次会のパーティを横浜アリーナでやっちゃったかのようだ。



 OZMAは、引退決定後にもCDリリースが続々あり、“ジュリアナトーキョー!”で知られるレイヴ・チューン「I RAVE U feat.DJ OZMA」や、「MASURAO」をはじめとするラスト・アルバム『I PARTY PEOPLE 3』からのナンバーも、これまでのパーティチューンに織り交ぜながら歌っていく。

 さて、DJ OZMAは彼1人だけでなくファミリー全員の名称でもあるのはご存知の通り。夜王“KING”純一が男前に歌い、PANCHOはフレディ・マーキュリー化したり、女性陣OZ-MAXも彼女たちだけでパフォーマンスしたりと、それぞれが個性を存分に発揮。さらにOZMAのライヴに欠かせないMC KOREAは、おかっぱ頭を振りみだし、大ビビンバ・コールを巻き起こす。ファミリーの一丸っぷり、チームワークはこの日も冴えまくっている。そして、DJ OZMAは世襲制ということで、二代目を襲名する槙 精吾さん(都内のレンタルビデオ店勤務)がステージ登場。たどたどしいしゃべりで挨拶をするも、「Spiderman」が始まり、無数のTバック・ダンサー(男性)の勢いに押されそのままフェイドアウト。どうやら初代とは打って変わった二代目の誕生となりそうだ。



 さあ、バラエティに富んだパーティは、本編で収まるはずもなくアンコールに突入。MCでは、今回の引退のきっかけが“親バレ”だったこと、二代目DJ OZMAのリーダーはPANCHOに任せることなどが語られる。そして「BYE-BYE」が終わったところで、矢島美容室のマーガレットとストロベリーが自転車で登場! 「ナンシーがどこか行っちゃった」ので、OZMAがキラキラ・スーツで「ニホンノミカターネバダカラキマシター」をこの日限りのトリオで歌う。続く「TOKYO BOOGiE JACK」で、公演の終了のアナウンスが流れるが、そこからはMC KOREA仕切りのアフター・パーティがスタートだ。しかも「ここにいる人だけにプレゼント」として、キャッチーでメロディアスな「NEW AGE」というアルバム未収録の新曲を披露。ラストは2度目の「アゲ♂アゲ♂〜」で華々しくフィニッシュ! と思ったら最後のカーテン・コールが始まった。電気グルーヴの前身バンド、人生のカバー「ALL NIGHT LONG」でバカ盛り上がりし、遂に遂に正真正銘のさよならタイムである。ステージ上の階段を登り、途中で山口百恵の引退コンサートの名場面のごとく3人はマイク置く。だが、PANCHOは二代目リーダーなので、OZMAが1本拾ってPANCHOにマイクを渡す。KINGとPANCHOは階段をさらに登ってステージを去る。そして残ったOZMAは、後ろを向くとおもむろにパンツを降ろしおケツ丸出し……っていうか全裸に(ガチです)! そのまま階段を登り、こちらをチラッと向いて最後のお別れだ。その姿からは、みんなへのお別れのエンタテイメントだけでなく、かつての紅白全裸ボディ・スーツ騒動にリアルな全裸でケリをつける……なんて印象すら受けてしまった。フィクションとノンフィクションが入り交じるDJ OZMAワールドの最後の最後がガチンコ勝負とは素晴らしすぎる。彼こそは、男の中の男だ! 約3時間半に渡っての最後のパーティは、初代DJ OZMAの集大成にふさわしい見どころ満載の、ほんとにいいライヴだった。   
 日本だけで なくアジアにも足を伸ばし、多くの人にパワーとエンジョイを与え続けたDJ OZMA、今までありがとう、おつかれさま!!!



取材・文/土屋恵介


※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015