「カートニアゴ」からさらなる高みへ、FLiPの1stフル『未知evolution』が登場!

FLiP   2011/05/20掲載
はてなブックマークに追加
 昨年メジャー・デビューを果たし、初シングル「カートニアゴ」のスマッシュ・ヒットで注目を浴びている沖縄発のガールズ・ロックバンドFLiP。聴き手をぐいぐい引き込むギターの印象的なリフとタイトなベースとドラム、そして憂いある光と影を感じさせるヴォーカル。骨太で攻撃的なUSロックを根底に持ちながらも、バラエティに富んだメロディや展開力で聴衆を魅了する彼女たちからは、高校時代に結成しキャリア6年ながら普通のバンドにはない“本格派”の風情が漂っている。そして5月25日、満を持しての初フルアルバム『未知evolution』がリリースされる。果たして彼女たちが、このアルバムに込めた思いとは何か?




――メジャーデビューから1年経ちましたが、プロとして心境の変化や成長はありましたか。
サチコ(vo、g) 「時の流れが早かったですね。曲を作ったりレコーディングをしたり、そしてワンマンライヴをやったり。私たちはやっぱりライヴが中心のバンドなんで、ファンと触れ合うことでより一体感を求めるようになったというか、プロになってその意識が向上しましたね」
ユウコ(g) 「最近はライヴ向けの楽曲をどう作るか以前よりも考えるようになりましたね。<カートニアゴ>を出したことで、新しいファンがライヴに足を運んでくれるようになったんです。そこにすごく手応えを感じたので、今回のアルバムの楽曲は<カートニアゴ>の延長線上で、かつ新しいサウンドになっています」
ユウミ(ds) 「一曲一曲コンセプトを強く持って作ったし、今までとは違ったアレンジも多かったので、私たちにとってはまさに挑戦って感じでしたね」
サヤカ(b) 「あとプロデューサー / いしわたり淳治さんとの出会いも大きかった。普段は聴かなかった音楽をいろいろと教えてくれて、それが凄く刺激になったし、自分たちの音楽にも反映されているような気がします」
――多くのアーティストを手掛けるいしわたりさんからはどのようなアドバイスを?
サチコ 「イントロからアウトロまでさらに曲の流れを考えるようになりましたね。淳治さんはそれを“親切さ”って表現するんですけど、リフやメロディ、ブレイクとかの美味しさを大事にしました」
ユウコ 「以前はカッコ良さだけを追求し過ぎて“親切さ”から若干離れてしまうことがあったんですけど、聴いてくれる人のことを考えるとやはりそれはダメだと気づかされて……。けど淳治さんは、“こうやれ”って言うんじゃなく、“こう伝えたいんだったらどうするべきなのか”と客観的にアドバイスをくれたのは助かりましたし、より深く音楽について考えることができました」
サチコ 「前はカッコイイと思っちゃうとそればっかりでしたから(笑)」
――ロック好きはもちろんのこと、ポップスが好きな人にもスッと受け入れられるようなサウンドは見事でした。あんなに骨太でパワーのあるサウンドにも関わらず。
サチコ 「聴きやすいメロディと、バランスに気を使いましたね。でも逆にそれがあったから自分たちの音楽の可能性が広がったと思います」




――あと沖縄出身といえばダンスグループとか爽やかなポップ系、あるいは島唄のテイストを前に出したアーティストのイメージがあるんですが、FLiPのようなスタイルは珍しいですよね。
ユウコ 「いえ、沖縄は米軍基地があるからじつは街中にUSロックが溢れているんですよ。だからアンダーグランド的には沖縄らしいといえば、沖縄らしい(笑)」
サチコ 「そこでFLiPがやりたかった音楽がこれだったわけです」
――なるほど。地元はそういったバンドは多いんですか?
ユウミ 「めっちゃ多いですよ。ハードコアとかメタルとか。シーンもすごく熱い」
サチコ 「あとはポップ系か。極端なんですよ沖縄は。私たちみたいなバンドは珍しいかもしれない」
――ではそんな“新沖縄スタイル”を確立しつつある皆さんからリスナーへメッセージお願いします。
ユウミ 「曲に込めた思いやエネルギーを受け取ってもらって、生きる活力や次へと進む行動に繋がってくれれば嬉しいですね」
サヤカ 「成長した新しい一面の見えるアルバムなので、これを聴いてぜひライヴに来てほしいです。一緒に楽しみましょう」
ユウコ 「FLiPはライヴを大事にしていて、つまり曲はお客さんに向けて作っているものなので、それをぜひ会場で堪能してほしいですね」
サチコ 「ライヴをやるたびに思うんですけど、お客さんみんなのおかげで心の底から湧きあがってくるような音楽が作れるんだなって。だからCDはCDで楽しんでもらって、時にはライヴでパワフルに応援してもらえたら嬉しいです」
取材・文/石塚 隆(2011年4月)
■<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011>出演決定!
※FLiPの出演は8月5日(金)です。
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 事務局 0180-993-611
(24時間テープ対応、PHSからは不可)
オフィシャルサイト → http://rijfes.jp/

■FLiP 1st Album「未知evolution」リリース記念
〜ひ、と、の、ざま!!TOUR〜

6月 2日(木)埼玉/HEAVEN’S ROCKさいたま新都心
6月 3日(金)宇都宮/HEAVEN’S ROCK宇都宮
6月 7日(火)京都/MOJO
6月 8日(水)岡山/CRAZY MAMA 2nd ROOM
6月10日(金)高知/X-pt.
6月11日(土)松山/サロンキティ
6月12日(日)高松/DIME
6月18日(土)札幌/cube garden(AIR-G' NOW&NEXT vol.5)
6月21日(火)神戸/太陽と虎
6月23日(木)鹿児島/SRホール
6月25日(土)長崎/DRUM Be-7
6月26日(日)福岡/DRUM SON
6月28日(火)広島/Cave-Be
6月30日(木)金沢/vanvan V4
7月 2日(土)新潟/RIVERST
7月 6日(水)静岡/浜松FORCE
7月 7日(木)名古屋/アポロシアター
7月19日(火)東京/Shibuya O-WEST<ワンマン>
7月28日(木)沖縄/桜坂セントラル
※各公演の詳細は順次発表致します。
※出演者はFLiPのほか数組を予定しています。
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015