構想していたクラシック・アルバムの制作がスタート! 平原綾香が選んだ第1弾の楽曲は、ドヴォルザークの「新世界より」

平原綾香   2009/05/28掲載
はてなブックマークに追加
 2008年に6枚目のアルバム『Path Of Independence』をリリースし、その後は23都市、25公演のツアーを無事に終了させた平原綾香。彼女の次のステージは「以前から作りたかった」というクラシック・アルバムの制作に決まり、その第1弾としてシングル「新世界」が5月27日にリリースされた。そんな彼女に新曲について話を訊いた。



 デビュー曲でもある「Jupiter」から、昨年リリースされた「ノクターン」までのキャリアを振り返ってみても、平原綾香にとって“クラシック”という音楽は切っても切れない存在だ。そして、「ノクターン」のリリース後には“自立への道”を意味するアルバム『Path Of Independence』を発表し、新たな指針を高らかに謳った彼女は、昔から構想していたクラシック・アルバムの制作に満を持して取り掛かった。その第1弾が、ドヴォルザークの交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」にポップス・アレンジを施した「新世界」だ。
 「〈新世界より〉を選んだのは、心にジーンとくる感動的なメロディだったからというのと、大きな理由は“新世界”という言葉ですね。アルバム『Path of Independence』のリリースを起点として考えて、いま自分の心はどこに行きたいんだろう、どこに行けばいいんだろうという迷いがあるなかだったので、新世界というタイトルがピッタリとはまって」

 ドヴォルザークの「新世界より」は、日本でもポピュラーな曲。それだけに歌詞は何度も書き直し、難産だったという。作り手の意図をどのように受け取り、どのように自分のメッセージが込められるか、今回の制作はそこが大きなポイントでもあった。
 「私は夕暮れ時の下校放送のような寂しいイメージよりも、“夜明け”をテーマに歌いたかったんです。この曲は、ドヴォルザークさんがアメリカ新大陸に渡って、そこから故郷のボヘミアを想って作られた曲なんですよね。だから“From the New World”ってタイトルになっていて。でも、曲を聴いていたら、“夜明け”を感じさせる動物たちの鳴き声や大地の目覚めも表現されているということも解って。だから、“From”ではなく“To the New World”というテーマで書いてみようと思ったんです。今回の制作は、いかにシンプルなメロディに言葉を当てはめるか、そして自分でアレンジしてシンコペーションを入れて作ったリズムにどうやって当てはめるか、そこに苦労しましたね。今回、特に感じたんですけど、詞を書くときは、真実が一番強いような気がしました。それに勝るものはないかなと」





 そして、今回、作曲者の意図を掘り下げることによって、平原自身もクラシックの面白さを改めて実感したと言う。それが特に表われたのは「新世界」の一番の聴きどころでもあるサビで、複数の彼女の声がシンクロする部分だ。
 「ハモリも自分の声を重ねて、ドヴォルザークさんの譜面を使って録りました。1ヵ所、メロディが変わるところがあってそこが一番聴いてほしいところですね。たぶん、彼が一番伝えたかった、何かの“答え”が見つかった瞬間なんです。作者の魂というか、何が一番したかったのかが、そこにあると思うんです。聴けば聴くほどクラシックって深くて、楽しめるものですよね」

 そして、カップリングには、「アヴェマリア」が収録。この「アヴェマリア」は一味違うアレンジで、詞は彼女の音楽への情熱がストレートに表現された楽曲となった。
 「〈アヴェマリア〉は、コントラバス奏者の池松宏さんのCDを聴いてて、歌いたいなと思ったんです。クラシックなんだけど、ジャズっぽいアレンジでやってみたいなって。実際に池松さんにコントラバスもお願いしました。歌詞は、短い文章だから、逆に難しかったですね。“真実”を反映させるという意味では、音楽に対する気持ちを正直に歌詞に込めたところにありますね」

 夢に向かって着々と歩を進めている彼女は、今回の制作ではとくに“伝えること”に専念している。その制作のなかで、今後の音楽性にも反映されるであろう3つのキーワードが浮かんだと言う。
 「これからは“真・善・美”を外さずに作っていきたいですね」



取材・文/清水 隆(2009年5月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015