平原綾香、デビュー5周年――情感豊かでふくよかな楽曲が詰まったベスト盤を発表

平原綾香   2008/02/15掲載
はてなブックマークに追加
平原綾香、デビュー5周年――情感豊かでふくよかな楽曲が詰まったベスト盤を発表
 デビューから5年目を迎えた平原綾香。大きな反響を呼んだ「Jupiter」は、音楽活動をスタートした思い出の楽曲でもあり、その後の活動にも大きな影響を与えた楽曲だ。彼女は、その偉大な楽曲がもたらす大きなプレッシャーのなかで、さまざまな試行をくり返しつつ、良質な作品を発表し続けてきた。そんななか、彼女の5年間の集大成ともいえるベスト・アルバム『Jupiter〜平原綾香ベスト〜』が2月13日にリリース。叙情的な楽曲の深みを楽しめるだけでなく、音楽家としての妥協のないスタンスも感じ取れる本作について話を聞いた。



 デビュー5年目を迎えた平原綾香から、初のベスト・アルバム『Jupiter〜平原綾香ベスト〜』が届けられた。彼女の存在を広く浸透させたデビュー曲「Jupiter」をはじめとするシングル曲に加え、ラテン・テイストがたっぷりと取り入れられた「Re:PEPPER」、「じつはデビュー曲になるはずだった」というラブ・バラード「あなたの腕のなかで」といったアルバム収録曲をコンパイルした本作には、“J-POPの良心”とでも呼びたくなるような、情感豊かでふくよかな音楽が描き込まれている。
 「シングル・コレクションだと、どうしてもバラード集みたいになっちゃうんですよ。そうではなくて、新たな平原綾香を感じてほしいと思って選曲しました。クラシックだったり、R&Bだったり、けっこういろんなことをやってるんですよ、私。デビュー当時の曲は“声が若いな”って思ったりもするけど、それを含めて楽しんでほしいですね」


 ベスト盤を編むにあたり、「タイトルは『Jupiter』しか思い浮かばなかった」と言う彼女。ホルストの名曲に日本語を乗せるというアイディア――それは彼女自身が思いついたものだ――そして、低音をしっかり効かせたヴォーカリゼーションとサックスの演奏を応用した独特のブレス。この曲が“音楽家・平原綾香”の軸になっているのは、間違いないだろう。
 「〈Jupiter〉があるから、今の自分があるんだって思ってます。この曲には最初“ジャンルがわからないから、リリースしても売れないよ”っていう意見もあったみたいなんですけど、私の直感を信じて、“すごくいい曲だから、大丈夫だよ”って後押ししてくれたスタッフにはホントに感謝してますね。他の曲のなかには“いまだったら、違う表現をするだろうな”っていうものもあるんですけど、〈Jupiter〉に関しては19歳のときに歌った、このテイクがベストだと思います。歌い慣れてくると“上手いところを見せたい”なんて余計なことを考えてしまうこともあるんですけど、そういうときはCDの〈Jupiter〉を聴いて、歌い方を確認するんですよ。不思議ですよね、昔の自分の真似をするなんて」





 トリノ・オリンピックNHK放送のテーマ・ソングに起用された壮大なバラード「誓い」、アコースティック楽器の温かみをしっかりと活かしたアレンジと“人はひとりでは生きていけない”という根源的なメッセージを響かせる最新シングル「星つむぎの歌」など、タイムレスな名曲を数多く収録した本作。セールスを気にするあまり自らの音楽性を見失ってしまうシンガーが多いなかで、表面的な装飾に頼ることなく、奥深い魅力を持った楽曲を一つずつ紡いできた彼女は、日本の音楽シーンにとってきわめて大切な存在だと思う。

 「“どんな歌を歌えばいいんだろう”って迷うこともあったし、いまだに自分のスタイルが確立できたとは思ってなくて。一つ思うのは“もっと有名になりたい、もっともっとたくさんの人に自分の歌を聴いてほしい”ということ。それが確立できれば、今よりもいろんなことに挑戦できると思うから。声優だったりナレーションだったり、歌以外にも表現できることがあるかもしれないし……。今年は年女なので(笑)。新しいことにもどんどんチャレンジしたいと思います!」



取材・文/森 朋之(2008年1月)



【平原綾香 ライヴ・スケジュール】

“ライブW 卒業のうた 〜songs for tomorrow〜”
【日程】 3/20(木/祝)
【会場】 東京国際フォーラム ホールC
【招待人数】 WOWOW加入者の皆様500組1000名様をご招待
【開場/開演】 17:00/18:00
<出演アーティスト>
今井美樹、川江美奈子、秦 基博、一青窈、平原綾香、森山直太朗、LOVE(五十音順)
音楽監督・武部聡志
※応募締切:3月5日(水)
※詳細/応募についてはオフィシャル・サイトをご覧ください

“POWER OF MUSIC”
【日程】 2/29(金)
【会場】 日本武道館
【開場/開演】 17:00/18:30
【チケット】 指定/2F立見:税込6,300円
<出演アーティスト>
絢香 / 大橋卓也(from スキマスイッチ) / GAKU-MC/塩谷哲 / 広沢タダシ / 若旦那(from湘南乃風) ...and more
(問)H.I.P. 03-3475-9999
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015