EGO-WRAPPIN’、7thアルバム『ないものねだりのデッドヒート』完成! ポップ度数を高めた新作の背景を探る。

EGO-WRAPPIN’   2010/09/17掲載
はてなブックマークに追加
EGO-WRAPPIN’、7thアルバム『ないものねだりのデッドヒート』完成! ポップ度数を高めた新作の背景を探る。
 ジャズ、リズム&ブルース、スカ、カリプソ、レゲエ / ダブなど多岐にわたるサウンドを現代的な感覚で取り入れたハイブリッドなサウンドを作品ごとに進化させ続けてきたEGO-WRAPPIN’。そんな彼らから7thアルバム『ないものねだりのデッドヒート』が届けられた。バンド・サウンドをストイックなまでに追及した前作『EGO-WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXX』から一転、ある種、“うたもの”的ともいえるメロディ・オリエンテッドな雰囲気を全体的に強めることとなった今作。エゴ史上、もっともポップといっても過言ではない今作について中納良恵と森雅樹に話を訊いた。
――前作『EGO-WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXX』では、ライヴ活動を共にしているバンド、THE GOSSIP OF JAXXと一緒にアルバム一枚通してレコーディングするなど、“バンド感”というキーワードを元に制作を進めていったということですが、今作では何かキーワードのようなものはあったんですか。
中納良恵(以下、中納)「いえ、いつもキーワードのようなものはなかったんですよ」
森雅樹(以下、森)「しいてキーワードといえば、ベタなところも受け入れてアヴァンギャルドに包めたらという、現代のバンドならではのサウンドは出したかったかもですね」
――今回はTHE GOSSIP OF JAXXとレコーディングしてる楽曲もあれば、違うセッション・チーム(※鹿島達也[b]、菅沼雄太[ds])と一緒にやってる楽曲もあって。そのあたりの割り振りはどんな感じで決めたんですか。
中納「バンド感があるものはTHE GOSSIP OF JAXX、音数を少なくソフトなニュアンスを出したい曲は鹿島さん、菅ちゃん(菅沼)と一緒にレコーディングした感じです」
――サウンドやアレンジ面でもっとも心掛けていたポイントは?
「曲によりますけど、バンドのダイナミクスを出すというよりも、バンドのハーモニーを重視していたような気がします。歌に寄り添いながら隙間隙間で自由に遊ぶ感覚というか」




――今回はアルバム通してすごくメロディアスな印象を受けました。もしかしたらエゴ史上、いちばんポップな作品なんじゃないかって。
中納「そうなんですよ。今回、むっちゃポップなんです(笑)。メロディアスな曲も多いし。でも自分たちでは特に“ポップなものを作ろう”とか全然意識してないんですけどね。なんでやろ」
「(ポップな印象を受けたことに関しては)よっちゃんとやっている意味が表れていると思います。ベーシックなラインだけではもったいなく、どこかはっきりしたポップな部分を歌い上げるよっちゃんも僕は好きなんです。どんな曲を演ってもよっちゃんと演るとうまくいい方向に転がっていく。歌の力は大きいです」
中納「イイ感じで肩の力が抜けてきたっていうのはあるかもしれないですね。曲作りもこれまでで一番と言っていいぐらいスムーズだったし。なんかね、“そんなに考えてもしゃーない”って気持ちになってきたんです。前は、いろいろこねくりまわしてしまうようなところがあったんですけど、今はぱっと曲を聴いて、“ええやん”って素直に思えれば、もうそれでいいというか。その結果、自分たちから自然に出てきたものがポップなものだったっていう。気持ちいいのがすべてちゃうかな、みたいな。これまでも基本的にはそうだったんですけど」
――今回、その感覚がさらに極まった感じですか。
中納「そうですね。ここ最近は、木を見ずに森を見るようになってきたというか。細かい部分をあまり気にしなくなってきたんですよね。もっと広い視野で全体を見たほうが、いろんなことを見つけることができるんじゃないかって。それは歌詞を書くときもそうやし」
――実際、歌詞の書き方が変わったりしたんですか。
中納「そうですね。割とすらすら書けるようになって。前は格好いい言葉や、格好いい言い方を常に意識してたんですけど、結局、言葉じゃなくて、伝えたい想いがいちばん大事なんやということに気がついて」
――できあがったアルバムをご自身で聴かれた印象は?
「先に上がったシングル曲たち(<BRAND NEW DAY><love scene>)を可愛がりすぎたので、他の曲がとても愛しくなり差別なく聴けますね。いわゆるポップスではないポップなものになってるかと。それってロックなんちゃうんかと思います」
――中納さんはどうですか。
中納「瞬間瞬間のインスピレーションを大事にして作ったアルバムだから、そのときの自分たちの素直な気持ちが音に表れているような気がして、今回のアルバム、今までにないくらい好きなんですよ。CDウォークマンでめっちゃ聴いてます(笑)。いろんな経験を経たことで、何を出しても自分なんやから、それをあるがままに受け止めていこうという気持ちになったことも大きいのかもしれないですね」
――作品全体の雰囲気もすごくナチュラルだし、過剰な力が入ってない感じがしますよね。
中納「そうそう。変に力んでないんですよ。でも、決して手を抜いてるわけじゃないですよ(笑)」
――分かってます(笑)。
中納「昔、ライヴで喉を潰したときに、鹿児島で針灸治療を受けたんですけど、そこの受付のところに相田みつをの“力を入れて力まない”って言葉が飾ってあって。それを見て“うわ! みつをイイこと言うわ〜”と思って(笑)」
――ははは。でも確かに。
中納「必要以上に頑張ったらあかんなというか。自分の器を知ることで自分ができることも見えてくるんですよね。そうすることで自分に優しくなれるし……」
――自分を認めることもできるっていう。
中納「そう。だから今は自分の中から出てきたものを素直に受け止めたいし、それって自分が本当に格好いいと思ったものだからこそ、やっぱり自信を持って堂々と“格好いい”と言いたいんですよね」
取材・文/望月哲(2010年8月)



<EGO-WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXX“デッドヒート”ツアー>

9月17日(金)@SHIBUYA-AX ※SOLD OUT
9月20日(月)@横浜 Bay Hall
9月23日(木・祝)@岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
9月24日(金)@広島 CLUB QUATTRO
9月26日(日)@熊本 DRUM Be-9
9月28日(火)@鹿児島 CAPARVO Hall
10月1日(金)@郡山 HIPSHOT JAPAN
10月2日(土)@Zepp Sendai
10月4日(月)@青森 Quarter
10月10日(日)@浜松 窓枠
10月14日(木)@高松 オリーブホール
10月16日(土)@福岡 DRUM LOGOS
10月17日(日)@名古屋 CLUB Diamond Hall
10月20日(水)@なんばHatch
10月22日(金)@金沢 EIGHT HALL
10月27日(水)@Zepp Sapporo
10月29日(金)@新潟 LOTS
11月12日(金)@沖縄 ナムラホール

追加公演:
10月31日(日)東京 新木場STUDIO COAST

http://www.egowrappin.com/
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ
[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』[インタビュー] “令和最初の傑作”を読み解く 清 竜人 超ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015