タイと日本のポップ・アーティストたちのコラボが実現 ICE×SHION×nawiiのシングル「Beat☆Bang!!Bang!!」がリリース!

アイス・サランユー   2008/10/03掲載
はてなブックマークに追加
タイと日本のポップ・アーティストたちのコラボが実現 ICE×SHION×nawiiのシングル「Beat☆Bang!!Bang!!」がリリース!
 タイの国民的スターのアイス・サランユーと、日本の2組のアーティスト(宮脇詩音nawii)のコラボレーションが実現! 10月8日に“ICE×SHION×nawii”名義のシングル「Beat☆Bang!!Bang!!」がリリースされます。nawiiが制作した本作は、多彩なメロディが印象的な楽曲に仕上がっている。本作について、メンバー全員に話を訊いた。




 ここ数年、急激に注目されつつあるタイのミュージック・シーン。そのトップ・スターであるアイス・サランユーが、昨年デビューした18歳の女性シンガーの宮脇詩音、ヒップホップ系ポップ・グループの“nawii(ナウイ)”とともにコラボレーション・シングル「Beat☆Bang!!Bang!!」(ICE×SHION×nawii)を発表する。きっかけは、宮脇の趣味だという“イケメン探索”だったとか。
 「雑誌に載ってたアイスくんを見て、“この人、すっごい爽やか!”って思って。会ってみたいなって考えたんですけど、アイスくんも音楽をやってるから、“一緒にコラボレーションできたら会えるな”って思って。で、nawiiのRicoちゃんに話したんです。“アイスくんに会いたくない?”って(笑)」 (宮脇)
 「もちろん、すぐにOKでした(笑)」(Rico)
 「イケメンって、かっこいいってことですよね……そんなことないです(照)。でも、日本のアーティストと一緒にやれるのは、本当に光栄ですね」 (アイス)

 nawiiのトラック・メーカー、YAMATOの作曲による「Beat☆Bang!!Bang!!」は、ポップかつバウンシーなビートと超カラフルなメロディが一つになったアップ・チューン。
 「難しいことを考えず、いつものnawiiの感じでやっちゃいました(笑)。Youtubeでアイスくんの〈恋ナンジャナイ?〉のPVを観て、“お、これはいいんじゃない!?”って刺激を受けたところもありましたね」 (YAMATO)
 「楽しくて、かわいい曲ですね!」 (アイス)

 CHEMISTRY安室奈美恵といったJ-POPアーティストをごく普通に聴いてきたというアイス。じつはバンコクと東京は、ファッション、カルチャーなどの流行において、タイムラグはほとんどない。あらゆる面で似たようなセンスを共有しているタイのポップスターと日本人アーティストのコラボレーションがスムーズだったのも、当然のことなのかもしれない。
 「東京とバンコクの街並みも、よく似てますからね(笑)。日本語で歌うのは難しかったけど、宮脇さんもnawiiのみんなも優しく教えてくれたし……」 (アイス)
 「R&B、ヒップホップが好きっていうのは、歌やパフォーマンスからも伝わってきて。ホントにやりやすかった」 (69/nawii)
 「PVも撮ったんですけど、アイスくんはカメラが回ると表情がビシッとして。ダンスも上手いし、プロだなって思いますね」 (Rico)

 タイと日本のシーンを繋ぐ「Beat☆Bang!!Bang!!」。5人にとっても、かなり手ごたえがあったようだ。
 「タイと日本で同時にリリースされるのも、すごく意味があると思うんですよ。違う曲もやってみたいし、ライヴもやりたい。この曲によってアイスくんが日本でも知られるようになると、それも可能じゃないかなって」 (69)
 「I hope so!」 (アイス)

 “ところで詩音さん、実際に会ったアイスくんのイケメンぶりはどうでした?”と訪ねてみたら……。
 「キラキラしてましたね! 最初は“眠そうだな”って思ったけど、ニコッと笑うと“雑誌で見たアイスくんと一緒だ!”って(笑)」 (宮脇)



■ アイス・サランユー 公式サイト / http://www.icesarunyu.jp/
■ 宮脇詩音 公式サイト / http://www.shion.tv/
■ nawii 公式サイト / http://www.nawii.com/



取材・文/森 朋之(2008年9月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015