【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー!

F6   2018/08/23掲載
はてなブックマークに追加
 大人気の舞台『おそ松さんon STAGE 〜SIX MEN'S SHOW TIME〜』に登場する6つ子のイケメンヴァージョン、F6(エフシックス)。彼らの初となる単独ライヴ・ツアー“F6 1st LIVE TOUR『Satisfaction』”が8月11日(土)、東京・豊洲PITよりスタートした。本公演を皮切りに、千葉、沖縄、大阪で開催されるツアーのチケットはすべて即日ソールドアウト。このプラチナチケットを手にした3,000人だけが体験することができた、ツアー初日・昼の部のスペシャルなライヴの模様をお届けします!
 この日を心待ちにしていた満員のファンで熱気に包まれる会場。F6の登場を祝福するかのように天井からティッシュが降り注ぐと、メンバーをイメージした6色のライトが輝くステージにゴージャスな制服姿のF6が登場! あまりのイケメンぶりに観客の大歓声が沸き起こる中、「“F”→U GO! -Many Money Make You Happy-」でライヴは幕を開けた。公演に先駆けこの曲のMVが公開されていたが、その“富豪”のような姿を何度でも見たいというファンが続出、再生数21万回以上と話題沸騰となった。このステージでも、クールでキレのあるダンス・パフォーマンスと6人の個性あふれる煽りに会場の温度は一気にMAXに。続く「WAKE UP!〜SIX MAN'S SHOWTIME!!!!!!〜」ではセクシーに腰を揺らすダンスを見せ、観客は思わず悲鳴を上げてしまうほど。カラ松がチョロ松にアゴクイしたり、一松がおそ松の肩を抱くなどするたび、割れんばかりの大歓声が上がった。
 その後のMCでは6人それぞれがファンにご挨拶。この日を心待ちにしていたのはメンバーも同じだったようで、観客とコール&レスポンスをすると大感激のメンバーたち。なかでもカラ松は「これがやりたかった」「楽しいな〜!」と感無量の様子。十四松とトド松がステージからはけると、残り4人のくじ引きで“今日の司会”を決定。この日はおそ松が司会となり、“質問コーナー”がスタート。事前に公式HPで募集した質問にF6が答えるというもので、「どうしたら元気になれるのか?」という質問にはカラ松が「グダグダ言ってると俺がお前の唇をふさぐぞ、ブス!」とワイルドに解決するなど大盛り上がりに。
 続くコーナーでファンを歓喜させたのは、新衣装で初披露した新曲のペア曲×3曲。最初に登場したのは、十四松&トド松ペア。登場するなりハイタッチする元気でキュートすぎるふたりが披露したのは、「SWEET CUTE RAP-SODY」。甘い歌声で聴かせるラップ調の楽曲がギャップ萌えな1曲だ。ふたりのかわいさに会場のファンはきゅんきゅんに。歌い終わると、トド松に振られて即興ラップをすることになった十四松だが、無茶ぶりにもかかわらずトド松も感激するほどのラップスキルで会場を沸かせた。続いてチョロ松と一松がアコースティック・ギターを手に登場、F6初のギター・パフォーマンスで「ビューティームーン・ミステリアス」を披露。“月がきれいですね”という文学的な歌詞を美しい歌声で聴かせ、場内はふたりの作る世界観に思わずうっとり。3組目、おそ松&カラ松がハードにかっこよく歌い上げたのは「WILD☆JUSTICE」。このペアにぴったりなロック曲を、スタンドマイクを使ったダンスと男っぽいヴォーカルでホット&クールにパフォーマンスした。
 その後もさすがF6、ライヴ中盤にもファンを飽きさせないうれしいサプライズが。トド松の「僕たちの曲以外も歌ってみない?」という提案から、6つ子の曲をF6オリジナルの歌詞でカヴァーすることに。一松の手にチョロ松がちょこんと顔をのせたり、カラ松がトド松を頭ポンするなど、キュートなダンス&パフォーマンスの連続に、場内はハッピーなムードに包まれた。
 そしてふたたびMCではおそ松&チョロ松&カラ松による“質問コーナー”が展開。筋肉好きの質問者に応えるかたちでおそ松&カラ松の美ボディが披露されると、ファンの視線はくぎ付けに。おそ松が脱ごうとして体がつってしまい、チョロ松が背中をさすってあげたり、なかなか脱げないカラ松をおそ松が手伝ってあげるシーンも。王子様衣装に着替えて戻ってきた一松・十四松・トド松がMCを交代し、ツアー・グッズの紹介へ。一松とトド松で十四松をイジる展開が続く中、突如舞台袖に走っていった一松がタオルを持って戻り、十四松の汗を拭いてあげるという展開には、場内も思わずほっこり。
 そして着替えて戻ってきた3人を迎え、「いつか夢でチャックメイト」を披露。舞台公演時はトト子が歌っていたパートは、おそ松から「会場のみんなで歌って」とリクエストが。歌詞も完璧に覚えて歌ってくれたファンにF6も大感激。「がんばったご褒美に」と、6人の新曲「Magic Night Satisfaction」が初披露されると、激しいダンスと“普通の刺激じゃもう駄目なんだろ?”というセクシーすぎる歌詞に、ドキドキが収まらない会場。その勢いのまま最後に届けられたのは、“びっくりするほどルックスがいい”とF6の魅力を詰め込んだ詞を聴かせる大人気曲「Forever 6ock You」。さすがパーフェクトな6人、最高しかないシーンの連続で、初のライヴ・ツアーは大成功を収めた。
 その後も沸き起こるアンコールに応え、大盛り上がりで終えた今回のライヴ。このツアーの様子を収録したBlu-ray&DVD、そしてツアーでも披露された数々の名曲を収録したファースト・アルバム『Satisfaction』の発売が早くもアナウンスされるなど、その勢いはとどまることを知らないようだ。ますますイケメンすぎる姿を見せてくれるに違いない、F6の次なる一手に期待だ。
8月11日(土)@東京・豊洲PIT
出演:井澤勇貴(F6おそ松)、和田雅成(F6カラ松)、小野健斗(F6チョロ松)、安里勇哉(F6一松)、和合真一(F6十四松)、中山優貴(F6トド松)
文/盒桐吉
Info
F6
■大阪千秋楽ライブビューイング決定!
【日時】2018 年8 月25 日(土)
[夜の部]19:00 上映開始(本会場:大阪メルパルクホール)
※上映劇場など詳細は公式HP( http://osomatsusan-stage.com/f6/ )まで


■F6 1st LIVEツアー「Satisfaction」 Blu-ray&DVD発売決定!
■F6 1st ALBUM 「Satisfaction」発売決定!
CD EYCA-12062 / 2,800円+税

※全て2018年12月21日発売(発売元:エイベックス・ピクチャーズ)

©赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2018
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015