[特選ヘッドフォンガイド]21世紀時代のアメリカンサウンド に焦点を当てたハイポジション機――beats by dr. dre executive

ドクター・ドレー   2013/07/03掲載
はてなブックマークに追加
beats by dr. dre executive
beats by dr. dre executive
オープン価格 / 29,800円前後

■形式: 密閉型・ノイズキャンセリング ■ドライバ: ダイナミック型 ■ケーブル長: 1.3m ■重量: 336g(乾電池含む) ■付属品: Mini-Miniケーブル / マイク付きリモコンケーブル / キャリングケース / 抗菌クリーニングクロス / 標準プラグアダプター / 単4電池 x 2 / 航空機アダプター
※お問い合わせ: 完実電気(株) www.kanjitsu.com
21世紀時代のアメリカンサウンド に焦点を当てたハイポジション機
高級感あふれるボディは
軽く耐久性に優れたアルミ製。
誕生は2006年と、メーカーとしての歴史はまだ浅い。しかし「beats」の存在感は現在のヘッドフォン界の中でもトップクラスといっていいだろう。ドクター・ドレージミー・アイオヴィンという全米トップクラスのプロデューサーが定めたサウンドバランスは、レディー・ガガのエレクトロニカやエミネムのヒップ・ホップと高いレベルでマッチし、また近年になってトラックダウンされたスティングU2ローリング・ストーンズとの相性もいい。
 モダンでスタイリッシュ、そしてフレッシュなデザインが特徴だったが、このexecutiveは違う。メタルな輝きのアルミニウムアーム&ハウジングを持たせ、ビジネスシーンでも使えるハイポジションなデザインとしている。ジェットエンジン音をも遮断する強力なNC機能を搭載しているのも特徴だ。ただし強力すぎて、雑音の少ないシーンだとホワイトノイズが気になる。公共の場ではこのノイズがスッと消えるので、ビジネスエクスプレス専用のチューニングがなされているのだろう。バッテリーは世界各国で入手しやすい単4 電池2本。バッテリー / 充電機構を内蔵したモデルと比べると利便性には欠けるが、余計な回路を組み込むことでの重量増加および音質劣化を嫌ったがための選択と思われる。
 列車や航空機での長時間利用を重視したモデルということなのか、beatsならではの量感たっぷりな低域は影を潜め、従来は低音がマスクしていた中高域の明瞭度が高くなった。重心はやや低めで高域の伸びも手に入れた。チック・コリアのピアノ、エリック・クラプトンのギターなどを楽しんでみたが、グランドピアノのサイズからくるリアリティが薄れることはなく、アコースティックギターの豊かな倍音も楽しめた。そう、executiveはデジタルサウンドやダンスミュージックもゴキゲンに鳴らすが、beatsシリーズの中で最もアコースティックの空気感を再現できるヘッドフォンなのだ。クラシカルなトーンも鳴らせるこの性能は、beatsの新たな指標となるのではないだろうか。これならばと都合2時間ほどグリーン車のシート上で聴き込んでみたが、耳疲れはほとんど感じなかった。336gの重量級だが、ソフトレザーのヘッドバンド・イヤーパッドの質感が高く、側圧もほとんどない。身体への負担を低減するというゴールを目指した結果、オールマイティな上級機に仕上がったのがこのexecutiveだ。
試聴・文 / 武者良太
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015